2020年シーズンのグリッドに姿も ミナルディにベネトン、ザウバー――懐かしのF1チームの“いま”

2020.03.09 デイリーコラム

度々起きる、F1チームの名称変更

「私たち、2020年からスクーデリア・アルファタウリになります」と昨年(2019年)突如発表したのは、ホンダが捲土重来の橋頭堡として2018年にパートナーシップを組んだトロロッソだ。

目にも耳にもまだ慣れないこの名前、オーナーであるエナジードリンクメーカーのレッドブルが2016年に立ち上げたファッションブランドに由来するもので、要はプロモーション活動の一環ということなのだが、F1ではこうしたチームの名称変更が度々起きるものである。

今季参戦する10チームのうち、名前の変更と無縁だったのは最古参のフェラーリ、マクラーレン、ウィリアムズそして今年5年目とまだ歴史の浅いハースの4チームのみ。いや正確を期せば、フランク・ウィリアムズを創設者とするウィリアムズも、資金難からカナダの石油王ウォルター・ウルフに会社の経営権を奪われ、ウルフ・ウィリアムズ(1976年)を名乗ったことがあった。設立当時の名前やオーナーシップを維持し、いまに残るチームがいかにまれかが分かるだろう。

今回は、現在もF1を戦いながら、かつては別の名前だったチームを取り上げ、その変遷を追ってみたい。

昨季表彰台に2度ものぼったトロロッソは、2020年からアルファタウリとして再スタート。レッドブルのファッションブランドに由来するその名前は、ブル=雄牛つながりで、おうし座の恒星アルデバランの学名から取られた。(Photo=Getty Images / Red Bull)
昨季表彰台に2度ものぼったトロロッソは、2020年からアルファタウリとして再スタート。レッドブルのファッションブランドに由来するその名前は、ブル=雄牛つながりで、おうし座の恒星アルデバランの学名から取られた。(Photo=Getty Images / Red Bull)拡大
F1初参戦以来、チームの名称が変わっていないのは、フェラーリやマクラーレンなど、ごく少数のチームだけである。(Photo=Ferrari)
F1初参戦以来、チームの名称が変わっていないのは、フェラーリやマクラーレンなど、ごく少数のチームだけである。(Photo=Ferrari)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事