クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第80回:スイスポ国民車構想

2018.03.06 カーマニア人間国宝への道

国民車なら断然AT

「スイフトスポーツ」の6段MT車に試乗し、「これは国民車になれる!」と叫んだ私だったが、考えてみたらいま日本では、新車販売台数の98.4%がAT車だ(2016年)。

つまり、6段MT車に乗って、「これを国民車に!」と叫ぶのは、「国民全員にフェラーリを!」と叫ぶのと同じで、ウケ狙いにしかならない。

しかしスイスポには6段AT車もある。ソレなら国民の98.4%がカバー可能! 6段MT車と合わせて100%になる。国民車の誕生だ! うおおおおおおおおお!

しかし私はまだスイスポの6段AT車に乗っていなかった。興奮する前に乗ってみなければイカン。ということで、スズキ広報様に試乗をお願いした。

うおおおおお! ひょっとして6段MT車よりいいやんけ!

この「いいやんけ」は、「ラクで楽しいやんけ」という意味で、カーマニア的には言うまでもなくMT一択なのだが、齢(よわい)五十六ともなると、ついラクで楽しい方を選択したくなる。

個人的には、他に「フェラーリ328GTS」というMT車を所有しているので、それを月に一度転がせば、MT車欲は十分満たされる。もう決して「毎日MT車に乗りたい!」とか、「毎日クラッチ踏んでギアをガチャガチャやらなきゃ禁断症状で死ぬ!」みたいなことはない。すでにMT車は死ぬほど乗ったので、MT車の赤い玉が出てるってことですかね。

筆者のイチオシは「スイフトスポーツ」。(写真=池之平昌信)
筆者のイチオシは「スイフトスポーツ」。(写真=池之平昌信)拡大
「スイフトスポーツ」のインテリア。
「スイフトスポーツ」のインテリア。拡大
筆者の愛車“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。(写真=池之平昌信)拡大
スズキ スイフトスポーツ の中古車

すごいぞ! スイスポAT

MT車の赤い玉が出ている私でも、スイスポの6段MT車には大感動し、ハイオク仕様のMT車であることを無視して「これを国民車に!」と勝手にコーフンしたわけだが、しかしスイスポの6段AT車には、「これならマジで国民車になれる!」と膝を打った。

「最適なギア比を設定し、鋭い加速が得られる6ATを採用」

スイスポのATについて、プレスリリースに記されているのはその程度で、クロスレシオな6段MTに比べるとあんまり力は入ってない雰囲気もあるが、どうしてどうして、乗ったらこれが実にイイ!

変速感はかなりダイレクトで、軽い変速ショックが来るところなんざDCTみたい。軽い変速ショックが来るクルマを国民車に推していいのか! という声もありましょうが、フォルクスワーゲンのDCT車なんか全部そうなんだからまったく問題ないべ! ドイツの国民車に許されることが、日本の国民車に許されないはずはない!

ステアリング奥にはシフトパドルも付いているから、マニュアル変速も自由自在。1.4リッターターボとの相性は、むしろ6段ATの方がいいかも!? と思うほど痛快に走ってくれる。

具体的には、私の愛車の1台である「DS 3」に、ちょっとだけ似ている。

DS 3は1.2リッター3気筒ターボエンジン(110ps)を搭載しており、中低速トルクが猛烈に痛快、ふだん乗りがメチャメチャ楽しいクルマだ。逆にアクセルを床まで踏んで高回転まで引っ張ると、「あれ、こんなもん?」だが、高回転高出力はフェラーリがやってくれればいいので何の問題もない。

「スイフトスポーツ」にはシフトパドルが備わる。
「スイフトスポーツ」にはシフトパドルが備わる。拡大
「スイフトスポーツ」には6ATと6MTの設定がある。
「スイフトスポーツ」には6ATと6MTの設定がある。拡大
筆者の愛車「DS 3」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「DS 3」。(写真=池之平昌信)拡大
最高出力110ps/最大トルク205Nmを発生する「DS 3」の1.2リッター3気筒ターボエンジン。
最高出力110ps/最大トルク205Nmを発生する「DS 3」の1.2リッター3気筒ターボエンジン。拡大

タイヤ選びがキモ

一方スイスポの1.4リッター4気筒ターボは140ps。DS 3に比べれば上までパワーがついてくるが、それでもどちらかというと中低速タイプで、軽く踏んだだけでググッと加速してくれる。DS 3同様、街乗りが実に楽しい上に、本気になってもそれなりに楽しいという両刀使いなのである。

小さな問題点は、国民車としては足がスポーティーすぎることだ。

が、これはおそらくタイヤだけで解決できる。

スイスポは前後195/45R17のコンチネンタル(スイスポ専用タイヤ)を履いている。特性もそこそこスポーツ寄りで、カーマニア的には文句ナシだが、なにせ17インチだ。段差を越える時のショックはそれなりにクル。

17インチタイヤっていったら、私が最初に買ったフェラーリ、「348tb」が17インチですから。スーパーカーサイズですヨ!

これをですね、例えば「アクア」と同じ185/65R15にインチダウンすれば、乗り心地は劇的に改善されるはず! 意外なことに外径はほぼ同じだ。

2インチもダウンしてブレーキキャリパー入るのかとか、見た目が猛烈にショボくなるぜといった問題も浮上するであろうが、じゃ185/55R16くらいでもいいです。んでタイヤの銘柄もフワフワ系にすれば、ソク国民車になれるのではないか!?

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信、webCG/編集=大沢 遼)

「スイフトスポーツ」は街乗りも得意。
「スイフトスポーツ」は街乗りも得意。拡大
「スイフトスポーツ」にはコンチネンタルの専用タイヤが装着されていた。
「スイフトスポーツ」にはコンチネンタルの専用タイヤが装着されていた。拡大
筆者がかつて所有していた「フェラーリ348tb」にも17インチタイヤが装着されていた。
筆者がかつて所有していた「フェラーリ348tb」にも17インチタイヤが装着されていた。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ スイフトスポーツ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。