第94回:夢と革新のロータリーエンジン
マツダが磨き上げた孤高の技術

2021.02.17 自動車ヒストリー ハウジングの中で“おむすび型”のローターが回転し、動力を発生するロータリーエンジン。理想のエンジンともいわれたこのパワーユニットを、苦闘の末に実用化したのがマツダだった。今なお続けられる開発の歴史を、あまたのエピソードとともに振り返る。

回転運動の中で完結するエンジン

常に効率を求め、シンプルを旨とするのがエンジニアの習性であり、それに従うと往復運動と回転運動が共存するレシプロエンジンは、許容し難いカオスということになる。しかし、カール・ベンツが初めて実用化したガソリン自動車はレシプロエンジンだった。先行する蒸気機関がシリンダーとピストンの組み合わせだったのを踏襲したのだ。ガソリンエンジンはこのつくりを大きく変更することなく発展していき、ディーゼルエンジンも同じ形式となった。

回転運動の中ですべてを完結させようという試みは、幾度となく繰り返されてきた。イタリアのラメリーがロータリーピストン式の揚水ポンプを発明したのは、1588年のことである。1782年には、ワットがロータリー蒸気機関を考案するが、完成させることはできなかった。20世紀に入ってもさまざまな挑戦があったが、いずれも成功には至っていない。本当の意味で実用的なロータリーエンジン車が誕生したのは1967年のこと。「マツダ・コスモスポーツ」である。

新世代のロータリーエンジンを考案したのは、ドイツのフェリックス・ヴァンケル技師である。ヴァンケルはオートバイメーカーのNSUと共同でロータリーエンジンの研究を進め、1957年にDKM型を試作した。これはロータリーハウジング自体が回転するという複雑な機構で、実用化が困難なものだったといわれる。翌年、ハウジングが固定されたKKM型を完成させ、トルコロイド型のハウジングに三角おむすび型のローターを組み合わせたロータリーエンジンの原型が誕生した。

もともと自動車会社だったNSUは、1957年に「プリンツ」で四輪自動車の製造に復帰するものの、まだまだ会社の規模は小さかった。この技術を自社だけで開発するのはリスクが大きいと判断し、ライセンス事業を展開する戦略をとる。1960年1月にミュンヘンで大々的な発表会を開催し、革命的なエンジンの開発成功をアピール。世界中の自動車会社から強い関心を集めた。

「マツダRX-8」のロータリーエンジン「RENESIS(レネシス)」。
「マツダRX-8」のロータリーエンジン「RENESIS(レネシス)」。拡大
マツダミュージアムに収蔵される「マツダ・コスモスポーツ」(左手前)。
マツダミュージアムに収蔵される「マツダ・コスモスポーツ」(左手前)。拡大
フェリックス・ヴァンケル (1902-1988)と彼が考案した初期のロータリーエンジン。筐体(きょうたい)の中で、ローターではなく円形のハウジングが回転する仕組みだった。
フェリックス・ヴァンケル (1902-1988)と彼が考案した初期のロータリーエンジン。筐体(きょうたい)の中で、ローターではなく円形のハウジングが回転する仕組みだった。拡大
NSUはドイツの自動車メーカーで、戦前は四輪と二輪の双方を手がけていたが、1930年代に二輪車製造に事業を一本化。1957年に「プリンツ」を発表し、四輪事業を再開させた。
NSUはドイツの自動車メーカーで、戦前は四輪と二輪の双方を手がけていたが、1930年代に二輪車製造に事業を一本化。1957年に「プリンツ」を発表し、四輪事業を再開させた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事