ポルシェ911カレラ(前編)

2020.08.28 池沢早人師の恋するニューモデル 『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が話題のモデルを紹介する新企画がスタート。記念すべき第1回の試乗車は「ポルシェ911カレラ」。自然吸気フラット6を搭載する「911カレラS」(991型前期)をプライベートで駆るオーナーならではの視点も交えリポートする。(この記事を無料で読む

静かに速いクルマではない

今回試乗してもらうのは、いわゆる“素”のポルシェ911カレラ。トランスミッションはデュアルクラッチ式の8段PDK。“素”といっても、テスト車の場合はオプション込みで1915万0500円というプライスになるわけだが、プライベートで普段から911カレラS(991型前期)に乗っている池沢先生としては、試乗前に「“素”のカレラで、しかもダウンサイジングターボになった911というのは、正直どれほどのものか……」というややネガティブな印象をお持ちだったもよう。

だが箱根のワインディングロードで試乗したことにより、「どれほどのものか」というネガティブな印象(思い込み?)はすべて吹き飛んだのであった。

「まずはね、“音”にびっくりしましたよ。3リッターターボになったということで、『どうせいかにもターボっぽい、軽くて乾いた感じのエキゾーストサウンドしか発しない、静かに速いクルマなんだろうな』なんて思っていました。ところがどっこい、なんですかこの音は? ほとんどNA(自然吸気)じゃないですか! “素”のモデルにさえこうしたエキゾーストサウンドの演出を施してくれて、本当にうれしいですよ」

ほとんどNAですか?
「そうですよ! 僕が乗ってる自然吸気の991のカレラSとほぼ同じ方向性の太く、迫力あるエキゾーストノートであり、それでいてどこか『GT3』にも通じるものがありますね。“駆り立てられるような音質”と言えばいいのかな? 996のGT3からその傾向がみられるような気がするけど、そうした演出はレースシーンでの魅力をわかっているポルシェならではのワクワク感といえますよね」

いや、まさかターボエンジンでこの音が聞けるとは思ってもなかったよ――と何度もつぶやく池沢先生だったが、最新のポルシェ911、しかも“素”のカレラが先生に与えた“驚き”は、音だけではなかった。

『池沢早人師の恋するニューモデル』と題した連載の記念すべき初試乗車は「ポルシェ911カレラ」。現在「911カレラS」(991型前期)を所有していることもあって、最新モデルが少なからず気になっていたという。
『池沢早人師の恋するニューモデル』と題した連載の記念すべき初試乗車は「ポルシェ911カレラ」。現在「911カレラS」(991型前期)を所有していることもあって、最新モデルが少なからず気になっていたという。拡大
箱根のワインディングロードで「911カレラ」のステアリングを握る池沢先生。迫力あるエキゾーストサウンドに、思わず感嘆の声を漏らした。
箱根のワインディングロードで「911カレラ」のステアリングを握る池沢先生。迫力あるエキゾーストサウンドに、思わず感嘆の声を漏らした。拡大

【ポルシェ911カレラのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4519×1852×1300mm/ホイールベース:2450mm/車重:1515kg(DIN)/駆動方式:RR/エンジン:3リッター水平対向6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:385PS(283kW)/6500rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1950-5000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)305/30ZR21 104Y(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/燃費:9.0リッター/100km(約11.1km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:1359万7222円

取材時の燃費データ】
テスト距離:263.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:41.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.4km/リッター(満タン法)/6.4km/リッター(車載燃費計計測値)


	【ポルシェ911カレラのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4519×1852×1300mm/ホイールベース:2450mm/車重:1515kg(DIN)/駆動方式:RR/エンジン:3リッター水平対向6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:385PS(283kW)/6500rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1950-5000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)305/30ZR21 104Y(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/燃費:9.0リッター/100km(約11.1km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:1359万7222円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:263.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:41.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.4km/リッター(満タン法)/6.4km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る