ホンダとGMが提携関係を拡大! 商品開発にまで踏み込んだ協業の“ねらい”とは?

2020.09.21 デイリーコラム

ずっと“ひとり”でやってきたわけではない

2020年9月3日に日本のホンダと米大手ゼネラルモーターズ(以下、GM)が「北米での戦略的アライアンスに向けて合意」したとの発表をおこなうと、業界スズメたちは一斉に色めきだった。ホンダといえば、周囲がいかに合従連衡を繰り返しても独立独歩を守り、技術も門外不出の自前主義というイメージがとても強かったから、「あのホンダもついにぃ!?」と驚いた向きも少なくないだろう。

しかし、これまでのホンダにも他社との協業がなかったわけではない。たとえば、1980~90年代に英ローバーへの技術供与をおこなっていた(かわりに「ランドローバー・ディスカバリー」を「クロスロード」の名で国内販売した)のは、よく知られた事実である。

また、ホンダとGMとの協力関係もじつはけっこう長い。両社の最初の提携は1999年末。ホンダが低公害V6エンジンとATをGMに供給して、当時GM資本下だったいすゞが欧州向けディーゼルエンジンをホンダに供給する契約を結んでいたのだ。ただし、これはどちらも同等のパワートレインを自社開発するまでの“つなぎ”の意味が強く、数年でその役割を終えている。

それから歳月はすぎて2013年、ホンダとGMは、今度は燃料電池自動車(FCEV)で手を組む。それは「2020年ごろの実用化に向けて、燃料電池システムと水素貯蔵システムを共同開発する」という内容だった。この合意の具体的成果はいまだに世に出ていないが、彼らはこれ以降も、次世代バッテリー事業に無人ライドシェアサービスなど、さまざまな分野で協業に乗り出している。これらをならべると、燃料電池にバッテリー、完全自動運転……となり、つまりは「いつ普及するか分からないが、やっておかないわけにもいかない」的な将来技術を共同で進める(≒リスク分散する)という、ホンダとGMの明確な戦略が見えてくる。

急速に提携の拡大を図っているホンダとGM。2020年4月には電気自動車の分野で、同年9月には北米市場での販売モデルに関して、協業を発表した。
急速に提携の拡大を図っているホンダとGM。2020年4月には電気自動車の分野で、同年9月には北米市場での販売モデルに関して、協業を発表した。拡大
1993年に登場した「ホンダ・クロスロード」。「ランドローバー・ディスカバリー」の姉妹モデルである。
1993年に登場した「ホンダ・クロスロード」。「ランドローバー・ディスカバリー」の姉妹モデルである。拡大
次世代燃料電池システムの共同開発に関する合意の記者会見にて、握手を交わす本田技研工業の岩村哲夫副社長(右)とGMのスティーブ・ガースキー副会長(左)。
次世代燃料電池システムの共同開発に関する合意の記者会見にて、握手を交わす本田技研工業の岩村哲夫副社長(右)とGMのスティーブ・ガースキー副会長(左)。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事