第57回「アストン・マーティンV12ヴァンテージS」

2014.07.11 水野和敏的視点

下克上のアストン!

今回は英国の名門スポーツカーメーカーであるアストン・マーティンの「V12ヴァンテージS」を取り上げます。ヴァンテージのアストン・マーティン内での位置づけは、トップモデルの「ヴァンキッシュ」、基幹車種たる「DB9」、そしてエントリーモデルの「ヴァンテージ」となるわけですが、「V12ヴァンテージ」だけは、ちょっと事情が異なります。

その名の通り、まずエンジンが本来の4.7リッターV8から、上位モデルと同様の5.9リッターV12にアップグレードされています。しかも今回テストする「S」モデルは、通常のV12ヴァンテージと比較して50ps以上もパワーアップされており、アストン・マーティンは最高出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを豪語しています。

その価格は、DB9や「DB9ヴォランテ」すら上回る2305万円。価格的には「フェラーリ・カリフォルニアT」(2450万円)が好適なライバルとなりそうです。

実車を前にすると、ボディーパネルのプレスが素晴らしい。さらに、塗装の平滑さにも感心します。映り込みがキレイで、まるでひずみがない。最終的に、手作業で仕上げているんじゃないでしょうか。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージGT12ロードスター 2016.6.24 画像・写真 英アストンマーティンは2016年6月24日、同社のビスポーク部門である「Q by Aston Martin」が手がけた、オープンのワンオフモデル「ヴァンテージGT12ロードスター」を公開した。そのディテールを、写真で紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー ヴェラールD200 (4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.30 試乗記 スタイリッシュなプレミアムSUVとして知られる「レンジローバー ヴェラール」。そのラインナップに加わったマイルドハイブリッドのディーゼル車は、上質な内外装に見合った、極めて品の良い走りを味わわせてくれた。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る