クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第645回:本当の人気車はドロボーが知っている!? 最新イタリア盗難車ランキング

2020.03.06 マッキナ あらモーダ!

34年前の“盗難車”発見される

2020年2月28日、イタリア主要メディアによって仰天するニュースが伝えられた。34年前に盗まれた原動機付き自転車が発見されたというのだ。

南部プーリア州で、無免許・ヘルメット非着用かつ制限速度を上回って走行していた若者を警察官が調べたところ、乗っていた原付き自転車が、1986年12月に北部リグーリア州で盗難に遭ったものであることが車台番号から判明したという。

原付き自転車は、スクーターのベスパと同じピアッジオが製造していた「チャオ」。1968年の発表から約40年間で350万台が生産されるヒット作となった。

運転していた若者は28歳で、彼がどのように入手したかまでは報じられていない。

これは原付き自転車の話だが、イタリアに住んでいると、事件のチャオのような運命をたどるのではないかと思われる四輪車にたびたび遭遇する。

もちろん持ち主が処分に困って放置した車両もあるだろうが、どこか犯罪の香りが漂う場所に置かれているものも散見できるからだ。

そうかと思えば、数カ月も同じ場所に駐車していて、クルマの下に草が生え放題になっていたにもかかわらず、ある日突然姿を消したりするから判断に困る。

イタリア内務省の資料および国際盗難報告書によると、この国における自動車の盗難件数は2017年まで減少傾向にあったが、翌2018年からは再び増加に転じている。

2019年には10万5000台が盗難被害に遭った。統計年は異なるが、日本の警察庁が発表した犯罪統計資料によると、2018年の自動車盗難件数が8628件だから、イタリアのそれは約12.1倍ということになる。イタリアでは一日に約287台の自動車が盗まれているという計算だ。

調査によれば、前述の10万5000台のうち、分解されてしまったものも含めると6万3000台以上が、アルバニアなどのバルカン半島やアフリカ、ブラジル、極東に運ばれたという。参考までに、電気自動車の盗難件数は極めて少なかったと報告されている。まだ闇市場での需要がほとんどないうえ、「目立つ」「盗んでも使いにくい」ことが背景にあると容易に想像できる。

「ピアッジオ・チャオ」(本文内で触れたものと同型車。事件とは関係ありません)。
「ピアッジオ・チャオ」(本文内で触れたものと同型車。事件とは関係ありません)。拡大
放置された「ルノー・クリオ」。2019年にイタリア・シエナで撮影。
放置された「ルノー・クリオ」。2019年にイタリア・シエナで撮影。拡大
こちらの2代目「ランチア・イプシロン」も2019年から動いておらず、写真とは反対側の窓ガラスはすでに壊されている。2020年3月撮影。
こちらの2代目「ランチア・イプシロン」も2019年から動いておらず、写真とは反対側の窓ガラスはすでに壊されている。2020年3月撮影。拡大

不動のトップ4

2019年のイタリアにおける自動車の車種別盗難台数を10位から順に見てみよう。

  • 10位 オペル・コルサ:1277台
  • 9位 フィアット・ウーノ:1629台
  • 8位 ルノー・クリオ:1655台
  • 7位 スマート・フォーツー:1824台
  • 6位 フォード・フィエスタ:2138台
  • 5位 フォルクスワーゲン・ゴルフ:2661台

本連載の第515回で記した2016年の盗難ランキングと同様、イタリアでの生産終了から四半世紀が経過した「フィアット・ウーノ」がいまだにトップ10に入っていることが注目される。これについてイタリアの一部メディアは、新車当時の防犯対策が今日のものと比べて高度でなかったことを指摘している。

そしてトップ4を見ると、

  • 4位 ランチア・イプシロン:3752台
  • 3位 フィアット・プント:6560台
  • 2位 フィアット500:7387台
  • 1位 フィアット・パンダ:1万0952台

再び第515回の2016年盗難ランキングと比較すると、パンダは不動の1位、2~4位も順位の入れ替わりこそあれ同じ顔ぶれであることに気づく。

ランキングの上位各車はいずれも新車登録台数の上位の常連でもあるので、盗難の対象となる分母が大きい。走り回っている数が多いのだから、闇市場における中古パーツの需要も大きくなる。ゆえに、そうしたモデルの盗難に拍車がかかるのである。

ところが、これらとは台数の規模こそ違えど、イタリア盗難車事情にちょっとした変化が表れているというのが次のお話だ。

筆者のイタリア生活で最も衝撃的だったのは、2018年にカッラーラにあるスーパーマーケットの駐車場で見たこの光景である。すべてが盗難車とは断定できないものの、怪しげな雰囲気が漂う。
筆者のイタリア生活で最も衝撃的だったのは、2018年にカッラーラにあるスーパーマーケットの駐車場で見たこの光景である。すべてが盗難車とは断定できないものの、怪しげな雰囲気が漂う。拡大
一番右は「フィアット・パンダ」の姉妹車「セアト・マルベーリャ」。タイヤからは空気が抜け、窓枠のゴム製シールドが垂れ下がっている。
一番右は「フィアット・パンダ」の姉妹車「セアト・マルベーリャ」。タイヤからは空気が抜け、窓枠のゴム製シールドが垂れ下がっている。拡大
放置された「セアト・マルベーリャ」の車内をのぞく。
放置された「セアト・マルベーリャ」の車内をのぞく。拡大
写真手前から「大宇マティス」に「シトロエンAX」、さらに「フォルクスワーゲン・ゴルフ」……。
写真手前から「大宇マティス」に「シトロエンAX」、さらに「フォルクスワーゲン・ゴルフ」……。拡大
同じ駐車場の、別の一角にも3台が捨てられていた。
同じ駐車場の、別の一角にも3台が捨てられていた。拡大

SUV部門における驚きの結果

それは、年々増加しているSUVの盗難件数である。2019年のボディータイプ別統計のSUV部門を見てみよう。

  • 5位 キア・スポルテージ:287台
  • 4位 トヨタRAV4:359台
  • 3位 ランドローバー・レンジローバー イヴォーク:416台
  • 2位 ランドローバー・レンジローバー スポーツ:550台

そして第1位は

  • 日産キャシュカイ:616台

であった。2018年の8位から急上昇した。

「キャシュカイ」の欧州仕様は、英国のサンダーランド工場で生産されている。

キャシュカイは2006年発表の初代(日本名は「デュアリス」)と2014年に登場した2代目とを合わせて2018年までに34万6856台が製造され、うち26万5520台がヨーロッパ地域で販売された(日産イタリアの2018年1月31日付プレスリリースより)。

筆者の記憶を振り返れば、日本ブランドとしては珍しく「dCi」と名付けられたディーゼル仕様を3タイプもラインナップ(初代)していたことが功を奏した。

ゆえに近年は欧州で「ジューク」とともに日産の看板車種となっている。ちなみに筆者の周辺でも、知人の医師は「ホンダ・シビック」から、同じく知人の大学助教授は初代「メルセデス・ベンツAクラス」から、いずれも初代キャシュカイに乗り換えた。

2019年のイタリア国内SUV新車登録台数を見ると、日産キャシュカイ(8位:2万5665台)よりも、「ジープ・レネゲード」(4位:3万5636台)のほうが多い。しかし、すでにイタリアの路上を走行している数では、発売が8年早いキャシュカイのほうが多いはずだ(レネゲードは2015年発売)。したがって、パーツ取り目的という観点からしても、キャシュカイのほうが盗難のターゲットになる可能性が高いと考えられる。

今回のキャシュカイの1位は、全ボディータイプを含めた盗難台数の1位ではない。また、日産でセキュリティーシステムに携わっている開発担当者の心境を考えると複雑なものがある。

しかし、闇の部品マーケットからの需要が高いということは、つまり実車の人気が高いということであり、それがこうした結果につながったのも事実である。

そうした意味で、部門賞とはいえ、イタリアで日本車が初めて「盗難台数トップ」になったことは取りあえず記しておくに値しよう。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=藤沢 勝)

初代「日産キャシュカイ」。シエナ市街にて。2007年撮影ということは、デビュー翌年である。
初代「日産キャシュカイ」。シエナ市街にて。2007年撮影ということは、デビュー翌年である。拡大
こちらも2007年のスナップ。落下傘部隊の兵舎前である。兵士が新車を得意になって運転していたのを見た記憶がある。
こちらも2007年のスナップ。落下傘部隊の兵舎前である。兵士が新車を得意になって運転していたのを見た記憶がある。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。