クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ニッポンのモーターショーはまだまだやれるはず!
幕張の熱気の中から 東京モーターショーの未来を思う

2019.01.21 デイリーコラム

活況だった東京オートサロンの陰で……

展示車両は906台、3日間の総来場者数は33万0666人と、ともに過去最多を記録したという東京オートサロン2019。webCG編集部も、金曜のプレスデー、土曜の一般公開日と、2日にわたって会場を取材。来場者にもまれてその熱気を満喫した。「自動車趣味はすっかり斜陽」なんていわれているご時勢に、これだけ人を集められるのだから、いやはやたいしたイベントである。いや、「すっかり斜陽」なんて評価自体が部外者の思い込みだったのかも? こりゃあ4月の「オートモビル カウンシル」が楽しみだわい。

展示の内容については、すでに沼田 亨氏による詳細なリポート(その1その2)が公開されているので割愛するとして、現場で記者が一番感じたのは、“イベント”としてのオートサロンの破壊力だった。人混みの中を押し合いへしあいしながら、人の欲望をむき出しにしたようなカスタムカーや、目のやり場に困るお姉さま方にばんばんカメラを向ける。真面目な人からしたら目を背けたくなるようなイベントかもしれないが、規制や規範の逸脱なくして、この恍惚(こうこつ)や解放感は得られまい。要するにお祭りなのだ。かつて、同じようなカーショーながら、イベント性を排し、お姉さんとも距離をおいたスペシャルインポートカーショーなる催しがあったものの、人が集まらずについえてしまった。ただ“見る”だけでは、もはや人は飽き足らないのだ。

もちろん、記者は展示されるカスタムカーの魅力を否定するものではない。近所のショールームでは触れられない、インターネットをいくらあさっても知ることができない、チューニングカーやドレスアップカーの生のスゴみ。これこそがオートサロンのご本尊であり、多くの来場者に会場まで足を運ばせる原動力。“おみこし”なくして祭りはありえないのである。

……と、なんでイベント終了から1週間も過ぎてこんなコラムをしたためているかというと、オートサロンの活況を見るにつけ、どうしても心配になってしまうイベントがあるからだ。そう、東京モーターショーである。皆さん覚えてます? 今年は東京モーターショーの開催年ですよ。

東京オートサロン2019の会場の様子。運営事務局の発表によると、出展者数とブースの総数は前回から減少したものの、出展車両台数と来場者数はともに増加し、過去最高を記録したという。
東京オートサロン2019の会場の様子。運営事務局の発表によると、出展者数とブースの総数は前回から減少したものの、出展車両台数と来場者数はともに増加し、過去最高を記録したという。拡大
会場で発見した「スズキ・ジムニー」のカスタムカー。このスゴみ! これこそ東京オートサロンのだいご味である。
会場で発見した「スズキ・ジムニー」のカスタムカー。このスゴみ! これこそ東京オートサロンのだいご味である。拡大
ダイハツブースにて、「コペンGRスポーツコンセプト」とコンパニオンのお姉さん。真面目な方には怒られてしまうかもしれないが、これもまた東京オートサロンのだいご味なのは事実……。
ダイハツブースにて、「コペンGRスポーツコンセプト」とコンパニオンのお姉さん。真面目な方には怒られてしまうかもしれないが、これもまた東京オートサロンのだいご味なのは事実……。拡大
2017年の東京モーターショーより、会場となった東京ビッグサイトの様子。人がいないのはプレスデーの受付前だからで、一般公開日までここまで閑古鳥(かんこどり)が鳴いていた訳ではない。念のため。
2017年の東京モーターショーより、会場となった東京ビッグサイトの様子。人がいないのはプレスデーの受付前だからで、一般公開日までここまで閑古鳥(かんこどり)が鳴いていた訳ではない。念のため。拡大

“新しい取り組み”が見えてこない

個人的に、日本のジドーシャ業界は、良い面でも悪い面でも、世界的に一歩先を行っていると思う。90年代以降の東京モーターショーで見られた来場者&展示規模の縮小は、ひところは中国の伸長と日本の衰退の象徴みたいに言われていたが、いまやパリデトロイト、フランクフルトなどでも見られるようになった。結果として、各国のショーはおのおのに独自の試みや新しい役割を模索するようになっている。一方で、われらが東京モーターショーはどうだろう?

前回の東京モーターショーにおいて、いまや時の人である日産自動車の西川廣人氏(当時は日本自動車工業会=自工会の会長だった)は、開催前の記者会見で「数字上の規模ではなく、展示の質を上げることでイベントのイメージを向上させたい」と語り、終了後の定例会見で「クルマ離れが進む中、できるだけクルマに興味を持ってもらう取り組みに力を入れた」と述べたそうな。実際に会場に足を運んだ皆さんは、どの辺にその“取り組み”を、“質の向上”を感じただろう?

……こんな風に問うていることからもお察しの通り、記者は別段それを感じなかった。別にヒドいショーだなんて思わなかったけど、2011年、2013年、2015年とは違うものを発見できなかったのだ。最も心を奪われたのが(脇役であるはずの)二輪関連の展示だったという取材の記憶に、自動車メディアの端くれとして、一抹の寂しさを感じてしまう。

自工会は東京モーターショーのために各メーカーの社員で構成されるクロスカンパニーチームを組織しており、そこには顔見知りの広報さんが少なからず在籍している。ので、こういうことを言うのは非常に心苦しいのだが、言わせてください。実感できない、記憶に残らない取り組みなんて、やってないのと一緒だよ!

メーカー主体の自動車ショーの衰退は、今では世界的な現象。電気自動車の普及が進み、自動運転が現実味を帯びてきた今、各メーカーで“新しい提案”が模索されている。
メーカー主体の自動車ショーの衰退は、今では世界的な現象。電気自動車の普及が進み、自動運転が現実味を帯びてきた今、各メーカーで“新しい提案”が模索されている。拡大
ヤマハ柳 弘之社長(当時)の「Stand up」という声を聞いて自立し、手招きするしぐさに応じて自走するパフォーマンスを見せたコンセプトカー「MOTOROiD(モトロイド)」。「何のための技術なの?」という素朴な疑問はさておいて、とにかく感動した。ロボットみたいにカッコいいのに、イヌのようにかわいらしいのだ。
ヤマハ柳 弘之社長(当時)の「Stand up」という声を聞いて自立し、手招きするしぐさに応じて自走するパフォーマンスを見せたコンセプトカー「MOTOROiD(モトロイド)」。「何のための技術なの?」という素朴な疑問はさておいて、とにかく感動した。ロボットみたいにカッコいいのに、イヌのようにかわいらしいのだ。拡大
東京モーターショー2017で世界初公開された三輪モーターサイクルの「ヤマハ・ナイケン」。これを市販化しちゃうんだから……。ヤマハの前のめりな姿勢を、四輪メーカーも少し見習ってほしい。
東京モーターショー2017で世界初公開された三輪モーターサイクルの「ヤマハ・ナイケン」。これを市販化しちゃうんだから……。ヤマハの前のめりな姿勢を、四輪メーカーも少し見習ってほしい。拡大

2017年のお台場で感じた寂しさ

2017年の東京モーターショーの開幕に際し、ジャーナリストの山口京一氏はコラムにおいて「高邁(こうまい)な理念の前に、ショービジネスに徹することが存続の道だと思う」と述べている。僭越(せんえつ)ながら、記者もホントにその通りだと思う。

趣旨の違いとか主催団体の性格とかを理解した上で言わせていただきますが、東京オートサロンと東京モーターショーの一番の違いは、“イベントとしての面白さ”だ。オートサロンのようなお祭りにはできない以上、東京モーターショーのそれは、運営側や展示者サイドの“仕掛け”にかかっている。かつて年かさの先生方は、2011年のトヨタの“ドラえもんブース”をバカにし、2017年のヤマハの告知ページ“ニャマハ”を、「展示で勝負しろよ」と鼻で笑っていたが、来場者を楽しませる試みって、そんな風に軽んじられていいものなの?

もちろん、展示内容で勝負するのは大事……というかそれが本筋だし、近年来場者数が右肩上がりの東京モーターサイクルショーのように、それで成功している例もある。過去に取材したロサンゼルスモーターショーでは、「ジープ・ラングラー」の圧倒的なパワーにそれを思い知らされた。軍服のおっさんから年端もいかない子供まで、皆がラングラーを取り囲んでいたのだ。「日産GT-R」に「トヨタ86」「スバルBRZ」「ホンダS660」など、日本にだってパワフルなクルマがなかった訳ではない。が、2017年のモーターショーではそうした目玉が確かに見られなかった。……いや、あったな。「カワサキZ900RS」とか、「ホンダ・モンキー125」とか。

東京モーターショー2011のトヨタブースの様子。『ドラえもん』ワールド全開の展示が賛否両論を呼んだ。
東京モーターショー2011のトヨタブースの様子。『ドラえもん』ワールド全開の展示が賛否両論を呼んだ。拡大
記者に、モーターショーにおける“魅力的な展示”のパワーを見せつけた現行型「ジープ・ラングラー」。2017年のロサンゼルスモーターショーにて。
記者に、モーターショーにおける“魅力的な展示”のパワーを見せつけた現行型「ジープ・ラングラー」。2017年のロサンゼルスモーターショーにて。拡大
東京モーターショー2017で世界初公開され、会場の話題をさらった「カワサキZ900RS」。
東京モーターショー2017で世界初公開され、会場の話題をさらった「カワサキZ900RS」。拡大
東京モーターショー2017のもう1台の主役といえば「ホンダ・モンキー125」。「スーパーカブC125」も大いに話題を集めた。
東京モーターショー2017のもう1台の主役といえば「ホンダ・モンキー125」。「スーパーカブC125」も大いに話題を集めた。拡大

日本の自動車産業のパワーはこんなもんじゃないはず

結局のところ、“魅力的な展示を集める”というショーの本分についても、イマイチ主催者の本気を感じられないのが東京モーターショーの現状なのだと思う。

なにせ、日系メーカーの中ですら「なんで○○の発表を東京モーターショーにしてくれなかったの?」という例が少なくない。コネクテッドでオートノマスでエレクトリックなコンセプトカーも結構だけど、それだけじゃおなかがすくわ。世界初公開のニューモデルや、市販化前提のガチのコンセプトカーなど、ワタシたちが身銭を切れる(かもしれない)夢を、もっともっと見せておくれ。自分たちが見せたいものをお仕着せ的に見せるのでなく、来場者が見たいと思うものを用意してほしい。海外のメーカーから集められないのなら、自前でやるしかない。そもそも皆、来場者の目を奪えるブツを持っているじゃないの。

2017年の東京モーターショーに「ジムニー」のプロトタイプを持ってこなかったスズキさん(ベアシャシーだけでもよかったのに……)、今年こそデカい花火を期待してますよ。そして、ホンダさんにはぜひ「ホンダジェット」を持ってきてほしい。なに? ホンダジェットはクルマじゃない? 細かいことは言いっこなしよ。海外のモーターショーでも“空飛ぶ自動車”がバンバン出展されてるじゃない。それに、「アジア圏を舞台にした、広範なモビリティーがテーマのモーターショー」、そんな未来像を夢見るのも悪くはないでしょう?

東京モーターショー2017におけるトヨタブースの様子。モビリティーの未来を示すコンセプトカーを否定するつもりは(あまり)ないのだが、どれも似たり寄ったりだし、いまひとつ心がときめかないのはワタシだけ?
東京モーターショー2017におけるトヨタブースの様子。モビリティーの未来を示すコンセプトカーを否定するつもりは(あまり)ないのだが、どれも似たり寄ったりだし、いまひとつ心がときめかないのはワタシだけ?拡大
2018年のギョーカイの話題をさらった、現行型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。タイミング的に難しかったのは重々承知していますが、20年に1度の吉事なんだし、ぜひ東京モーターショーでコンセプトカーなりプロトタイプなりを見せてほしかった……。
2018年のギョーカイの話題をさらった、現行型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。タイミング的に難しかったのは重々承知していますが、20年に1度の吉事なんだし、ぜひ東京モーターショーでコンセプトカーなりプロトタイプなりを見せてほしかった……。拡大
いよいよ日本でも販売が開始された「ホンダジェット」。もし東京モーターショーに出展されたら、盛り上がると思いませんか!?
いよいよ日本でも販売が開始された「ホンダジェット」。もし東京モーターショーに出展されたら、盛り上がると思いませんか!?拡大

大事なのはアナタのやる気

ここまで、およそ2800文字にわたってひとり勝手に怪気炎を吐かせていただいたが、いまさら頭を冷やしてみると、そもそも“メーカー主体の自動車ショー”が世界的に岐路に立つ中で、主催団体の自工会は東京モーターショーをどうしたいのだろう? 現状でホントに納得してんのかね?

トヨタ、日産、ホンダ……と巨大メーカーが軒を連ねる日本の自動車産業は、世界的にも決してプレゼンスが低い訳ではない。海外サプライヤーの動向を見ても、ボッシュやミシュランなどの古株は言うまでもなく、近年ではネクセンやコンチネンタルタイヤといった面々も“おひざ元・ニッポン”での売り込みに力を入れている。2年に1度、そうした方面に自らの指針を発信する場として、東京モーターショーの役割は小さくないはずだ。また、日本車が非常に高いシェアを占め、現地生産も進んでいるインドや東南アジアの人も、日系メーカーの動向には興味があるはず。そうした地域の来場者に、より門戸を開くのもアリかもしれない。日本のショーではなく、東南アジアや南アジアのショーになればいいと思う。

いずれにしても、重要なのは畢竟(ひっきょう)自工会のビジョンと根性だ。最後にまた山口氏のコラムを引用させていただくと、「意志をもって行動できる旗振り役が、ショーの存在を高める上でいかに重要か。それは、デトロイトでも東京でも変わらない」である。

最後まで偉大なる先達(せんだつ)の言葉を借りてしまい、申し訳ありません。

(文=webCG ほった/写真=webCG、本田技研工業/編集=堀田剛資)

東京モーターショー2017の説明会において、イベントの概要や目的を説明する日本自動車工業会会長(当時)の西川廣人氏。ちなみに現在は、トヨタ自動車の豊田章男社長が自工会の会長を務めている。
東京モーターショー2017の説明会において、イベントの概要や目的を説明する日本自動車工業会会長(当時)の西川廣人氏。ちなみに現在は、トヨタ自動車の豊田章男社長が自工会の会長を務めている。拡大
2016年11月に豊田通商とのジョイントベンチャーで正規輸入代理店を立ち上げ、本格的な日本市場参入を開始したネクセンタイヤ。韓国第3のタイヤメーカーだ。
2016年11月に豊田通商とのジョイントベンチャーで正規輸入代理店を立ち上げ、本格的な日本市場参入を開始したネクセンタイヤ。韓国第3のタイヤメーカーだ。拡大
2019年の東京モーターショーは、10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイトを中心とした臨海副都心エリアで開催される。
2019年の東京モーターショーは、10月24日から11月4日まで、東京ビッグサイトを中心とした臨海副都心エリアで開催される。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。