第645回:本当の人気車はドロボーが知っている!? 最新イタリア盗難車ランキング

2020.03.06 マッキナ あらモーダ!

34年前の“盗難車”発見される

2020年2月28日、イタリア主要メディアによって仰天するニュースが伝えられた。34年前に盗まれた原動機付き自転車が発見されたというのだ。

南部プーリア州で、無免許・ヘルメット非着用かつ制限速度を上回って走行していた若者を警察官が調べたところ、乗っていた原付き自転車が、1986年12月に北部リグーリア州で盗難に遭ったものであることが車台番号から判明したという。

原付き自転車は、スクーターのベスパと同じピアッジオが製造していた「チャオ」。1968年の発表から約40年間で350万台が生産されるヒット作となった。

運転していた若者は28歳で、彼がどのように入手したかまでは報じられていない。

これは原付き自転車の話だが、イタリアに住んでいると、事件のチャオのような運命をたどるのではないかと思われる四輪車にたびたび遭遇する。

もちろん持ち主が処分に困って放置した車両もあるだろうが、どこか犯罪の香りが漂う場所に置かれているものも散見できるからだ。

そうかと思えば、数カ月も同じ場所に駐車していて、クルマの下に草が生え放題になっていたにもかかわらず、ある日突然姿を消したりするから判断に困る。

イタリア内務省の資料および国際盗難報告書によると、この国における自動車の盗難件数は2017年まで減少傾向にあったが、翌2018年からは再び増加に転じている。

2019年には10万5000台が盗難被害に遭った。統計年は異なるが、日本の警察庁が発表した犯罪統計資料によると、2018年の自動車盗難件数が8628件だから、イタリアのそれは約12.1倍ということになる。イタリアでは一日に約287台の自動車が盗まれているという計算だ。

調査によれば、前述の10万5000台のうち、分解されてしまったものも含めると6万3000台以上が、アルバニアなどのバルカン半島やアフリカ、ブラジル、極東に運ばれたという。参考までに、電気自動車の盗難件数は極めて少なかったと報告されている。まだ闇市場での需要がほとんどないうえ、「目立つ」「盗んでも使いにくい」ことが背景にあると容易に想像できる。

「ピアッジオ・チャオ」(本文内で触れたものと同型車。事件とは関係ありません)。
「ピアッジオ・チャオ」(本文内で触れたものと同型車。事件とは関係ありません)。拡大
放置された「ルノー・クリオ」。2019年にイタリア・シエナで撮影。
放置された「ルノー・クリオ」。2019年にイタリア・シエナで撮影。拡大
こちらの2代目「ランチア・イプシロン」も2019年から動いておらず、写真とは反対側の窓ガラスはすでに壊されている。2020年3月撮影。
こちらの2代目「ランチア・イプシロン」も2019年から動いておらず、写真とは反対側の窓ガラスはすでに壊されている。2020年3月撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事