クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第566回:ブランドの差別化に電動化……
「プジョーのいまとこれから」をトップに聞く

2019.03.30 エディターから一言
新型「プジョー508」と、オートモビル・プジョーのCEOを務めるジャン=フィリップ・アンパラト氏。
新型「プジョー508」と、オートモビル・プジョーのCEOを務めるジャン=フィリップ・アンパラト氏。拡大

プジョーのフラッグシップ「508」の日本上陸に合わせて、オートモビル・プジョーのCEOにしてグループPSA執行委員であるジャン=フィリップ・アンパラト氏が来日。発表会に続くインタビューの場で、新型508やプジョーブランドのこれからについて質問した。

2代目となる新型「508」は、2018年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。それから1年がたち、日本国内での販売が開始された。
2代目となる新型「508」は、2018年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。それから1年がたち、日本国内での販売が開始された。拡大
これまでの4ドアセダンから、バックドアを持つ4ドアサルーンへと姿を変えた「508」。プジョーではそのスタイルを“4ドアファストバック”と呼んでいる。
これまでの4ドアセダンから、バックドアを持つ4ドアサルーンへと姿を変えた「508」。プジョーではそのスタイルを“4ドアファストバック”と呼んでいる。拡大
「新型『508』の価格設定は、決して安くはありませんよ」とアンパラト氏。日本市場でのスタート価格は417万円となっている。
「新型『508』の価格設定は、決して安くはありませんよ」とアンパラト氏。日本市場でのスタート価格は417万円となっている。拡大

大切なのは「数年後の価値」

――新型プジョー508の品質が高いことに感銘を受けました。その割に価格がリーズナブルです。戦略的な設定でしょうか?

ジャン=フィリップ・アンパラト(以下、アンパラト):プジョー508のプロジェクトが始まったとき、われわれはキーとなるDNAを失いたくないと考えました。

ひとつは「デザインファースト」。508に用いられたファストバックスタイルは、市場で好意的に受け止められています。長い歴史を持つ自動車メーカーとして、ロードハンドリングのよさもDNAのひとつです。私自身、開発エンジニアたちに、ハンドリングに関しては「どんどん限界を超えろ」と発破をかけました。新しい508は、自動車業界における「ひとつのベンチマークになったのでは」と自負しております。ジャーナリストの人たち、お客さまがたには、とにかく「乗って」いただきたい。

価格に関しては、「安い」とは考えていません。ちょっと「残余価値」について話をさせてください。例えば英国。ここはリースの市場です。3年、4年、5年後の、クルマの価値が重要です。プジョー車に関しては、5、6年前と比較して、10~15%も上がっている。残余価値を守ることが、ブランドの信用につながるのです。一方で、販売時に大きな値引きはしない。この戦略は、最も優れたものではないかもしれませんが、過去5年間、素晴らしいフィードバックを返しています。

プジョー 508 の中古車

セダンは再び注目される

――PSAグループには、プジョーのほかに、シトロエン、DSといったブランドがあり、さらに最近ではオペル(ヴォクゾール)も加わりました。グループ内の、プジョーブランドの(独自性を貫くための)方向性についてお話しください。

アンパラト:ニューモデルを開発する際に、ガイドラインを設けています。ひとつは、「デザインに手を出すな」。提案されたデザインは、守られなければなりません。プジョーライオンの輝くシグニチャーを際立たせることも重要です。

2つ目は、新世代のインストゥルメントパネルたる「i-Cockpit(アイコックピット)」です。ニューモデルをリリースするたびに、アイコックピットも進化します。数年後には、自動運転に結びつくことでしょう。アイコックピットは、未来への予兆なのです。

3つ目は「シンプルな選択」です。お客さまは、自由にパワートレインを選びたいもの。国、都市、規制に応じて、最適なパワートレインをセレクトできるようにします。ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッド(PHV)、そして燃料電池車(FCV)も出てくることでしょう。パワートレインはさまざまです。しかし、それぞれを搭載するプジョー車は同じものです。

――展示された508のシートに座ってみました。インテリアは素晴らしいですが、リアシートは少々狭く感じられました。居住性について、どのように考えられていますか?

アンパラト:508はデザインファーストで開発されたクルマですからね。その結果として、ファストバックスタイルがあります。居住性については「誰が運転するのか?」を考える必要があるでしょう。大人数の家族連れのためのクルマなら、ステーションワゴン。ステータスとして運転するならセダンです。世界的にDセグメントのセダン市場は縮小していますが、その中でもファストバックは安定している。(需要があるので)売れ続けているのです。

私個人としては、ステーションワゴンが好きです。家族と休日を過ごすときはステーションワゴン。ひとりのときはセダンです。今後、CO2の排出規制はますます厳しくなります。CO2の排出を、従来の125gから95gに減らさなければならない。いまはSUVやミニバンが人気ですが、燃費、デザインの面から、再びセダンが脚光を浴びることでしょう。

フロント両サイドに見られるライトのデザイン処理が、ライオンの牙を思わせる。
フロント両サイドに見られるライトのデザイン処理が、ライオンの牙を思わせる。拡大
会見の中で、プジョーのデザインの重要性を強調したアンパラト氏。個人的にはワゴンスタイルのクルマを好むという。
会見の中で、プジョーのデザインの重要性を強調したアンパラト氏。個人的にはワゴンスタイルのクルマを好むという。拡大
インテリアの様子。メーターパネルとヘッドアップディスプレイ、センターコンソールのタッチスクリーンなどで先進的なコックピット「i-Cockpit」が構成されている。
インテリアの様子。メーターパネルとヘッドアップディスプレイ、センターコンソールのタッチスクリーンなどで先進的なコックピット「i-Cockpit」が構成されている。拡大
上端と下端が平らなステアリングホイール。そのリムよりも上から見るメーターパネルも特徴的。
上端と下端が平らなステアリングホイール。そのリムよりも上から見るメーターパネルも特徴的。拡大
リアのラゲッジスペース。開口部の大きなバックドアが与えられている。
リアのラゲッジスペース。開口部の大きなバックドアが与えられている。拡大

ドイツ車にはないものを感じてほしい

――都市型SUV用の、または高性能セダンの付加価値としての四輪駆動システムについて、どうお考えですか?

アンパラト:今年2019年の終わりまでに、四輪駆動のクルマを出す予定です。具体的には、「308プラグインハイブリッド」に、e-AWDを搭載します。CO2の排出を抑えられる燃費のいいクルマです。1年後には、508のPHVバージョンが加わり、これも駆動方式にe-AWDを採用します。現在はクルマの電動化、EVへの移行が進行中で、歴史的にも大きな変動期です。プジョーにとって素晴らしい時期だと、ポジティブに捉えています。

――内外ともデザインは個性的です。では、ドライブフィールに「プジョーらしさ」はありますか? 最近のフランス車は、ドイツ車のドライブフィールに近づいているように感じられますが?

アンパラト:ドイツのブランドと比べられるのは、恥ずかしいことではありません。プジョーは「ラテン系のドイツ車」と言っていいのではないでしょうか。冗談ですがね。

ぜひ508を試乗してみてください。(フォルクスワーゲンの)「パサート」にも乗ってみてください。できたら都市部ではなく、山岳路がいい。ハンドリング、アイコックピットのダイレクトビジョン。ドイツ車には感じられないものがあるはずです。小径のステアリングホイールが、また違いを生み出している。ダイレクトなロードハンドリングは、プジョーのDNAなのです。

新型「508」は、足まわりに電子制御エアサスペンションを採用。しなやかな乗り心地を実現したという。(写真=プジョー・シトロエン・ジャポン)
新型「508」は、足まわりに電子制御エアサスペンションを採用。しなやかな乗り心地を実現したという。(写真=プジョー・シトロエン・ジャポン)拡大
「508 GTライン」のシート。独特なパターンのステッチが個性を主張する。
「508 GTライン」のシート。独特なパターンのステッチが個性を主張する。拡大
1.6リッターの直4ガソリンターボエンジンは、最高出力180ps、最大トルク250Nmを発生する。
1.6リッターの直4ガソリンターボエンジンは、最高出力180ps、最大トルク250Nmを発生する。拡大
「実際に運転してみれば、ドイツ車とは違ったプジョーならではの走りのよさがわかるはず」とアンパラト氏。
「実際に運転してみれば、ドイツ車とは違ったプジョーならではの走りのよさがわかるはず」とアンパラト氏。拡大

パワーユニットはユーザー次第

――電動モデルについて。大型車のEV化を図るメーカーが多い中で、プジョーはコンパクトな「208」から電動バージョンを発表しました。その理由を教えてください。

アンパラト:CO2の排出量をはじめ、規制は厳しくなる一方です。自動車メーカーは、自社のクルマをEVに切り替えていかないと未来はない。(2019年3月の)ジュネーブモーターショーで発表したように、プジョーでは今後、すべてのモデルを電動化していきます。その一方で、お客さまは、自分が欲しいパワートレインを選べるのです。

当面はエネルギーミックスを考慮する状況が続く中、果たして10万ユーロ(約1250万円)のEVを買える人が、どれだけいるでしょうか? われわれは実際にクルマを販売したい。そのために、208からEV化を始めたのです。自動車メーカーとして、利益と環境汚染をトレードオフすることは許されません。と同時に、お客さまが必要とするクルマを市場に出さなければならないのです。

――自社ラインナップの電動化を進める一方、ディーゼルエンジンについてはどうお考えですか?

アンパラト:エネルギーミックスの話ですね。5年前、プジョーでは60%がディーゼル、40%がガソリンでした。現在は、入れ替わって、40%がディーゼル、60%がガソリンになりました。もちろん、国によって比率は変わります。

PSAのパワートレインの戦略はシンプルです。電動化を進めていくし、ガソリン、ディーゼルエンジンの開発をやめるわけではない。サポートも続けます。「商用車はディーゼルでなければ」という市場があります。最終的には、消費者が決定を下すのです。「ディーゼルはもういらない」となるまで続けます。

(文=青木禎之/写真=webCG/編集=関 顕也)
 

新型「508」の発表会で、プジョーのいまについて語るアンパラト氏。同ブランドは2018年に、世界で前年比2.4%増しとなる174万0283台を販売。その好調ぶりがアピールされる。
新型「508」の発表会で、プジョーのいまについて語るアンパラト氏。同ブランドは2018年に、世界で前年比2.4%増しとなる174万0283台を販売。その好調ぶりがアピールされる。拡大
「508」のラインナップには、現在のガソリン車とディーゼル車に加えて、プラグインハイブリッド車も加わる見込み。
「508」のラインナップには、現在のガソリン車とディーゼル車に加えて、プラグインハイブリッド車も加わる見込み。拡大
こちらは2リッターのディーゼルユニット。ガソリンエンジンよりも150Nm増しとなる最大トルク400Nmを発生する。WLTCモードの燃費値は16.9km/リッター。
こちらは2リッターのディーゼルユニット。ガソリンエンジンよりも150Nm増しとなる最大トルク400Nmを発生する。WLTCモードの燃費値は16.9km/リッター。拡大
2019年夏には、ステーションワゴン版である「508SW」の国内販売も開始される見込みだ。
2019年夏には、ステーションワゴン版である「508SW」の国内販売も開始される見込みだ。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

プジョー 508 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。