マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大

2017.03.13 自動車ニュース

マツダは2017年3月13日、「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と総称される同車の運転支援機能について、最量販モデルの「デミオ」を含む多数のモデルにおいて標準装備化すると発表した。

対象となる車種はデミオ「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデル。標準装備となる機能は、「衝突被害軽減ブレーキ」「AT誤発進抑制制御」「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」の4種類で、このうちの衝突被害軽減ブレーキについては、車種に応じて「SCBS F(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時])」「SCBS R(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時])」、歩行者検知機能付きの「アドバンストSCBS(アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」のいずれかが対象となる。

マツダでは今回の装備以外にも、点灯時の配光を自動で最適化するアダプティブヘッドライトや、中高速走行時にも作動可能な衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システムなどといった、より高度な運転支援機能についても、上述のほぼすべてのモデルにおいてグレード別に設定、またはメーカーオプションで選択可能とするとしている。

(webCG)
 

「マツダ・アクセラ」に設定される「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の各種機能(イメージ図)。
「マツダ・アクセラ」に設定される「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の各種機能(イメージ図)。拡大

関連キーワード:
デミオ, アクセラセダン, アクセラスポーツ, アクセラハイブリッド, アテンザセダン, アテンザワゴン, CX-3, CX-5, マツダ, -->, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダが「デミオ」のガソリンエンジンを1.5リッター化 2018.8.31 自動車ニュース マツダがコンパクトカー「デミオ」を一部改良。搭載するガソリンエンジンの排気量を1.3リッターから1.5リッターに拡大した。同時に、スエード調人工皮革「グランリュクス」をふんだんに用いたインテリアが特徴の特別仕様車「ミストマルーン」を発売した。
  • 前編:いま、小さな個性派がアツい!? ~軽とコンパクトのキャラ立ちモデルを一挙紹介 2015.8.28 実力チェック! 人気の軽とコンパクト 軽自動車やコンパクトカーの世界は、エッジの効いたデザインや規格外のユーティリティー性も持ち味とする“個性派モデル”が花盛り。ここで、その背景となる自動車業界のトレンドを検証しつつ、いま注目すべきモデルをピックアップしてみよう。
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る