第45回「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」

2014.04.18 水野和敏的視点

いまやスーパーカーは700psの時代

3回連続のスーパーカーテスト、「フェラーリ458スパイダー」に続く2回目は「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」に試乗します。

アヴェンタドールは「ムルシエラゴ」に代わるランボルギーニのフラッグシップモデルで、2011年に発売されました。キャビンの背後に搭載されるV12エンジンの排気量は6.5リッターとムルシエラゴの後期型「LP640」と同じです。しかし、ムルシエラゴ用(L537型)は従来の基本設計を引き継いだロングストロークユニット(ボア88.0mm×ストローク89.0mm)だったのに対し、アヴェンタドール用(L539型)は新設計のショートストロークユニット(同95.0mm×76.4mm)となっており、両者はまったくの別物です。

最高出力は、その名にもあるとおり、ムルシエラゴ時代の640psから700psまで引き上げられました。最大トルクは70.4kgmに達します。また、このエンジンは環境性能にも配慮されている点が特徴です。日本仕様には搭載されませんが、欧州仕様では2013年モデルから、気筒休止システムとアイドリングストップ機構が組み込まれました。

スーパーカーとて環境性能にしっかりと対応しなければいけない時代になったわけです。またそれ以上に痛感するのが、環境性能に対して日本と欧州では意識に大きな違いがあり、その違いが気筒休止システムとアイドリンクストップ機構の有無となって表れてしまったな、ということ。これは実は、とても寂しいことでもあります。


第45回「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」の画像 拡大

第45回「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」の画像 拡大
ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4780×2030×1136mm/ホイールベース:2700mm/車重:1575kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:700ps/8250rpm/最大トルク:40.4kgm/5500rpm/タイヤ:(前)255/30ZR20 (後)355/25ZR21/価格:4317万3000円(消費税8%込み)
ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4780×2030×1136mm/ホイールベース:2700mm/車重:1575kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7AT/最高出力:700ps/8250rpm/最大トルク:40.4kgm/5500rpm/タイヤ:(前)255/30ZR20 (後)355/25ZR21/価格:4317万3000円(消費税8%込み) 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO 2020.11.20 画像・写真 ランボルギーニ・ジャパンは2020年11月20日、東京・六本木のブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」において、「ウラカンSTO(Super Trofeo Omologata)」を世界初公開。レーシングマシンをモチーフにしたという市販ロードカーの姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ランボルギーニは新型モデルを夏以降に発表【輸入車ブランドに聞きました2021】 2021.1.25 自動車ニュース 2021年の干支は「丑(うし)」。昨2020年に6モデルを発表したランボルギーニも、エンブレムに“猛牛”を掲げている。その勢いは今年も続くのか。ニューモデルの発表時期や日本への導入スケジュールを、ランボルギーニ・ジャパンに聞いた。
  • 第124回:買い物には言い訳が必要だ 2019.2.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第124回は「買い物には言い訳が必要だ」。プラグインハイブリッドシステムを搭載する「BMW i8」、その中古車価格に驚きの事実が! 3気筒エンジンを積む新世代スーパーカーは、カーマニアにどう映る?
ホームへ戻る