第68回:激動の英国車興亡史
散り散りになった栄光のブランド

2020.02.13 自動車ヒストリー かつては世界に冠たる自動車大国だったイギリス。そこにはどのようなメーカーが存在し、どんなクルマをつくっていたのか。かの国における自動車産業興亡の歴史と、散り散りになったブランドの現在を俯瞰(ふかん)する。

同じクルマなのに6モデル

1990年頃、日本の若い人の間でちょっとしたブームになったのが「バンデン・プラ・プリンセス」だった。性能的にはさほど見るところのない、クラシカルな英国車である。当時、日本車はすでに世界をリードする存在になっていて、快適でハイパワーなクルマはいくらでも安く売っていた。しかし、バブルを引きずる空気の中、ユーザーの間には他人とちょっと違ったクルマに乗りたいという欲求があったのだ。

1992年のトレンディードラマ『誰かが彼女を愛してる』では、中山美穂が演じるヒロインの愛車という設定になっていた。オシャレでかわいいというイメージが拡散し、見た目に引かれて購入した女性も多かったという。トラブルや使い勝手の悪さですぐに持て余すケースが頻発したようだが、1960年代のクルマがファッションアイテムとしてもてはやされたのである。

バンデン・プラは本革内装にピクニックテーブルまで付くという豪華仕様だったので、中古でも高価だったのは仕方がない。ちょっと手が届かないという人には、もう少し安く手に入れることのできる、同じような外見のクルマがあった。オースチン、モーリス、MG、ウーズレー、ライレーから出ていた姉妹モデルである。

スタイルとメカニズムは基本的に同じで、グリルやエンブレム、内装の仕立てだけが違う6モデルがあったのだ。これらはすべて「ADO(Austin Drawing Office Project)16」という名のプロジェクトから生まれている。1958年に誕生した「Mini」がADO15で、その成功を受けての企画というわけだ。

1963年秋に登場した「バンデン・プラ・プリンセス1100」。小さな高級車という表現がふさわしいクルマで、ウオールナットと本革でしつらえられた車内には、後席用のピクニックテーブルが設けられていた。
1963年秋に登場した「バンデン・プラ・プリンセス1100」。小さな高級車という表現がふさわしいクルマで、ウオールナットと本革でしつらえられた車内には、後席用のピクニックテーブルが設けられていた。拡大
「バンデン・プラ・プリンセス」より一足早く、1962年に登場した「MG1100」。両者の違いは、内外装の仕様のみだった。(写真:Newspress)
「バンデン・プラ・プリンセス」より一足早く、1962年に登場した「MG1100」。両者の違いは、内外装の仕様のみだった。(写真:Newspress)拡大
1.1リッターエンジンが搭載されたADO16シリーズだが、その排気量では動力性能不足が否めず、後に1.3リッターモデルが登場した。写真は1967年製「ウーズレー1300」。同車にはウーズレーの伝統である電飾付きのフロントグリルが装備されていた。
1.1リッターエンジンが搭載されたADO16シリーズだが、その排気量では動力性能不足が否めず、後に1.3リッターモデルが登場した。写真は1967年製「ウーズレー1300」。同車にはウーズレーの伝統である電飾付きのフロントグリルが装備されていた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事