クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ

2020.11.09 カーマニア人間国宝への道

見分けがつかない中高年

先日、NHKの『チコちゃんに叱られる!』で、「中高年になると若いコの見分けがつかなくなるのはナゼ?」というのをやっていた。

答えは、「接する機会がなくなるから」。縁がなくなるから見分けがつかなくなるのだそうだ。なるほどでありまする。

私は997型以降の「ポルシェ911」の見分けがつかない。いや、つかないまではいかないが、一瞬で見分けるのは難しい。これが「BMW 3シリーズ」なら、F30型とG20型は一瞬で見分けられるが、それは自分がF30型のオーナーだから。ポルシェのオーナーになったことは一度もないし、特に近年の911に対しては、欲望を抱く前にお値段でなえてしまうので、乃木坂46のメンバーの見分けがつかないように(というよりメンバーを1人も知らないが)、997型以降の見分けが難しくなっている。

そんな私に担当サクライ君が、「来週『911ターボSカブリオレ』に乗ってみます?」と声をかけてくれた。

それに対する私の第一声は、「それって991型? 992型?」だった。992型はまだ「カレラS」くらいしか出てなかったような気がしたので。

サクライ君の答えは、「調べます」だった。彼もわかってなかったのだ! ホッ。

翌日、回答があった。

サクライ:992型でした。
オレ:えっ、992型でもうそんなテンコ盛りグレードが出てたの!?
サクライ:出てたみたいです。
オレ:乗る乗る~!

これはつまり、「乃木坂46の〇〇チャンと食事できますよ」と言われて、顔の見分けもつかないオッサンが、「わーい」と答えたようなものである。ファンの皆さま、申し訳ございません。個人的には、宮崎美子さん(61歳)のほうがうれしいんですけどね……。

992型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」の走りを味わうべく、夜の首都高に出撃! 今回の試乗車は3180万円の車両価格にオプションを加えて、トータル約3600万円ナリ。
992型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」の走りを味わうべく、夜の首都高に出撃! 今回の試乗車は3180万円の車両価格にオプションを加えて、トータル約3600万円ナリ。拡大
リアに搭載される3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する。
リアに搭載される3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する。拡大
「911ターボSカブリオレ」の動力性能は、クーペモデルと同じく0-100km/h加速のタイムが2.7秒、最高速が330km/hと公表されている。
「911ターボSカブリオレ」の動力性能は、クーペモデルと同じく0-100km/h加速のタイムが2.7秒、最高速が330km/hと公表されている。拡大
伝統の5連メーターデザインを引き継ぎながらも、センターのエンジン回転計以外はすべて液晶画面になっている。
伝統の5連メーターデザインを引き継ぎながらも、センターのエンジン回転計以外はすべて液晶画面になっている。拡大
ポルシェ 911カブリオレ の中古車

全開は1秒だけ

夜9時。サクライ君が、例のすんごいポルシェに乗ってわが家にやってきた。

オレ:すんごいねぇ。
サクライ:すんごいです。650馬力で(オプション込み)3600万円です。

こんなすんごいクルマに、顔の見分けもつかないオッサンが乗っていいんだろうかと思いつつ、せっかくだからと屋根を開け放ち、首都高へと向かった。

オレ:すんごいねぇ。風が気持ちいいねぇ。
サクライ:これ以上のゼイタクはないですね。
オレ:でもさ、ポルシェのカブリオレなら、この気持ちよさは全部同じじゃない?
サクライ:そ、そうですか?
オレ:どうせ流すだけなんだから、ここまでパワーなくていいし、ここまで(値段が)高くなくてもいいっしょ。「ボクスター」で十分だよ!
サクライ:いやぁ、やっぱり気分は違うんじゃないですか、コレとボクスターとでは。
オレ:そうかなぁ。じゃせっかくだから、アクセル全開にしてみよっか?
サクライ:どうぞ。

私はDレンジのままアクセルを床まで踏み込んだ。その瞬間、あまりの衝撃と加速で気絶しそうになった。

オレ:ひええええええ~~~~! 怖いよ~! 1秒しか全開にできないよ~!
サクライ:怖いです~怖いです~! こんなに怖いと思いませんでした~!

Dレンジのまま全開にすると、ドカンと自動的にシフトダウンすると同時に大パワーがさく裂するので、ウィリーしそうになる(感じる)。そこで、シフトパドルを使って事前にシフトダウンしてから全開にしたところ、ドカンというシフトダウンがない分、2秒くらい我慢できることが判明した。

しかし、オッサンに無理は禁物。「やっぱりゆっくり走るのがイイネ!」という結論になった。なにせゆっくり走っていれば、この世の極楽のようにカイテキなクルマなのだから。

その直後。われわれの横をシュオーンと2台の流星が駆け抜けた。

わが家のフェラーリ様と「911ターボSカブリオレ」の2ショット。夜の住宅街でも迷惑にならない程度の排気音ボリュームなのはありがたい。
わが家のフェラーリ様と「911ターボSカブリオレ」の2ショット。夜の住宅街でも迷惑にならない程度の排気音ボリュームなのはありがたい。拡大
ソフトトップを開けていざ首都高へ。開閉に要する時間はそれぞれわずか12秒ほどで、50km/hまでであれば走行中もトップの開閉操作が行える。
ソフトトップを開けていざ首都高へ。開閉に要する時間はそれぞれわずか12秒ほどで、50km/hまでであれば走行中もトップの開閉操作が行える。拡大
往年の930型「911」をモチーフにデザインしたというインテリア。シフトレバーの後方に電動ソフトトップのオープンスイッチとクローズスイッチが独立して配置されている。
往年の930型「911」をモチーフにデザインしたというインテリア。シフトレバーの後方に電動ソフトトップのオープンスイッチとクローズスイッチが独立して配置されている。拡大
浜崎橋ジャンクションを通過。11号台場線でレインボーブリッジ方面に向かう。
浜崎橋ジャンクションを通過。11号台場線でレインボーブリッジ方面に向かう。拡大

夜の辰巳のショータイム

オレ:うわあっ、カッコイイ~! 今の何?
サクライ:「(BMW)i8」とロールスだったみたいです。
オレ:ロールスって、あのドアが逆開きのヤツ? 「レイス」だっけ?
サクライ:たぶんそうだと思います。

平日の夜、あんなクルマが首都高をフツーに走ってるのか……。世の中にはお金持ちがいっぱいいるんだなぁ。自分もかなり高いクルマに乗ってるけど、これは借り物だからなぁ。

われわれはそのまま辰巳PAに到着した。

そこは、モーターショーというかスーパーカーショーというか、すんごいクルマのテンコ盛り俱楽部だった。フェラーリ、ランボルギーニはアタリマエ。ロールスやマクラーレンやアストンや、TVRみたいなレアなクルマまで世界の名車がそろい踏み。夜の辰巳のショータイムは、ますますエスカレートしていたのである。

しかしそれでも、われわれのマシン(借り物)が最新のポルシェ911ターボSカブリオレであることを見破ったらしき若者たちが、「すげぇ!」「カッコイイ!」とつぶやいてくれている。

オレ:サクライ君、ターボSカブリオレはやっぱり意味あるね! 夜の辰巳では! 
サクライ:ですね。ボクスターじゃこうはいきません!

すでに速さからの解脱を果たしたオッサン2名にとって、最新のポルシェ911ターボSカブリオレは、辛うじて夜の辰巳PAで、その存在意義を発揮したのである。

帰路、私は運転をサクライ君に譲り、助手席で東京の夜景を楽しんだ。サクライ君も1秒だけアクセル全開を試し、「ぎゃあ~~~!」「怖いよ~!」と楽しく叫び合った。

するとわれわれの横を、「タント」が車体を激しくロールさせながら「ぎゅわああああ~~~ん」と抜いていった。

もはや首都高では、動力性能はタントで十分。あとはすべて気分の問題のようだった。

(文と写真=清水草一/写真=webCG/編集=櫻井健一)

レインボーブリッジ付近で「BMW i8」と「ロールス・ロイス・レイス」にぶち抜かれる。ひょっとして彼らも辰巳PAを目指しているのか?
レインボーブリッジ付近で「BMW i8」と「ロールス・ロイス・レイス」にぶち抜かれる。ひょっとして彼らも辰巳PAを目指しているのか?拡大
首都高の辰巳PAに到着。われわれを追い越していった「i8」と「レイス」は先に到着していた。
首都高の辰巳PAに到着。われわれを追い越していった「i8」と「レイス」は先に到着していた。拡大
平日の夜の辰巳PA。そこはまるでスーパーカーショーの様相を呈していた。
平日の夜の辰巳PA。そこはまるでスーパーカーショーの様相を呈していた。拡大
われわれの「911ターボSカブリオレ」(借り物)の背後には、フェラーリとランボルギーニが並んで止まっている。ステキな光景である。
われわれの「911ターボSカブリオレ」(借り物)の背後には、フェラーリとランボルギーニが並んで止まっている。ステキな光景である。拡大
首都高環状線で「ダイハツ・タント」にぶち抜かれたあと、4号線下りで出会った「ポルシェ911カレラRS」。首都高の夜は濃密だ。
首都高環状線で「ダイハツ・タント」にぶち抜かれたあと、4号線下りで出会った「ポルシェ911カレラRS」。首都高の夜は濃密だ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ 911カブリオレ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。