『CAR GRAPHIC』2021年11月号発売 V12から直3まで内燃機関を堪能!

2021.09.30 From Our Staff

『CG』11月号の表紙と巻頭を飾るのは、新型「スバルBRZ」。登場間もないこのクルマで、約1000kmを走り込みました。新設計のエンジンを搭載する新型の、スポーツカーとしての進化をお伝えします。(CG編集部)

フルモデルチェンジで新設計の2.4リッターエンジンを搭載した「スバルBRZ」。スポーツカーとしての進化に迫りつつ、エンジニアへのインタビューも行いました。(photo:荒川正幸)
フルモデルチェンジで新設計の2.4リッターエンジンを搭載した「スバルBRZ」。スポーツカーとしての進化に迫りつつ、エンジニアへのインタビューも行いました。(photo:荒川正幸)拡大
特集では、9000rpmまで一気に吹け上がる、6.5リッターV12自然吸気ユニットを搭載する「フェラーリ812 GTS」など、“エンジンで”本誌が選ぶ9台が登場。(photo:田村孝介)
特集では、9000rpmまで一気に吹け上がる、6.5リッターV12自然吸気ユニットを搭載する「フェラーリ812 GTS」など、“エンジンで”本誌が選ぶ9台が登場。(photo:田村孝介)拡大
レクサスブランド初、さらにトヨタ自動車としても初の量産型フルEVである「UX300e」と、同サイズの「メルセデス・ベンツEQA」。コンパクトなラグジュアリーEVの違いを明らかにします。(photo:田村孝介)
レクサスブランド初、さらにトヨタ自動車としても初の量産型フルEVである「UX300e」と、同サイズの「メルセデス・ベンツEQA」。コンパクトなラグジュアリーEVの違いを明らかにします。(photo:田村孝介)拡大
14年ぶりにフルモデルチェンジした「トヨタ・ランドクルーザー」。新しいディーゼルユニットや、新たにラインナップされたグレード「GRスポーツ」にも注目です。(photo:小河原 認)
14年ぶりにフルモデルチェンジした「トヨタ・ランドクルーザー」。新しいディーゼルユニットや、新たにラインナップされたグレード「GRスポーツ」にも注目です。(photo:小河原 認)拡大

愛すべきエンジンがある

いまや日本を代表するスポーツカーの一台となって久しいスバルBRZ。誕生から9年を経て初のフルモデルチェンジを受け、共同開発された「トヨタGR 86」よりひと足早く市場投入されました。

新型はスバルの技術を投入した新設計のボディーを採用しており、さらに2.4リッターに排気量をアップした、新設計の水平対向エンジンを搭載しています。スポーツカーとしてどのような進化を遂げたのかに迫りつつ、新エンジンに投入された技術について開発者にも詳しく話を聞くことができました。試乗記と合わせてお楽しみください。

巻頭記事に続く特集では“エンジン”をテーマにCGが選ぶ9台を紹介します。ひとことでV12エンジンと言っても、フェラーリに搭載されるものとロールス・ロイスに搭載されるものとではまったくその性格が異なります。いっぽうで、たった3つのシリンダーで心地いいエンジンもあれば、思わずうなってしまうほど完成度の高いディーゼルエンジンもあります。内燃機関はまだまだ進化を続けているのです。

最新号では、CセグメントSUVの電気自動車(BEV)も取り上げました。「メルセデス・ベンツEQA」と「レクサスUX300e」の2台です。ラグジュアリーSUVタイプのEVとして、航続距離など実用性をつまびらかにしつつ、EVづくりに際しての、メルセデスとトヨタの考え方の違いも明らかにします。

いつもの試乗記にも注目モデルが並びます。14年ぶりのフルモデルチェンジとなった「トヨタ・ランドクルーザー」は、ラダーフレームやエンジンを全面刷新し、国内市場にも待望のディーゼルエンジンが投入されるなど見どころは盛りだくさん。新たにラインナップに加わったグレード「GRスポーツ」も紹介します。クーペタイプのSUVである「アウディQ5スポーツバック」や、新開発のリアサスペンションを採用した「キャデラック・エスカレード」も続きます。

さらに、開催地をフランクフルトからミュンヘンに変更したドイツでのモーターショー「IAAモビリティー2021」や、先ごろ亡くなった元F1ドライバーのカルロス・ロイテマンを長年サポートした、日本人メカニックのインタビューも必読です。

読みどころ盛りだくさんのCG11月号は、定価1300円です。デジタル版は、Amazon/Kobo/BookLive!/ブックパス/SonyReaderStore/Fujisanで購読できます。お近くの書店や、オンライン書店でお買い求めください。

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』2021年11月号
発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1300円
A4判変型・192ページ

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------

関連キーワード:
500, 308, タイカン クロスツーリスモ, EQS, フィアット, プジョー, ポルシェ, メルセデス・ベンツ

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
ホームへ戻る