第12回「ボルボV40 T4」vs「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン」(後編)

2013.08.23 水野和敏的視点

さり気なく高度なデザイン

250~300万円級の欧州ハッチバック対決。先週の「ボルボV40」に続き、今週はこのクラスのベンチマークである「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を見ていきましょう。グレードは1.2リッターターボを積む「TSIコンフォートライン」。この連載では2回目の登場です。

まずは、エクステリアデザイン。あらためて思うのは、デザインに無駄な遊びがないということですね。一目でゴルフとわかる。それでいて、これだけのスタイルに仕上がっている。空力面もよく考えられています。ゴルフを見ると、日本車のデザインは、まだまだ甘いと感じてしまいます。

運転席に座ってみると……、ちょっとシートの座面が長すぎますね。クッションが硬めで、しかも先端が角張った形状なので、小柄な女性ドライバーだと、長時間ドライブしているとうっ血してしまうんじゃないでしょうか。

インパネまわりは、よくまとめられています。黒基調で、シルバーのパネルもヘアライン処理が施されており、むやみに光らせない。ドイツ車らしい、どちらかと言えば地味な内装ですが、全体のコーディネートがいい。

ピアノブラックの使い方も上手ですね。この手のパネル、以前は樹脂に塗装していたんですが、最近は携帯電話用素材からの技術が生かされ、製造時に、色素が素材に練り込まれるようになりました。そのため、長い間使っても、塗装がはがれたり、つやがなくなったりしないんです。
ですから、ステアリングホイールのスポーク部分にこのパネルが使われても、スイッチやダイヤルを気兼ねなく操作できます。指で頻繁に触っても、大丈夫。素材の長所を、よくわきまえていますね。

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円

フォルクスワーゲン・ゴルフTSIコンフォートライン
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:21.0km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
    
    拡大
ボルボV40 T4
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円
ボルボV40 T4
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1785×1440mm/ホイールベース:2645mm/車重:1430kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:180ps/5700rpm/最大トルク:24.5kgm/1600-5000rpm/タイヤ:(前)205/55R16 (後)205/55R16/燃費:16.2km/リッター(JC08モード)/価格:269万円 拡大
関連記事
  • 吉田由美が愛車で実感 MINI承認タイヤの重要性 2021.12.22 MINIにベストな走りをもたらすスターマーク付きタイヤ<AD> 最近MINIを購入した吉田由美さん。見た目がステキなだけでなく、意のままに操れるハンドリングにほれ込んでのチョイスなのだとか。今回MINIつくばを訪れ、その魅力的な走りを支えているスターマーク付き承認タイヤの秘密をイチから探ってもらいました。
  • ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.24 試乗記 先進安全・運転支援システム「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」を全モデル・全グレードで標準装備とするなど、いつになく“攻め”の姿勢を見せるボルボ。発売から2年が経過したベストセラーモデル「V40」にも、これを機会にいろいろ改良の手が入っている。その洗練度合いを確認するために、あらためて「V40 T4 SE」のステアリングを握った。
  • 第6回:V40で行く 吉田由美の東京新名所めぐり 2015.1.22 ボルボV40の“いま”を知る 吉田由美が最新ボルボで東京都内をドライブ。いま注目のスポットを紹介する。
  • アウディRS e-tron GT(4WD)【試乗記】 2022.1.19 試乗記 アウディのフラッグシップ電気自動車(BEV)「RS e-tron GT」に公道で試乗。さまざまなシチュエーションを織り交ぜたロングドライブを行い、同じDNAをもつ「ポルシェ・タイカン」とのちがいや電動4WDスポーツモデルの実力をチェックした。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2022.1.17 試乗記 もともと個性派ぞろいのフランス車のなかでもシトロエンは別格だ。このほどマイナーチェンジモデルが上陸した「C3エアクロスSUV」でも、その持ち味がいかんなく発揮されている。好きか嫌いかで言うと、もちろん筆者は大好きだ。
ホームへ戻る