第15回「ポルシェ・ボクスターS」(前編)

2013.09.13 水野和敏的視点
 

第15回「ポルシェ・ボクスターS」(前編)の画像 拡大

第15回「ポルシェ・ボクスターS」(前編)の画像 拡大
ポルシェ・ボスクターS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4374×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1320kg/駆動方式:MR/エンジン:3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:315ps/6700rpm/最大トルク:36.7kgm/4500-5800rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)265/35ZR20/価格:740万円
ポルシェ・ボスクターS
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4374×1801×1281mm/ホイールベース:2475mm/車重:1320kg/駆動方式:MR/エンジン:3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ/トランスミッション:6段MT/最高出力:315ps/6700rpm/最大トルク:36.7kgm/4500-5800rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 (後)265/35ZR20/価格:740万円 拡大

形態は機能に従う

今回は、「ポルシェ・ボクスター」を取り上げます。ボクスターは、ポルシェのいわばエントリーモデルにして、昨2012年にフルモデルチェンジを果たしたばかり。試乗車は、「ボクスターS」の6段MTモデルとしました。
2.7リッターフラット6(265ps、28.6kgm)を積む「ボクスター」に対して、「ボクスターS」は3.4リッター(315ps、36.7kgm)を搭載しています。車両本体価格は、ボクスターが596万円で、ボクスターSが740万円です。

新しいボクスターは、デザインだけでなく、それと併せて空力面も一段と洗練されましたね。ヘッドランプから始まる稜線(りょうせん)からテールの可動式スポイラーまで、全体のフォルムからして、ボディー上面と側面を行く空気の流れがリアでキレイに分離されるよう設計されています。
エアロダイナミクスの進化とデザインの変化が対になっているところが、ポルシェのポルシェたる由縁ですね。

一方で、個々のパーツにもきちんと手が入っています。ヘッドランプやテールランプも二重レンズを使って、立体感を出していますし、内部にも真空蒸着メッキが施され、光る部分とツヤ消し部分が分けられ、さらに黒の差し色が入っています。
大きく見て3工程も掛けて、従来のイメージを残しながら、新しい、質感のある作りを実践しています。手は抜いてませんね。

関連キーワード:
ボクスター, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • ポルシェが新型「911ターボS」を発表 最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル 2020.3.4 自動車ニュース ポルシェが新型「911ターボS」を発表。最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、4WDシステムの改良や空力性能の改善とも相まって、0-100km/h加速2.7秒、最高速330km/hという動力性能を実現している。
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2020.3.7 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
ホームへ戻る