第24回:300万円は出せません!!

2017.01.10 カーマニア人間国宝への道

スカイアクティブDの衝撃

低回転域からモリモリ湧き上がるトルクで、街中から高速巡航まで日常走行がとっても楽しいディーゼル乗用車。2009年、ヨーロッパ5カ国をディーゼルのレンタカー「フォード・フォーカス エステート1.6ディーゼル 5MT」で走り回ったことで、その魅力のとりこになり、現在は「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」を愛機としている不肖ワタクシだが、300万円未満で買える他のディーゼル乗用車の選択肢はどうなのか!? というのを、今後しばらくテーマにさせていただきます。

2012年2月、スカイアクティブD 2.2を搭載した「マツダCX-5」が発売された。それはまさに衝撃であった。

当時日本でフツーに買えるディーゼル乗用車は、「日産エクストレイル20GT」系(先代)と「メルセデス・ベンツE350ブルーテック」(先代)くらいだった。ただしE350ブルーテックは800万円もしたのでまったく問題外。

エクストレイルもいいクルマだったが、当時はディーゼル乗用車がレアだったこともあり、中古価格がまったく下がっていなかった。これなら新車を買った方が――と思っても、新車価格は300万円オーバー。補助金をもらっても300万円は超えそうだ。

(このクルマに300万円は出せない……)

何が悪いというわけではない。四角いカッコは個性的な存在だったし、6MTをちょこちょこシフトして、ルノーが開発した2リッターディーゼルの一番おいしいゾーン(1400rpmから2000rpm)をキープしつつ走らせるのは、実にヨロコビが深かった。

しかしそれでも、このクルマに300万円はナイ! それは私のカーマニアとしての本能だった。本能というより趣味の問題ですか。

スカイアクティブD 2.2を搭載した「マツダCX-5」と筆者。(写真=池之平昌信)
スカイアクティブD 2.2を搭載した「マツダCX-5」と筆者。(写真=池之平昌信)拡大
「フォード・フォーカス エステート1.6ディーゼル 5MT」
「フォード・フォーカス エステート1.6ディーゼル 5MT」拡大
「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」(写真=池之平昌信)
「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」(写真=池之平昌信)拡大
先代の「メルセデス・ベンツE350ブルーテック」。写真は後期型。
先代の「メルセデス・ベンツE350ブルーテック」。写真は後期型。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • 「マツダCX-3」にお手ごろ価格の1.5リッターガソリンエンジン搭載車が登場 2020.5.18 自動車ニュース マツダがコンパクトSUV「CX-3」に1.5リッターガソリンエンジン搭載車を設定。FF車では200万円を切る車両価格を実現した、新たなエントリーモデルである。シートの座り心地を改善したり、ボディーカラーに新色を設定したりといった改良も実施している。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
ホームへ戻る