第42回:ウインカーの誕生と発展
進化する自動車のコミュニケーション

2019.02.07 自動車ヒストリー ドライバーの手信号から「腕木式」の方向指示器、そして電気式の点滅式方向指示器へ。自動車とともに進化を続けたウインカーの歴史を振り返るとともに、方向指示器の新しい役割や新時代の通信技術を通し、「自動車のコミュニケーション」のこれからを考えた。

ドライバーの手信号から始まった

アメリカのゼネラルモーターズが初めて電気式の点滅式方向指示器を採用したのは1938年。ビュイックに取り付けられた「Flash-Way Directional Signal」で、1940年までにセルフキャンセリングシステムを追加するなどして実用性を改善していく。スプリングやカムを使った機構で、現在使われているウインカーと基本的に同じといっていいものだった。

初めて自動車に方向指示器が装備されたのは、もっと前のことである。自動車の数が少ない時期は、動く方向を示す必要はなかったが、台数が増えてボディーが大型化すると事情が変わってくる。スピードも増して、進路をまわりに知らせなければ危険が生じるようになったのだ。最初はドライバーが手信号によって進路を知らせていたが、後にボディーサイドに可動式の表示器を設置する方法が考案された。

それは鉄道信号機の構造を応用したもので、「腕木式」あるいは「矢羽式」と呼ばれている。進路変更時には、通常時は格納されているアームを飛び出させることで車両の進路を示す。ケーブルを介して操作し、離すと重力によって元に戻る仕組みだった。

電気式ヘッドライトが使われるようになると、アームの中にも電球を入れる方式が誕生する。視認性が向上し、夜間でも使用できるようになった。電気は腕木の動作にも用いられるようになり、モーターや電磁アクチュエーターなどによる自動化が進んでいく。

「腕木式」や「矢羽式」と呼ばれた方向指示器。アームに電球が仕込まれたり、作動が機械式となったりと、さまざまな改良が行われた。


	「腕木式」や「矢羽式」と呼ばれた方向指示器。アームに電球が仕込まれたり、作動が機械式となったりと、さまざまな改良が行われた。
	拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事