フェラーリ・ポルトフィーノ(前編)

2020.11.22 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「フェラーリ・ポルトフィーノ」に試乗。クーペフォルムからわずか14秒でオープンカーに変身できる、スタイリッシュなFRスポーツモデルの印象を語った。

エンジンサウンドに好感

フェラーリ・ポルトフィーノは、「カリフォルニア」「カリフォルニアT」の後を受け、2017年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたFRのオープン2+2スポーツカー。創業以来、綿々とスポーツカーをつくり続けてきたフェラーリが、その世界観とラグジュアリー性、GTとしての多用途性や快適性を「前例のないレベルで融合させた」とうたうマシンである。

まずは池沢早人師先生に、箱根のワインディングロードを走ってみての第一印象をうかがった。
「想像していたよりもエンジンサウンドがいいですね。これは確かV8のターボで、排気量は3.9リッターでしたっけ?」

はい、3.9リッターV8ターボですね。最高出力は600PS/7500rpm、最大トルクは760N・m/3000-5250rpmです。
「なるほど。もちろん『F355』などの本当に魅力的な自然吸気エンジンにはかなわないけれど、NA(自然吸気)っぽさも随所に感じられるというか、意識して(そんなフィーリングを)残してあるように思えますね」

パワーやレスポンスの面はいかがですか?
「ターボエンジンで懸念される、過給時のいわゆるターボラグもほとんどないから、こういったワインディングロードでもアクセルワークを十分楽しめるんですよ。コーナー手前でじわ〜っとブレーキングして、そこからまたじわ〜っとアクセルを踏んでいくという一連の流れを、素直に楽しむことができるターボ車だと思いますね」

フェラーリの2+2オープンカー「カリフォルニアT」の事実上の後継モデルにあたるのが「ポルトフィーノ」。2018年2月に日本導入が発表された。
フェラーリの2+2オープンカー「カリフォルニアT」の事実上の後継モデルにあたるのが「ポルトフィーノ」。2018年2月に日本導入が発表された。拡大
「カリフォルニアT」譲りの3.9リッターV8ターボエンジンは、最高出力が+40PSの600PS/7500rpmに、最大トルクが+10N・mの760N・m/3000-5250rpmに強化された。
「カリフォルニアT」譲りの3.9リッターV8ターボエンジンは、最高出力が+40PSの600PS/7500rpmに、最大トルクが+10N・mの760N・m/3000-5250rpmに強化された。拡大
【フェラーリ・ポルトフィーノ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4590×1940×1320mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600PS(441kW)/7500rpm/最大トルク:760N・m(77.5kgf・m)/3000-5250rpm/タイヤ:245/35ZR20 95Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2631万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:260.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:51.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.1km/リッター(満タン法)
【フェラーリ・ポルトフィーノ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4590×1940×1320mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600PS(441kW)/7500rpm/最大トルク:760N・m(77.5kgf・m)/3000-5250rpm/タイヤ:245/35ZR20 95Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2631万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:260.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:51.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.1km/リッター(満タン法)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る