2021年のMINIは限定車攻勢 マイナーチェンジした「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」も上陸

2021.03.02 自動車ニュース
MINIディビジョン本部長のピーター・メダラ氏。オンラインの発表会を通して、2021年の抱負を語った。
MINIディビジョン本部長のピーター・メダラ氏。オンラインの発表会を通して、2021年の抱負を語った。拡大

BMWジャパンは2021年3月2日、インターネットを介して「MINI Day オンライン発表会」を開催し、MINIブランドの国内市場における今後の見通しについて説明した。

2021年は、「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデルの国内販売がスタートする。
2021年は、「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデルの国内販売がスタートする。拡大
発表会では、限定車「MINIクロスオーバー ボードウォークエディション」(写真)も紹介された。
発表会では、限定車「MINIクロスオーバー ボードウォークエディション」(写真)も紹介された。拡大
さまざまな限定車がスタンバイしているMINI。伊勢丹とのコラボレーションモデルも計画中とのこと。
さまざまな限定車がスタンバイしているMINI。伊勢丹とのコラボレーションモデルも計画中とのこと。拡大
2021年3月末には新しいアプリをリリース。メーカーとユーザー、車両とユーザーのつながりが、一段と密になる。
2021年3月末には新しいアプリをリリース。メーカーとユーザー、車両とユーザーのつながりが、一段と密になる。拡大

ユーザーとのつながりも強化

冒頭であいさつを述べたMINIディビジョン本部長のピーター・メダラ氏は、コロナ禍の2020年を「非常に厳しい年だった」と振り返った。発表会では具体的な実績こそ示されなかったものの、「販売台数では2019年を下回った」と報告した。

一方で、2021年は明るい見通しであることを強調。メダラ氏から話のバトンを受け取ったMINIマーケティングマネージャーのアイリーン・ニッケイン氏も、「今年はMINIというブランドを再定義し、時代遅れにならないものにしたい」などと語気を強めた。

年明けからこれまで、すでに「パディ・ホプカーク エディション」「ジョンクーパーワークスGPインスパイアードエディション」「ピカデリーエディション」という3種の限定車が発売されているMINI。今後はさらに6つの限定車をローンチしたうえで、ジョンクーパーワークスとPHEVにフォーカスし、プロダクトポートフォリオを見直すという。

この日は早速、そのひとつとなる「MINIクロスオーバー ボードウォークエディション」も発表。年明け1月末に世界初公開された「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデルを年内に発売することもアナウンスされた。

ニッケイン氏によれば、2021年は、アプリを中心としたユーザーとのつながりも強化される見込み。3月末には新しいアプリがリリースされ、スマートフォンを使ってユーザーはクルマともシームレスにつながれるようになる。こうしたサービスについては改善を継続的に重ね、内容を充実させていくとのことだ。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINIコンバーチブル, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
ホームへ戻る