第16回:バッテリー投資でも“カイゼン”を徹底 電動化戦略にみるトヨタのすごみ

2021.09.21 カーテク未来招来
トヨタが国内販売する初の量販EVとなった「レクサスUX300e」の透視図。
トヨタが国内販売する初の量販EVとなった「レクサスUX300e」の透視図。拡大

ハイブリッド車(HEV)を得意とするトヨタ自動車が、2030年へ向けた電動化戦略を発表。車載バッテリーの研究開発や生産設備への投資に対する彼らの姿勢には、ライバルとの明らかな違いがみられた。自らの強みを生かす、トヨタの取り組みを解説する。

バッテリー戦略を発表する、トヨタ自動車執行役員 チーフ・テクニカル・オフィサーの前田昌彦氏。
バッテリー戦略を発表する、トヨタ自動車執行役員 チーフ・テクニカル・オフィサーの前田昌彦氏。拡大
「レクサスUX300e」のバッテリーパック。EVには大量の駆動用バッテリーが不可欠であり、いかにしてそれを調達するかは、各完成車メーカーに共通する課題となっている。
「レクサスUX300e」のバッテリーパック。EVには大量の駆動用バッテリーが不可欠であり、いかにしてそれを調達するかは、各完成車メーカーに共通する課題となっている。拡大

またしてもこのタイミング

前回に引き続き、今回もトヨタの将来戦略を取り上げたい。テーマは2021年9月7日に開催された「電池・カーボンニュートラルに関する説明会」の内容についてだ。前回取り上げたソフトウエア戦略の発表に対し、筆者は「フォルクスワーゲン(VW)の影響を感じる」と書いたのだが、このタイミングでバッテリーに関する発表をしたのも、やはり多くの欧州メーカーがパワートレインの電動化に関する戦略を発表していることと無関係ではないだろう。

言うまでもなく、電気自動車(EV)の普及で最もネックになるのがバッテリーをいかに調達するかである。だから欧州メーカーの発表では、どこもバッテリーの生産能力をどう拡大するか、あるいはどう調達するかに必ず言及していた。いかにEVの販売台数増を打ち出しても、バッテリーが調達できなければ絵に描いたモチになってしまうからだ。

欧州だけではなく、中国ではバッテリーメーカー各社が大幅な増産を打ち出し、米国でもゼネラルモーターズ(GM)が韓国LG化学と合弁会社を設立し、巨大なバッテリー工場を建設中だ。こうしたなかで日本のメーカーの多くはバッテリーをどう調達するのかを明確にしておらず、「EVで出遅れている」とみられるひとつの要因になっていた。今回のトヨタの説明会は、こうした評価を拭い去るのが狙いだろう。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事