第89回:いすゞと日野が紡いだ近代化
トラックから始まった日本自動車産業の歴史

2020.12.02 自動車ヒストリー 日本の自動車産業を支えてきたのは、トラックとバスだった。政府による自動車国産化政策や、関東大震災と第2次世界大戦からの復興を担った黎明(れいめい)期の商用車群。それらを製造したいすゞと日野の足跡から、“もうひとつ”の日本の自動車史を振り返る。

ルーツは水戸藩の造船所

2019年5月、いすゞと日野が共同開発した国産初のハイブリッド連接バス「エルガデュオ」が誕生した。いすゞ自動車と日野自動車は日本を代表する商用車メーカーとして競い合ってきたが、2004年に国内向けのバスの製造や部品供給を行う合弁会社、ジェイ・バスを設立。バス事業の効率化と新世代商品の開発を進めてきた。ライバル同士の協業ではあるものの、これまでの経緯を知っていれば不自然なことではない。いすゞと日野は、ひとつの会社だった時期がある。

歴史は幕末にまでさかのぼる。ペリー来航を受け、幕府の命で水戸藩が江戸石川島に造船所を設立したのが始まりだ。ここでは西洋式帆船の「旭日丸」や軍艦「千代田形」が建造されており、高い技術力を持っていたことがわかる。明治に入ると民営化され、1893年に石川島造船所株式会社に改組。船舶はもちろんのこと、火力発電機や蒸気機関車なども製造し、日本の近代化に貢献した。

第1次世界大戦が始まると、造船の注文が殺到して巨大な利益が生まれる。そこで新たな投資先として選ばれたのが、自動車製造だった。1916年に自動車部門を設立し、2年後にイギリスのウーズレー社と提携契約を結ぶ。当時の日本では自動車製造の試みは始まっていたものの、まだ産業と呼べる段階には達していなかった。技術を習得するためには、ヨーロッパの自動車メーカーから学ぶのが早道だと考えたのである。これがいすゞ自動車の起点とされている。

一方、日野自動車の母体とされているのは、1910年に設立された東京瓦斯(ガス)工業株式会社。ガス事業を始めた千代田瓦斯会社の子会社として、ガス器具の製造を行っていた。主な製品は、ガス灯の発光体として使われるマントルという部品である。ガス灯の代わりに電灯が使われるようになると、社名を東京瓦斯電気工業(瓦斯電)と改め、電気製品の部門にも進出した。

経営状態は思わしくなかったが、やはり第1次世界大戦が飛躍のきっかけとなる。ガス計量器の開発で培われた精密機器の技術が認められ、砲弾の信管の発注が舞い込んだのだ。小火器の製造も請け負うようになり、会社の規模は急激に拡大。1917年、新工場を東京・大森に建設すると同時に自動車製造部を設立する。日野自動車の歴史は、ここから始まった。

2019年5月に発表・発売された「エルガデュオ」。ハイブリッドシステムの搭載による省燃費性能と、定員約120名という高い輸送能力、充実した先進安全装備などが特徴だ。
2019年5月に発表・発売された「エルガデュオ」。ハイブリッドシステムの搭載による省燃費性能と、定員約120名という高い輸送能力、充実した先進安全装備などが特徴だ。拡大
日本で路線バスとして活躍する現行型「いすゞ・エルガ」。「日野ブルーリボン」とは“バッジ違い”の姉妹モデルにあたる。
日本で路線バスとして活躍する現行型「いすゞ・エルガ」。「日野ブルーリボン」とは“バッジ違い”の姉妹モデルにあたる。拡大
石川島造船所は1918年に英ウーズレーと契約を結び、「A9型」「E3型」乗用車、および「CP型」トラックの製造権を取得。自動車事業へと乗り出した。
石川島造船所は1918年に英ウーズレーと契約を結び、「A9型」「E3型」乗用車、および「CP型」トラックの製造権を取得。自動車事業へと乗り出した。拡大
東京・大森に位置する大森ベルポート。いすゞが創立50周年事業の一環として、かつて本社や倉庫などのあった敷地に建てた施設である。現在もいすゞはこの地に本社を構えているが、2022年5月をめどに、神奈川・横浜への移転を計画している。
東京・大森に位置する大森ベルポート。いすゞが創立50周年事業の一環として、かつて本社や倉庫などのあった敷地に建てた施設である。現在もいすゞはこの地に本社を構えているが、2022年5月をめどに、神奈川・横浜への移転を計画している。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事