第103回:アルファ・ロメオ4C(後編)

2015.06.05 水野和敏的視点

まるで70年代初頭のスーパーカーのようだ!

まるで1960年代後半から70年代初頭にタイムスリップしたかのような、クラシカルなエクステリアとインテリアが特徴的な4Cですが、その中身には現在の技術がしっかりと詰め込まれており、まさに「21世紀のイタリアンミドシップ・コンパクトスポーツカー」を体現しています。エンジンは1750cc(正確には1742cc)の直4ダウンサイジングターボ(240ps、35.7kgm)で、これにデュアルクラッチ式の6段ATを組み合わせています。

ドアを開けて、一見すると職人が仕上げた感のあるカーボンファイバーが露出したサイドシルを跨(また)いで運転席へ。いざステアリングホイールを握って走りだすと、やはり一瞬にして70年代初頭にタイムスリップします! パワーアシストのないステアリングの操作感は古典的で重く、操舵(そうだ)時のクルマの動きや各ユニットの作動も、まるで当時のスポーツカーのようです。

そして加速を始めると、にわかにフロントが軽くなります。その軽さはもうフラフラと表現していいくらいです。続いてブレーキを踏み、車両がノーズダイブする(フロントが沈む)と、今度は途端にグッとステアリングが重くなります。加速時にはスクワットし(フロントが上がる)、制動時にはノーズダイブしているのがステアリングの操舵力の変化や車両の反応だけではっきりとわかるのです。外観に違(たが)わず、加減速時の挙動もとてもわかりやすく、古典的なのです。

コーナリングも同様です。現代のクルマは、スタビリティーを上げて限界付近のコントロール性をよくするために、ロールした時に外輪の踏ん張りだけでなく、内輪の接地によるグリップ力を確保すべく、ストロークをたっぷり取ったサスペンションセットを用います。
しかし、4Cはこれとは全く逆。サスペンションのストロークは少なく、外輪だけで踏ん張っていて、少し攻めるとあたかも内輪が浮いてしまっているかのような感じが拭えません。まるで本当に1970年代初頭のスーパーカーに乗っているようです。

こういった、じゃじゃ馬と格闘しているかのような4Cの挙動は、楽しいといえば楽しいし、疲れるかと聞かれればそのとおりです。この操縦感覚をどう受け止めるかは、もうオーナーであるドライバー次第でしょう。4Cのようなスポーツカーは、日常的に使うクルマを別に持っている人が購入するケースが多いでしょうから……。
スタイルと走りがここまでクラシカルに統一されると、もう「これはこれでいいでしょう……」と言うしかないと思います。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
  • 第158回:アルファ・ロメオ考2020 2020.1.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第158回は「アルファ・ロメオ考2020」。中高年カーマニアが、今、気軽に買えるモデルとは? 現行の「4C」「ジュリア」から、20歳オーバーの中古車まで、イタ車好きの筆者がアルファ・ロメオのラインナップに斬り込む。
ホームへ戻る