第98回:自動車を支えるタイヤの進化
黒くて丸い縁の下の力持ち

2021.04.14 自動車ヒストリー 自動車を構成する部品のなかで、唯一地面に接地し、走る・曲がる・止まるのすべての動きをつかさどる最重要部品のタイヤ。文字通りクルマの土台となるタイヤは、どのように誕生し、いかなる進化を遂げてきたのか? その歴史を振り返る。

“ゴムの輪”を装着していた初期の自動車

日本で初めてつくられた自動車は、1904年の「山羽式蒸気自動車」である。製作者の山羽虎夫は足踏み旋盤で削り出した部品を使い、見よう見まねで2気筒の蒸気エンジンをつくり上げた。木造のオープンボディーを持つ10人乗りのバスに仕立て、試運転では10km/h以上のスピードで走ったという。

エンジンは快調だったが、思わぬところに落とし穴があった。タイヤである。用意したのは鉄製のリムにゴムの輪をボルト留めしただけのもので、しばらく走ると接続部がふくれ上がってしまった。針金で応急措置をしたものの、デコボコに変形して走行不能に陥ったのである。

空気入りのタイヤをつくれる工場など、その頃の日本には存在していない。世界に目を転じても、当時はまだゴムだけでできたソリッドタイヤがほとんどだったのだ。自動車の性能は急激に向上していて、エンジンのパワーをしっかり受け止めるタイヤの開発が大きな課題になっていた。

カール・ベンツがつくった世界初のガソリン自動車「パテント・モトール・ヴァーゲン」は、ただの鉄輪で走った。2号車では改良され、ゴム製のソリッドタイヤとなる。ベンツに続いて登場した他のメーカーの自動車も、いずれも鉄輪かソリッドタイヤを採用していた。

ヨーロッパにゴムが伝えられたのは、15世紀の終わり頃。コロンブスがアメリカ大陸に到達した時、現地民が天然ゴムのボールで遊んでいるのを見て持ち帰ったといわれる。研究が進められると消しゴムとして利用されるようになり、防水布もつくられた。1839年には、アメリカのチャールズ・グッドイヤーが画期的なゴム製品の製法を発見している。硫黄を加えて加熱することで、生ゴムよりもはるかに安定した性質が得られることがわかったのだ。

日本でつくられた最初の自動車「山羽式蒸気自動車」だが、試走ではソリッドタイヤがリムから外れるトラブルが続発。まともなタイヤを入手するすべがないことから、実用化は見送られた。日本でダンロップ製のチューブ付きタイヤが輸入・販売されるのは、2年後の1906年になってからだった。
日本でつくられた最初の自動車「山羽式蒸気自動車」だが、試走ではソリッドタイヤがリムから外れるトラブルが続発。まともなタイヤを入手するすべがないことから、実用化は見送られた。日本でダンロップ製のチューブ付きタイヤが輸入・販売されるのは、2年後の1906年になってからだった。拡大
ゴムは15世紀の終わりに、コロンブスによって中南米から欧州に伝えられたとされる。ただ、生ゴムは弾性や防水性はあるものの油に弱く、また気温が高くなると柔らかくなるなど、工業製品の素材としては扱いにくいものだった。
ゴムは15世紀の終わりに、コロンブスによって中南米から欧州に伝えられたとされる。ただ、生ゴムは弾性や防水性はあるものの油に弱く、また気温が高くなると柔らかくなるなど、工業製品の素材としては扱いにくいものだった。拡大
アメリカの発明家であり、加硫ゴムとその製法を発見したチャールズ・グッドイヤー。タイヤメーカーであるグッドイヤーの社名は、彼の名にあやかったものだ。
アメリカの発明家であり、加硫ゴムとその製法を発見したチャールズ・グッドイヤー。タイヤメーカーであるグッドイヤーの社名は、彼の名にあやかったものだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事