マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大

2017.03.13 自動車ニュース

マツダは2017年3月13日、「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と総称される同車の運転支援機能について、最量販モデルの「デミオ」を含む多数のモデルにおいて標準装備化すると発表した。

対象となる車種はデミオ「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデル。標準装備となる機能は、「衝突被害軽減ブレーキ」「AT誤発進抑制制御」「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」の4種類で、このうちの衝突被害軽減ブレーキについては、車種に応じて「SCBS F(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時])」「SCBS R(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時])」、歩行者検知機能付きの「アドバンストSCBS(アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」のいずれかが対象となる。

マツダでは今回の装備以外にも、点灯時の配光を自動で最適化するアダプティブヘッドライトや、中高速走行時にも作動可能な衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システムなどといった、より高度な運転支援機能についても、上述のほぼすべてのモデルにおいてグレード別に設定、またはメーカーオプションで選択可能とするとしている。

(webCG)
 

「マツダ・アクセラ」に設定される「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の各種機能(イメージ図)。
「マツダ・アクセラ」に設定される「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の各種機能(イメージ図)。拡大

関連キーワード:
デミオ, アクセラセダン, アクセラスポーツ, アクセラハイブリッド, アテンザセダン, アテンザワゴン, CX-3, CX-5, マツダ, -->, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
ホームへ戻る