クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第493回:大矢アキオのジュネーブショー2017
オペル買収決定! プジョー・シトロエンは燃えていた!

2017.03.17 マッキナ あらモーダ! 大矢 アキオ

アジアや中東にも向かうDS

第87回ジュネーブモーターショーが2017年3月7日に開幕した。近年のジュネーブ同様、今回もエクスクルーシブなスーパースポーツカーが多数披露された。

同時に関係者から注目されたのは、前日の3月6日にゼネラルモーターズの欧州事業買収を発表した(関連ニュース)、PSAグループの各ブランド(プジョー、シトロエン、DS)だった。

その中のひとつ、DSのブースを訪れると、話題の新型車「DS 7クロスバック」が展示されていた。欧州では「DS 5」の上位に位置づけられる、DSブランドの新たなフラッグシップである。

今回は、そのDSのマネジメントのトップにいろいろと話を聞くことができた。世界セールス&マーケティング担当のアルノー・リボー副社長は、DS 7クロスバックのセリングポイントついて「高いスタビリティーと、全長4.57mの中で実現した、優れた居住性です」と教えてくれた。

サイズ的にはCセグメントに属するということだが、ライバルはどのクルマなのか? その質問に対しては、「BMW X1」「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」「アウディQ3」と即座に答えた。さらに、メイン市場にヨーロッパ、中国、日本を挙げたうえで、イランにも近日、パリや上海同様、DS専用ショールームをオープンする予定であることも明かしてくれた。

イランと聞いて唐突な話だと思う読者も多いだろう。だが、現地のイラン・ホドロ社は、これまでもPSAと合弁で「405」や「206」の現地版を手がけ、2012年にイラン制裁発動でプジョーが撤退したあとも生産を続けていた。昨2016年には、PSAはイラン・ホドロ社と新たな提携契約を結んでいる。PSAとは縁の深い国なのである。

ジュネーモーターショーで披露された「DS 7クロスバック」。ドイツ車とは別次元のプレミアムに対する解釈と、さまざまなハイテクノロジーがセリングポイント。生産はフランス(ミュールーズ)と中国(深セン)で行われる。
ジュネーモーターショーで披露された「DS 7クロスバック」。ドイツ車とは別次元のプレミアムに対する解釈と、さまざまなハイテクノロジーがセリングポイント。生産はフランス(ミュールーズ)と中国(深セン)で行われる。拡大
「DS 7クロスバック」のフロントまわり。大きなグリルが目を引く。
「DS 7クロスバック」のフロントまわり。大きなグリルが目を引く。拡大
「DS 7クロスバック」のライバル車には、「BMW X1」や「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」などの名が挙げられている。
「DS 7クロスバック」のライバル車には、「BMW X1」や「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」などの名が挙げられている。拡大
DS の中古車

20年かけて取り組む覚悟

次に製品・ビジネス開発担当のエリック・アポード副社長にも話を聞くことができた。

まず、DS 7投入のポイントはどこにあるのだろうか?

「DSはフランス自動車メーカーで唯一のプレミアムブランド。DS 7クロスバックは、フランス唯一のプレミアムSUVであると言えます」

では、SUV市場における存在意義は?

「ドイツブランドとの違いが挙げられます。とくにインテリアには、ジャーマンとの違いを実感してほしい。そこにさらに、ハイテクノロジーを加えました」

たしかにDS 7クロスバックのインテリアは、2016年のジュネーブショーで発表したコンセプトカー「DS E-Tense」のモチーフを踏襲した、モダンかつゴージャスなものだ。

「アクティブLEDビジョン」と名付けられたDS 7クロスバックの3連ヘッドランプユニットは、照射角を最大180度変化させる。「DSアクティブスキャンサスペンション」は、カメラを介して路面コンディションを解析。瞬時にサスペンションの減衰力を調節できる。DSブランドは、ハイドロニューマティックを搭載した初代「シトロエンDS」の系譜を暗示している。

せっかくなので、DSブランド全体についても聞くことにした。DSは、中国市場で果敢に市場開拓を続けている。米国やドイツの合弁車が圧倒的なシェアを誇る中、若い世代をターゲットとして売るつもりなのだろうか?

「2016年は、中国で1万6000台のDSを販売しました。新世代の中国人ユーザーも、当然視野に入れています。世界の他の地域でDSの顧客の平均年齢は45~55歳なのに対して、中国市場は35歳と若いのです」

アポード氏は、販売方法についても語ってくれた。

「ライバルとの価格競争や値引き競争に参戦するつもりはありません。レクサスや、プレミアムブランドとしてのアウディを考えてみてください。これらのブランドも、認知されるまでに最低20年が必要でした。DSもまた、じっくりと取り組んでいきたいと考えています」

そして、日本においてもDS専売ショールームを2都市で開店予定であることを明かした。

「DS 7クロスバック」には、後日発売されるプラグインハイブリッドも含め、ガソリンとディーゼル、計6タイプのエンジンが用意される。
「DS 7クロスバック」には、後日発売されるプラグインハイブリッドも含め、ガソリンとディーゼル、計6タイプのエンジンが用意される。拡大
ナッパレザーに包まれた「DS 7クロスバック」のインテリア。センターの時計はB.R.M.製。その真下にはモダンなディスプレイが。
ナッパレザーに包まれた「DS 7クロスバック」のインテリア。センターの時計はB.R.M.製。その真下にはモダンなディスプレイが。拡大
「アクティブLEDビジョン」と名付けられた3連のヘッドランプユニット。
「アクティブLEDビジョン」と名付けられた3連のヘッドランプユニット。拡大
こちらは、シトロエンが出展したコンセプトカー「C-エアクロス」。
こちらは、シトロエンが出展したコンセプトカー「C-エアクロス」。拡大
「シトロエンC-エアクロス」のリアビュー。
「シトロエンC-エアクロス」のリアビュー。拡大

うわさの社長も登場!

インタビューのあと、前述のリボー氏は、DSブースの一角に設置されたタッチスクリーンを誇らしげに見せてくれた。オプションを選んでページを繰ってゆくと、最後に予約ができる仕組みだ。

ハイテクノロジーを掲げるDSは、こんなかたちでも表現されている。そのうち、アマゾンが“日用品の繰り返し購入”をねらって導入したような「ダッシュボタン」がDSブースにも導入され、申し込んでしまう人が増えるのではないか? などと予想するのは筆者だけだろうか。

やがて、PSAグループのカルロス・タバレスCEO(58歳)がブースを訪れ、記者たちとの一問一答が始まった。質問の内容は、冒頭で記したゼネラルモーターズ欧州事業(オペルおよびヴォクスホール)の買収決定に終始した。

赤字体質が続いた欧州GMの買収に関して、「メアリー(筆者注:ゼネラルモーターズのメアリー・バーラCEO)とは以前から面識がありました。ただ、今回の件で話し合いを始めたのは数カ月前からです」などと経緯を語った。

そのうえで、「ゼネラルモーターズを否定することはない。生産性を向上し、別の次元のプロフィタビリティー(profitability:収益性)を目指します」と述べた。

今のオペル/ヴォクスホールの状態については「4年前のPSAと同じ」と定義。その裏に、ルノーから瀕死(ひんし)の状態だったPSAに移籍し、2015年に4年ぶりの黒字転換を実現した自らの手腕への自信がうかがえた。

組織に関しては、「すでにオペルのディーラー協会の会長にも会い、1.生産計画の順守 2.フルEV化も含むクリーンエネルギー車の開発推進 3.ブランドポジションを変えないことを明言しました」とも語った。PSAとオペル/ヴォクスホールのエンジンを共用することに関しては、「さまざまな要素を考えなければならない」と答えた。 

ちなみにタバレス氏は、統合によって大きな問題となる、PSAおよび欧州GM事業の従業員年金の調整にも取り組んでいくとのことだ。

プレスデー1日目の午後、DSブースの一角で、カルロス・タバレスPSAグループCEO(写真中央)との一問一答が始まった。
プレスデー1日目の午後、DSブースの一角で、カルロス・タバレスPSAグループCEO(写真中央)との一問一答が始まった。拡大
ジュネーブモーターショーのオペルブースに出展された4ドアセダン「インシグニア」。
ジュネーブモーターショーのオペルブースに出展された4ドアセダン「インシグニア」。拡大
コンパクトSUVの「オペル・クロスランドX」。「インシグニア」とともに、オペルブースのメインステージに展示された。
コンパクトSUVの「オペル・クロスランドX」。「インシグニア」とともに、オペルブースのメインステージに展示された。拡大
米ゼネラルモーターズのメアリー・バーラCEO(向かって右)と、仏PSAグループのカルロス・タバレスCEO(同左)。写真は、2017年3月6日の買収合意会見におけるひとこま。
米ゼネラルモーターズのメアリー・バーラCEO(向かって右)と、仏PSAグループのカルロス・タバレスCEO(同左)。写真は、2017年3月6日の買収合意会見におけるひとこま。拡大

Go,Go,Go!

加えてタバレス氏は、「有能な人材をふさわしい場所に配置し、若者も積極的に起用します」と発言した。従来のオペル/ヴォクスホールのブランディングを踏襲するとしつつも、「セグメントに関しては、私はリミットを設けない」とも語った。

リミットを設けないというポリシーに関連して、会見の最後をこう結んだ。「スタッフにはこう言いたいのです。まずはビジネスプランを提案しなさい。そして、それがプロフィタブル(profitable:収益性が高い)なら、Go,Go,Go! だ、と」。

フランスで泣く子も黙る高等教育機関グランゼコール出身。かつ自動車業界では、現場中の現場であるテスト・エンジニアからスタートしたタバレス氏。会見の間、プロフィタビリティー/プロフィタブルという言葉を繰り返し用いた。その一方で、自身が「ラリー・モンテカルロ・ヒストリック」に出場した際、とてもナイスな「オペル・カデットGT/E」を見た様子を語った。そして「将来オペルのヒストリックカーでラリーに出るのか?」という記者の質問に「Why not!」と即答するなど、エンスージアスティックな一面が垣間見えたのが印象的だった。

その彼が病めるオペル/ヴォクスホールをどのように復活させるのか、そして既存のPSA 3ブランドとどのような差別化を打ち出していくのか、お手並み拝見といこうではないか。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>、大矢麻里<Mari OYA>、ゼネラルモーターズ、webCG/編集=関 顕也)

→「ジュネーブモーターショー2017」の関連記事はこちら

PSAグループのカルロス・タバレスCEOは、彼を囲んだ各国ジャーナリストたちの質問に対して、終始フランクに答え続けた。
PSAグループのカルロス・タバレスCEOは、彼を囲んだ各国ジャーナリストたちの質問に対して、終始フランクに答え続けた。拡大
プジョーブランドのブースには、バルセロナの「モバイル・ワールド・コングレス」で先行公開されたコンセプトカー「INSTINCTコンセプト」が展示された。
プジョーブランドのブースには、バルセロナの「モバイル・ワールド・コングレス」で先行公開されたコンセプトカー「INSTINCTコンセプト」が展示された。拡大
「INSTINCTコンセプト」のリアビュー。同車は、最高出力300hpのハイブリッドユニットを搭載する、マニュアルモード付きの自動運転車である。
「INSTINCTコンセプト」のリアビュー。同車は、最高出力300hpのハイブリッドユニットを搭載する、マニュアルモード付きの自動運転車である。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

DS の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。