ランボルギーニ・ウラカンEVO(前編)

2020.10.25 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第5回の試乗車は「ランボルギーニ・ウラカンEVO」(前編)。「ポルシェ911カレラ」「メルセデスAMG GT R」と、2台続いたドイツ車から乗り替えたイタリアンスーパーカーの印象は?

ただひたすら気持ちがいい

今回、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーでもある池沢早人師先生が、箱根のワインディングロードでステアリングを握った「ウラカンEVO」は、2019年にマイナーチェンジを受けた最新モデル。車名末尾に「EVO」の3文字が追加されたことからも、大規模なアップデートであったことが想像できる。

ウラカンEVOの走りはいかがでしたか?
「このV10は、『ペルフォルマンテ』に搭載されてるエンジンと同じものでしたっけ?」

そうですね。2016年10月にドイツのニュルブルクリンク北コースで量産車トップタイム(当時)となる6分51秒01を記録した限定モデル、ウラカン ペルフォルマンテと同じエンジンが積まれました。
「これは本当に気持ちのいいエンジンですよ。(アクセルを)踏んでいったときの回転の上がり方とパンチ力、そして豪快で官能的なサウンドがリニアにシンクロするので、運転しているとただひたすら気持ちいいんです」

スペックは、最高出力640PS/8000rpm、最大トルク600N・m/6500rpmになります。トランスミッションは7段DCTです。
「とはいえこんなに素晴らしいガソリンエンジンも、諸般の社会情勢を考えると、今後いつまで乗ることができるかは未知数でしょう。“いいエンジン”というものに少しでも興味があるなら、このV10は今のうちに味わっておくべきだと、強く申し上げたいですね」

5.2リッターV10自然吸気エンジンを搭載するミドシップモデル「ウラカン」の進化版が「ウラカンEVO」。2019年3月に日本導入が発表された。
5.2リッターV10自然吸気エンジンを搭載するミドシップモデル「ウラカン」の進化版が「ウラカンEVO」。2019年3月に日本導入が発表された。拡大
池沢早人師先生は「ウラカンEVO」のV10エンジンに関し、「ただひたすらに気持ちいい、今のうちに味わっておくべきエンジンのひとつですよ」とコメント。
池沢早人師先生は「ウラカンEVO」のV10エンジンに関し、「ただひたすらに気持ちいい、今のうちに味わっておくべきエンジンのひとつですよ」とコメント。拡大
【ランボルギーニ・ウラカンEVO】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1933×1165mm/ホイールベース:2620mm/車重:1422kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:640PS(470kW)/8000rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 90Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ)/燃費:13.7リッター/100km(約7.2km/リッター 複合モード)/価格:3282万7601円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:227.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:48.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.7km/リッター(満タン法)/6.0km/リッター(車載燃費計計測値)
【ランボルギーニ・ウラカンEVO】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1933×1165mm/ホイールベース:2620mm/車重:1422kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:640PS(470kW)/8000rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 90Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ)/燃費:13.7リッター/100km(約7.2km/リッター 複合モード)/価格:3282万7601円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:227.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:48.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.7km/リッター(満タン法)/6.0km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る