第61回:輸入中古車LOVE(後編)

2017.10.03 カーマニア人間国宝への道

“若者”であれば問題なし

輸入中古車評論家・伊達軍曹との身内対談、後編。不肖ワタクシが買った激安中古「BMW 320d」について、軍曹に「あのお店は10点満点で3.5点」と厳しい評価を突きつけられ、衝撃を受けた前編から続く。

清水草一(以下 清):そんなに低いの(笑)!?

伊達軍曹(以下 伊):ただ、あのお店のクルマのスペックはさほど低くないです。

清:スペックって?

伊:中古車としての数値的な条件のことです。扱ってる個体の年式はどれも新しめだし、走行距離もそこそこ。だからお店のオーラは良くないけど、クルマ自体はそう悪くもないのかな? とは思ってましたね。

清:クルマを買うのってカーマニア最大の娯楽だから、クルマがいいだけじゃなく、いいお店で気持ちよく買いたいって思うよね。でもそれって贅沢(ぜいたく)だよね? 贅沢は高くて当然。ディーラーでアプルーブドカーを買ってれば、安心・安全で礼儀正しいんだから気分はいいけど、カーマニアたるもの、多少は冒険をすべきじゃないか。そういうことで今回は軍曹の制止を振り切って、あえて空気の悪い店で買ってみたわけ。

伊:私も清水さんの決断で、目が開いた部分があります(笑)。3年落ち以内の個体だったら基本的にはそう大きなトラブルなんてないわけですから、お店の良しあしはあんまり関係ない。だったらそこにこだわらなくてもいいかもしれない、と。

清:たとえ3年間不摂生していたとしても、まだ若いから大丈夫、みたいな(笑)。

伊:これが6年、7年落ち、つまり人間でいう30代以上になると不摂生は生活習慣病に直結しますが、3年落ちぐらいの“若者”なら、ハンバーガーとコーラだけで生活していたとしても、そこから生活を改善すればなんとかなります。

当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏(左)と、今回のゲスト、輸入中古車評論家の伊達軍曹(右)。伊達氏は、清水氏が代表を務める編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」の創業メンバーでもある。
当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏(左)と、今回のゲスト、輸入中古車評論家の伊達軍曹(右)。伊達氏は、清水氏が代表を務める編集プロダクション「有限会社フォッケウルフ」の創業メンバーでもある。拡大
清水氏が“海千山千の激安中古車店”で購入したという「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
清水氏が“海千山千の激安中古車店”で購入したという「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
「清水さん、大変申し訳ないですけどあの店は10点満点で3.5点です」
「清水さん、大変申し訳ないですけどあの店は10点満点で3.5点です」拡大
「3.5点! そんなに低いの~!?」(写真=池之平昌信)
「3.5点! そんなに低いの~!?」(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • 第34回:BMW 3シリーズ(後編) 2019.5.22 カーデザイナー明照寺彰の直言 従来のモデルを大事にし、より洗練させていくのがBMWデザインの真骨頂……のはずが、新型「3シリーズ」はどうもそうはなっていない様子。自動車デザイナー明照寺彰が、次世代の大黒柱の“気になるポイント”を語るとともに、BMWデザインのゆらぎの原因を探った。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
ホームへ戻る