第93回:フェラーリ458スペチアーレ(前編)

2015.03.27 水野和敏的視点

458シリーズの究極形

V8エンジンを搭載するフェラーリといえば、先週閉幕したジュネーブショーで458シリーズの後継となる「488GTB」が発表されましたね。このモデルで注目すべき点は、V8フェラーリもとうとうターボ時代に入ったということでしょう。3.9リッターV8ターボユニットは670psを発生し、0-100km/h加速は3.0秒と、今回試乗する「458スペチアーレ」とまったく同じ数値がうたわれています。

この488GTBの登場によって、自然吸気(NA)エンジンを搭載するミドシップフェラーリが過去のものとなってしまうのかどうか、それは「神のみぞ知る」、いや「フェラーリのみぞ知る」ところです。それはともかく、NAエンジンのフェラーリの、ひとつの到達点として「458スペチアーレ」を記憶しておくのは意義あることと考え、今回テストすることにしました。

458スペチアーレとは、その名の通り、458のスペシャルバージョンです。ノーマル458の4.5リッターV8は、最高出力570ps/9000rpm、最大トルク55.1kgm/6000rpmを発生しますが、458スペチアーレのそれは、最高出力605ps/9000rpm、最大トルク55.1kgm/6000rpmを絞り出します。ピストン、クランクシャフト、そしてカム形状を変更し、吸排気系をファインチューニング。圧縮比も引き上げることで、リッター当たり134ps(!)を実現しています。加えて、エンジン全体で8kgの軽量化を果たしています。

また、458スペチアーレは空力的にもおもしろいチャレンジをしています。フロントバンパーのセンター下部に「水平」「垂直」、2種類のフラップを設け、速度に応じて開閉させます。速度が170km/hを超えると、垂直フラップがラジエーターへの気流を必要最小限に絞り、さらに220km/h以上になると、水平フラップが下がってリアのダウンフォースとのバランスを取ります。
一方、リアのディフューザーにも17度の範囲で開閉可能なフラップが備わります。特別なアルゴリズムに従い、ダウンフォースが必要なときは上がり、抵抗を減らしたい場合には下がります。

できるだけ空気抵抗を減らしたい高速直進走行時と、大きなダウンフォースが求められるコーナリング時の両立を図ったシステムといえます。


第93回:フェラーリ458スペチアーレ(前編)の画像 拡大

第93回:フェラーリ458スペチアーレ(前編)の画像 拡大

第93回:フェラーリ458スペチアーレ(前編)の画像 拡大
フェラーリ458スペチアーレ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4571×1951×1203mm/ホイールベース:2650mm/車重:1290kg/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:605ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:3390万円
フェラーリ458スペチアーレ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4571×1951×1203mm/ホイールベース:2650mm/車重:1290kg/駆動方式:MR/エンジン:4.5リッターV8 DOHC 32バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:605ps/9000rpm/最大トルク:55.1kgm/6000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:3390万円
    拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • マセラティが新型コンパクトSUV「グレカーレ」の発表を2022年春に延期 2021.10.19 自動車ニュース 伊マセラティは2021年10月18日(現地時間)、同年11月16日にイタリア・ミラノで予定していた新型SUV「グレカーレ」の発表を、2022年春に延期すると発表した。半導体の供給不足などが発表延期の理由とされている。
  • ランボルギーニ・ウラカンSTO(MR/7AT)【試乗記】 2021.10.15 試乗記 超戦闘的な見た目の通り、並々ならぬ動力性能を誇る「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。とびきり速いのは当然のことながら、サーキットでむちを当てた筆者は、その官能的な走りに大いに感銘を受けたのだった。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
ホームへ戻る