第538回:ロサンゼルスモーターショーを現地リポート
カリフォルニアで戦う日本とドイツの意気込み

2018.12.09 エディターから一言
新型「911」が並べられたポルシェの展示エリアの様子。
新型「911」が並べられたポルシェの展示エリアの様子。拡大

アメリカの中でも特に巨大な市場規模を誇るカリフォルニア。そこで毎年開催されるのがロサンゼルスモーターショーだ。さまざまな自動車文化を受け入れる“懐の深い”大都市で催される自動車ショーの様子を、日本やドイツのメーカーの取り組みを交えて紹介する。

毎年、ロサンゼルスモーターショーはダウンタウン(市の中心部)から数マイルの位置にあるコンベンションセンターで行われる。
毎年、ロサンゼルスモーターショーはダウンタウン(市の中心部)から数マイルの位置にあるコンベンションセンターで行われる。拡大
メルセデスが発表した「AMG GT R PRO」。アメリカのモーターショーとしてはデトロイト、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスなどが有名だが、デトロイトではアメリカ勢が力を入れ、その他のショーでは海外勢が気を吐く傾向がある。
メルセデスが発表した「AMG GT R PRO」。アメリカのモーターショーとしてはデトロイト、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスなどが有名だが、デトロイトではアメリカ勢が力を入れ、その他のショーでは海外勢が気を吐く傾向がある。拡大
BMWのニューモデル「X7」。全長5mを優に超える大型SUVだ。
BMWのニューモデル「X7」。全長5mを優に超える大型SUVだ。拡大
FCAがラインナップするフルサイズピックアップトラックブランドの「ラム」。アメリカでは、今でもこうしたジャンルがクルマの主流となっている。
FCAがラインナップするフルサイズピックアップトラックブランドの「ラム」。アメリカでは、今でもこうしたジャンルがクルマの主流となっている。拡大

実際に街を走って知識と実感をすり合わせる

2018年11月26日から12月9日にかけて開催されるロサンゼルスモーターショー(以下、LAショー)を取材した。いきなり私事で恐縮だが、実のところLAショーの取材は初めてだ。それどころかカリフォルニアも初めて。それもあって、正直、なめていた。「LAはしょせんローカルショー。今回、見るべきものは『マツダ3(日本名:アクセラ)』くらいだろうな」と思っていたのだ。ところがフタを開けてみれば、ドイツや日系のブランドが意外なほどに力を入れており、見どころ満載のショーだったのだ。

今回、人生初のカリフォルニア&LAということで、クルマを借りてあちこちを走り回ってみた。街中だけでなく、海沿いのハイウェイから、ワインディングロード、そしてメキシコとの国境までのロングドライブなどをこなし、そこでようやく頭の中の情報と実感とをすり合わせることができた。

まず、カリフォルニアだ。南北に1200kmあり、東西にも400kmほどある。カリフォルニア州ひとつで、日本の国土面積を上回っている。そこに4000万人弱の人が住む。ロサンゼルスという町ひとつで、東京23区の2倍ほどのサイズ。ただし人口は400万人にすぎない。それでもアメリカの中では人が密集する大都会だ。

国土が広いものだから、道路だって余裕のサイズ。だからクルマだって大きい。フォードの看板モデルであるピックアップトラックに「F-150」がある。日本人目線で言えば、巨大なピックアップトラックである。それが過去数十年、アメリカで常に一番売れているクルマなのだ。アメリカの中央部に行けば、そうしたピックアップトラックだらけになるという。

あなたにおすすめの記事
新着記事