ニッポンのモーターショーはまだまだやれるはず!
幕張の熱気の中から 東京モーターショーの未来を思う

2019.01.21 デイリーコラム

活況だった東京オートサロンの陰で……

展示車両は906台、3日間の総来場者数は33万0666人と、ともに過去最多を記録したという東京オートサロン2019。webCG編集部も、金曜のプレスデー、土曜の一般公開日と、2日にわたって会場を取材。来場者にもまれてその熱気を満喫した。「自動車趣味はすっかり斜陽」なんていわれているご時勢に、これだけ人を集められるのだから、いやはやたいしたイベントである。いや、「すっかり斜陽」なんて評価自体が部外者の思い込みだったのかも? こりゃあ4月の「オートモビル カウンシル」が楽しみだわい。

展示の内容については、すでに沼田 亨氏による詳細なリポート(その1その2)が公開されているので割愛するとして、現場で記者が一番感じたのは、“イベント”としてのオートサロンの破壊力だった。人混みの中を押し合いへしあいしながら、人の欲望をむき出しにしたようなカスタムカーや、目のやり場に困るお姉さま方にばんばんカメラを向ける。真面目な人からしたら目を背けたくなるようなイベントかもしれないが、規制や規範の逸脱なくして、この恍惚(こうこつ)や解放感は得られまい。要するにお祭りなのだ。かつて、同じようなカーショーながら、イベント性を排し、お姉さんとも距離をおいたスペシャルインポートカーショーなる催しがあったものの、人が集まらずについえてしまった。ただ“見る”だけでは、もはや人は飽き足らないのだ。

もちろん、記者は展示されるカスタムカーの魅力を否定するものではない。近所のショールームでは触れられない、インターネットをいくらあさっても知ることができない、チューニングカーやドレスアップカーの生のスゴみ。これこそがオートサロンのご本尊であり、多くの来場者に会場まで足を運ばせる原動力。“おみこし”なくして祭りはありえないのである。

……と、なんでイベント終了から1週間も過ぎてこんなコラムをしたためているかというと、オートサロンの活況を見るにつけ、どうしても心配になってしまうイベントがあるからだ。そう、東京モーターショーである。皆さん覚えてます? 今年は東京モーターショーの開催年ですよ。

東京オートサロン2019の会場の様子。運営事務局の発表によると、出展者数とブースの総数は前回から減少したものの、出展車両台数と来場者数はともに増加し、過去最高を記録したという。
東京オートサロン2019の会場の様子。運営事務局の発表によると、出展者数とブースの総数は前回から減少したものの、出展車両台数と来場者数はともに増加し、過去最高を記録したという。拡大
会場で発見した「スズキ・ジムニー」のカスタムカー。このスゴみ! これこそ東京オートサロンのだいご味である。
会場で発見した「スズキ・ジムニー」のカスタムカー。このスゴみ! これこそ東京オートサロンのだいご味である。拡大
ダイハツブースにて、「コペンGRスポーツコンセプト」とコンパニオンのお姉さん。真面目な方には怒られてしまうかもしれないが、これもまた東京オートサロンのだいご味なのは事実……。
ダイハツブースにて、「コペンGRスポーツコンセプト」とコンパニオンのお姉さん。真面目な方には怒られてしまうかもしれないが、これもまた東京オートサロンのだいご味なのは事実……。拡大
2017年の東京モーターショーより、会場となった東京ビッグサイトの様子。人がいないのはプレスデーの受付前だからで、一般公開日までここまで閑古鳥(かんこどり)が鳴いていた訳ではない。念のため。
2017年の東京モーターショーより、会場となった東京ビッグサイトの様子。人がいないのはプレスデーの受付前だからで、一般公開日までここまで閑古鳥(かんこどり)が鳴いていた訳ではない。念のため。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事