フェラーリ・ポルトフィーノ(後編)

2020.11.29 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「フェラーリ・ポルトフィーノ」の試乗リポート後編。スポーツカーのパフォーマンスとGTとしての多用途性や快適性を融合したというオープンモデルの最終評価は?

こだわりのルックス

漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーである池沢早人師先生が、箱根のワインディングロードでフェラーリ・ポルトフィーノのステアリングを握った。「3.9リッターV8ターボエンジンには自然吸気的なフィーリングもあって好ましいのですが、軽さを前面に出したステアリングのセッティングがやや気になる」というのが前回の感想だった。そのほかの部分についてはどうなのか、話の続きをお聞きした。

そういえばポルトフィーノのデザインについてまだうかがっていませんでしたが、正直どうですか?
「エクステリアデザインは、すごくいいと思いますよ! これの前身である『カリフォルニアT』よりも断然カッコいいんじゃないかな? 特にサイドから見たフォルムがスポーティーでとても良くなってますよね」

なるほど、高評価ですね!
「あと(ボンネットを開けて)エンジンルーム内の雰囲気もいいよね。赤い結晶塗装のサージタンクやエンジンのヘッドカバーは当然ながら(気分が)盛り上がりますし(笑)、補機類がごちゃごちゃと置かれてないからスッキリしてて、カッコいいエンジンをまじまじと見ることができる。あとこのエンジン搭載位置は、ほとんどフロントミドシップといえるのかな? それに、すごく低い位置に積まれているのもわかります。外観デザインとは関係ない部分ですが、フェラーリは昔からエンジンの見た目にまでこだわりますよね。ここも好ましいと思えましたね。ただし……」

ただし?
「インテリアデザインはいい感じなのですが、このシートの色はちょっといただけませんね」

クローズでもオープンでも、美しいボディーシルエットが特徴の「フェラーリ・ポルトフィーノ」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4590×1940×1320mm、ホイールベースは2670mm。
クローズでもオープンでも、美しいボディーシルエットが特徴の「フェラーリ・ポルトフィーノ」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4590×1940×1320mm、ホイールベースは2670mm。拡大
「エンジンを眺めているだけでも十分楽しくなるのがフェラーリ。フロントミドシップで、搭載位置の低さにも感心します」と感想を漏らす池沢早人師先生。
「エンジンを眺めているだけでも十分楽しくなるのがフェラーリ。フロントミドシップで、搭載位置の低さにも感心します」と感想を漏らす池沢早人師先生。拡大
【フェラーリ・ポルトフィーノ】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4590×1940×1320mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600PS(441kW)/7500rpm/最大トルク:760N・m(77.5kgf・m)/3000-5250rpm/タイヤ:245/35ZR20 95Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2631万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:260.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:51.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.1km/リッター(満タン法)
【フェラーリ・ポルトフィーノ】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4590×1940×1320mm/ホイールベース:2670mm/車重:1664kg(空車重量)/1545kg(乾燥重量)/駆動方式:FR/エンジン:3.9リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:600PS(441kW)/7500rpm/最大トルク:760N・m(77.5kgf・m)/3000-5250rpm/タイヤ:245/35ZR20 95Y/(後)285/35ZR20 104Y(ピレリPゼロ)/燃費:10.7リッター/100km(約9.3km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:2631万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:260.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:51.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:5.1km/リッター(満タン法)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノM」が日本上陸 2021年秋にデリバリー開始 2021.1.14 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2021年1月14日、オープントップの2+2シータースポーツ「ポルトフィーノM」の国内導入を発表した。日本仕様車の価格は2737万円で、デリバリーは同年秋に開始される。
  • フェラーリ・カリフォルニアT(FR/7AT)【試乗記】 2015.1.22 試乗記 フェラーリ久々のターボエンジン搭載車、「カリフォルニアT」に試乗。プライベートで「458イタリア」を駆る清水草一が、最新オープンモデルの仕上がりを報告する。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
ホームへ戻る