第647回:コンフォート性能を追求したブリヂストンのSUV用タイヤ「アレンザLX100」を試す

2021.04.21 エディターから一言
ブリヂストンのオンロード向けSUV用タイヤ「アレンザLX100」は2021年2月1日に、全39サイズのラインナップで発売された。
ブリヂストンのオンロード向けSUV用タイヤ「アレンザLX100」は2021年2月1日に、全39サイズのラインナップで発売された。拡大

ブリヂストンが2021年2月1日に発売した「アレンザLX100」は、静粛性の向上や乗り心地の良さを追求したというSUV用のコンフォートタイヤ。オンロード向けに特化して開発されたその背景や、試走の第一印象をリポートする。

「アレンザ」というブランド名は、「向かう」という意味を持つラテン語の造語“AL”と、「エレガンス」という英語の造語“ENZA”を組み合わせたもの。ブリヂストンは、今後オンロードSUV向けタイヤをアレンザに統一していくという。
「アレンザ」というブランド名は、「向かう」という意味を持つラテン語の造語“AL”と、「エレガンス」という英語の造語“ENZA”を組み合わせたもの。ブリヂストンは、今後オンロードSUV向けタイヤをアレンザに統一していくという。拡大
「アウディQ5」に装着された「アレンザLX100」。これまでオンロードSUV向けとされてきた同社の「デューラーH/L850」の後継モデルという位置づけになる。
「アウディQ5」に装着された「アレンザLX100」。これまでオンロードSUV向けとされてきた同社の「デューラーH/L850」の後継モデルという位置づけになる。拡大
2016年12月に発表されたスポーティーなSUV向けの「アレンザ100」(左)に対して、コンフォート性能に特化したのが最新タイヤ「アレンザLX100」(右)。
2016年12月に発表されたスポーティーなSUV向けの「アレンザ100」(左)に対して、コンフォート性能に特化したのが最新タイヤ「アレンザLX100」(右)。拡大

オンロード性能にフォーカス

これまでブリヂストンのSUV用タイヤとして知られてきたのが、DUELER(デューラー)である。デューラーはSUV用のみにとどまらず、本格的な4WDオフローダー向けなどもカバーする幅広いラインナップ展開が自慢で、長年にわたりオンロード/オフロード用タイヤとしてブランドを確立させてきた。

いっぽう、同様にSUVをターゲットとしながらも、オンロードで優れた性能を発揮することに特化したのがALENZA(アレンザ)だ。ブランド名は、「向かう」という意味を持つラテン語の造語“AL”と、「エレガンス」という英語の造語“ENZA”を組み合わせたものだという。その第1弾は2016年12月に登場した「001」で、ドライ/ウエット性能に加え、低燃費性能やロングライフ性能にも重点を置いたプレミアムSUV用のハイパフォーマンスモデルという位置づけであった。

今回アレンザに追加されたLX100は、SUV向けのコンフォート性能に特化したモデル。前出001の登場からは4年という時間が経過しているが、このタイミングでのローンチの理由をブリヂストンの開発陣は「2016年以降、特に日本のオンロード特化型SUVモデルが多数発売され、それらがタイヤ交換の時期に差しかかってきたため」と説明している。さらに2024年には、交換用タイヤの需要が2019年の2倍以上に拡大することが見込まれているという。

今後、「オンロード系SUVタイヤのブランドを一手に担うことになる」というアレンザのバリエーション拡充は、まさにそうしたタイミングで敢行されたのである。

トヨタ ハリアー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る