電気自動車はなぜ安くならないのか?

2021.02.17 デイリーコラム

エンジン車よりも100~200万円高くなる

2021年1月末に発売されたマツダの「MX-30 EVモデル」は同社初の量産型ピュア電気自動車(EV)として話題だが、価格は451万円からと手ごろとは言い難い。MX-30のマイルドハイブリッドモデルは242万円からなので、EVだと200万円ほど高いことになる。

しかし、この価格設定は特別というわけではない。昨2020年10月に発売されたホンダ初の量産型EV「ホンダe」も価格は451万円から。こちらはベースモデルがないので、単純比較はできないが、予算450万円クラスのホンダ車と考えると、「アコード」や「シビック タイプR」が射程範囲に入ってくる。

また、「日産リーフ」は332万6400円から。リーフの技術を使った「ノートe-POWER」ならば202万9500円から購入できる。また、先日お披露目されたメルセデス・ベンツの新型EV「EQA250」は4万7540.50ユーロ(日本円換算で約600万円)から。基本構造を共有するエンジン車の「GLA」は508万円からなので、およそ100万円の差がある。

ざっくり言えば、ピュアEVはベースモデルないしはサイズ感が近いモデルよりも100万円から200万円高いのが相場だ。

メーカーは「各種補助金が使える」「ランニングコストが安い」とトータルのお得感を打ち出すが、これは古くからエコ製品に使われるロジックだ。2010年の初代リーフも本体376万4250円だが、補助金を使えば298万4250円となり、300万円を下回ると訴えていた。

ユーザーにとって補助金はありがたい話だが、こうした制度は永遠ではない。EVはいずれ補助金がなくても購入できるような価格になるのだろうか。そもそも、なぜEVはエンジン車より100万円も200万円も高額なのだろうか。

マツダ初の量産EV「MX-30 EVモデル」。451万円からという価格設定は、マツダのモデルラインナップの中で一番高い。
マツダ初の量産EV「MX-30 EVモデル」。451万円からという価格設定は、マツダのモデルラインナップの中で一番高い。拡大
「日産リーフ」の車両本体価格は332万6400円から。より大きな62kWhバッテリーを搭載した「リーフe+」は441万1000円から。
「日産リーフ」の車両本体価格は332万6400円から。より大きな62kWhバッテリーを搭載した「リーフe+」は441万1000円から。拡大
マツダ MX-30 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV PLaY(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.22 試乗記 新型「ホンダ・ヴェゼル」のトップグレード「e:HEV PLaY」に試乗。個性的なルックスこそ好き嫌いが分かれそうだが、質感が向上した内装や実用性の高さ、EV感覚あふれるハイブリッドシステムなど、進化した2代目は侮れない魅力とポテンシャルを持っていた。
  • 日産ノート オーラ 2021.6.15 画像・写真 日産自動車は2021年6月15日、コンパクトカー「ノート」をベースとした3ナンバーサイズの派生モデル「ノート オーラ」を発表した。同年秋の発売を前に、専用ワイドボディーやこだわりの内装を採用した新型プレミアムコンパクトの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る