第193回:夜の首都高で怖いよ怖いよ

2020.11.09 カーマニア人間国宝への道

見分けがつかない中高年

先日、NHKの『チコちゃんに叱られる!』で、「中高年になると若いコの見分けがつかなくなるのはナゼ?」というのをやっていた。

答えは、「接する機会がなくなるから」。縁がなくなるから見分けがつかなくなるのだそうだ。なるほどでありまする。

私は997型以降の「ポルシェ911」の見分けがつかない。いや、つかないまではいかないが、一瞬で見分けるのは難しい。これが「BMW 3シリーズ」なら、F30型とG20型は一瞬で見分けられるが、それは自分がF30型のオーナーだから。ポルシェのオーナーになったことは一度もないし、特に近年の911に対しては、欲望を抱く前にお値段でなえてしまうので、乃木坂46のメンバーの見分けがつかないように(というよりメンバーを1人も知らないが)、997型以降の見分けが難しくなっている。

そんな私に担当サクライ君が、「来週『911ターボSカブリオレ』に乗ってみます?」と声をかけてくれた。

それに対する私の第一声は、「それって991型? 992型?」だった。992型はまだ「カレラS」くらいしか出てなかったような気がしたので。

サクライ君の答えは、「調べます」だった。彼もわかってなかったのだ! ホッ。

翌日、回答があった。

サクライ:992型でした。
オレ:えっ、992型でもうそんなテンコ盛りグレードが出てたの!?
サクライ:出てたみたいです。
オレ:乗る乗る~!

これはつまり、「乃木坂46の〇〇チャンと食事できますよ」と言われて、顔の見分けもつかないオッサンが、「わーい」と答えたようなものである。ファンの皆さま、申し訳ございません。個人的には、宮崎美子さん(61歳)のほうがうれしいんですけどね……。

992型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」の走りを味わうべく、夜の首都高に出撃! 今回の試乗車は3180万円の車両価格にオプションを加えて、トータル約3600万円ナリ。
992型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」の走りを味わうべく、夜の首都高に出撃! 今回の試乗車は3180万円の車両価格にオプションを加えて、トータル約3600万円ナリ。拡大
リアに搭載される3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する。
リアに搭載される3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する。拡大
「911ターボSカブリオレ」の動力性能は、クーペモデルと同じく0-100km/h加速のタイムが2.7秒、最高速が330km/hと公表されている。
「911ターボSカブリオレ」の動力性能は、クーペモデルと同じく0-100km/h加速のタイムが2.7秒、最高速が330km/hと公表されている。拡大
伝統の5連メーターデザインを引き継ぎながらも、センターのエンジン回転計以外はすべて液晶画面になっている。
伝統の5連メーターデザインを引き継ぎながらも、センターのエンジン回転計以外はすべて液晶画面になっている。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ポルシェ 911カブリオレ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • 2021年1月1日から「アルピーヌA110」が新価格に 2020.12.1 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年12月1日、ミドシップスポーツカー「A110」の車両本体価格を2021年1月1日付で改定すると発表した。全モデルとも1.3~1.6%ほどの値上げとなっている。
  • 「フェラーリ488GTモディフィカータ」登場 最高出力700PSの限定生産モデル 2020.11.26 自動車ニュース 伊フェラーリは2020年11月25日(現地時間)、新型車「488GT Modificata(モディフィカータ)」を発表した。世界耐久選手権に参戦する「488GTE」とGTレース参戦用マシン「488GT3」の「完全なる融合体」をうたう、サーキット走行専用の限定生産モデルとなっている。
ホームへ戻る