第354回:ニッポンのコンパクトをおもしろく!
新型「トゥインゴ」に見るルノーの日本戦略

2016.07.15 エディターから一言
東京モーターショーでの日本初披露から8カ月。ついに新型「ルノー・トゥインゴ」が日本に導入された。
東京モーターショーでの日本初披露から8カ月。ついに新型「ルノー・トゥインゴ」が日本に導入された。 拡大

ルノー・ジャポンが、待望の新型コンパクトカー「トゥインゴ」の日本導入を発表した。その価格は189万円(インテンス)から。さらに50台の限定車として、5段MTの「サンクS」を169万円で導入するなど、意欲的な価格設定だ。同車にかけるルノー・ジャポンの意気込みを聞いた。

2016年7月13日に行われた「トゥインゴ」の発表会において、日本導入への意気込みを語るルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏
2016年7月13日に行われた「トゥインゴ」の発表会において、日本導入への意気込みを語るルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏 拡大
MT仕様の限定車「サンクS」のインテリア。7月13日の発表会では、同車の展示は行われなかった。(写真は欧州仕様)
MT仕様の限定車「サンクS」のインテリア。7月13日の発表会では、同車の展示は行われなかった。(写真は欧州仕様) 拡大

4本目の大きな柱

ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極 司氏は、新型トゥインゴの導入について「輸入車のAセグメントは現在、それほど大きな市場ではない。そこにこのトゥインゴを投入することで拡大させたい」と述べる。さらに、「日本車にはコンパクトカーで走りも良く、かわいいクルマがあまりない。そこで、ぜひフランス車のルノーにこんなにステキなクルマがあることを知ってもらいたい」と期待を語った。つまり、先述の価格設定は、日本のコンパクトカーとの競合、日本車からのユーザーの流入も大きく視野に入れてのことなのだ。

台数面でも期待は大きい。昨2015年ルノー・ジャポンは設立以降初めて年間の販売台数が5000台を突破した。「ルーテシア」「キャプチャー」「カングー」の3モデルが同社の大きなビジネスピラーとして貢献。大極氏は、「それぞれ1500台ほどの販売台数だ。そこにもうひとつ、トゥインゴという柱を作り、ほかと同じぐらいの太い柱として売っていきたいと考えている。従って、全車合計で6000台にはアプローチしたい」と述べた。

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る