第85回:変貌するフロントウィンドウ
風防という安全部品から機能部品への進化

2020.10.07 自動車ヒストリー 自動車の高速化に伴い必須の装備となったフロントウィンドウ。その機能は、今や風を防ぐことにとどまらない。より優れた視界確保のための工夫や、アンテナをはじめとした機能部品の内蔵、新素材の採用による軽量化など、進化し続けるウィンドウの歴史を振り返る。

スピードが増して必要になった風防

世界初のガソリン自動車は、1885年の「パテント・モトール・ヴァーゲン」とされている。カール・ベンツがつくり上げた三輪車だ。点火システムを備えた4ストロークのガソリンエンジンを使って自由に移動する乗り物ということでは、確かに現代のクルマと同じカテゴリーに属すると言っていい。ただ、見た目はまったく違う。小さな腰掛けがあるだけで、乗員を収容する構造は持っていないのだ。屋根のないオープンカーであるのはもちろん、ドライバーの前方にもさえぎるものは一切なく、外気にさらされたままで運転することになる。

自動車は“馬なし馬車”と呼ばれたように、それまでスタンダードだった移動手段の馬車から多くを引き継いでいた。馬車では後ろに人を乗せる客車を持つタイプもあったが、その前に位置する御者の席は吹きさらしの状態だった。馬車は最高速度がせいぜい20km/hほどで、風圧はさほど大きくなかったのだ。パテント・モトール・ヴァーゲンの車速はそれ以下で、同じ構造を選んだのは理にかなっていた。

パテント・モトール・ヴァーゲンの後につくられた「ヴェロ」や「ヴィザヴィ」も、フロントウィンドウを持たなかった。フランスでパナール・エ・ルヴァソールやプジョーが自動車をつくるようになっても、馬車にならった形は変わらない。1899年に106km/hという当時の速度世界記録をつくった「ジャメ・コンタント号」でも、ドライバーは魚雷のようなボディーの上に乗員が突き出す形で乗っていた。さすがにこのスピードでは、激しい風圧にさらされていたことだろう。

自動車のスピードが増していくと、ドライバーは風防メガネで目を防御するようになり、1900年代になって“安全部品”として前方にガラス製の風防を装着するモデルが現れた。日本ではフロントウィンドウ、フロントガラスなどと呼ぶが、英語ではwindshieldやwindscreenである。文字通り “風を防ぐもの”なのだ。

世界初のガソリン自動車である「パテント・モトール・ヴァーゲン」。
世界初のガソリン自動車である「パテント・モトール・ヴァーゲン」。拡大
1894年に登場したベンツの「ヴェロ」。世界初の量産車であり、1898年までに1200台が製造された。
1894年に登場したベンツの「ヴェロ」。世界初の量産車であり、1898年までに1200台が製造された。拡大
世界で初めて100km/hの壁を越えた「ジャメ・コンタント号」。動力にモーターを用いた電気自動車だった。
世界で初めて100km/hの壁を越えた「ジャメ・コンタント号」。動力にモーターを用いた電気自動車だった。拡大
1900年に行われた、マンハイム-プフォルツハイム往復レースで優勝した、フリッツ・ヘルドとマティアス・ベンダーの「ベンツ16PS」。車両にウィンドウはなく、ドライバーはゴーグルで目を守っていた。
1900年に行われた、マンハイム-プフォルツハイム往復レースで優勝した、フリッツ・ヘルドとマティアス・ベンダーの「ベンツ16PS」。車両にウィンドウはなく、ドライバーはゴーグルで目を守っていた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事