第566回:ブランドの差別化に電動化……
「プジョーのいまとこれから」をトップに聞く

2019.03.30 エディターから一言
新型「プジョー508」と、オートモビル・プジョーのCEOを務めるジャン=フィリップ・アンパラト氏。
新型「プジョー508」と、オートモビル・プジョーのCEOを務めるジャン=フィリップ・アンパラト氏。拡大

プジョーのフラッグシップ「508」の日本上陸に合わせて、オートモビル・プジョーのCEOにしてグループPSA執行委員であるジャン=フィリップ・アンパラト氏が来日。発表会に続くインタビューの場で、新型508やプジョーブランドのこれからについて質問した。

2代目となる新型「508」は、2018年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。それから1年がたち、日本国内での販売が開始された。
2代目となる新型「508」は、2018年3月のジュネーブモーターショーでデビュー。それから1年がたち、日本国内での販売が開始された。拡大
これまでの4ドアセダンから、バックドアを持つ4ドアサルーンへと姿を変えた「508」。プジョーではそのスタイルを“4ドアファストバック”と呼んでいる。
これまでの4ドアセダンから、バックドアを持つ4ドアサルーンへと姿を変えた「508」。プジョーではそのスタイルを“4ドアファストバック”と呼んでいる。拡大
「新型『508』の価格設定は、決して安くはありませんよ」とアンパラト氏。日本市場でのスタート価格は417万円となっている。
「新型『508』の価格設定は、決して安くはありませんよ」とアンパラト氏。日本市場でのスタート価格は417万円となっている。拡大

大切なのは「数年後の価値」

――新型プジョー508の品質が高いことに感銘を受けました。その割に価格がリーズナブルです。戦略的な設定でしょうか?

ジャン=フィリップ・アンパラト(以下、アンパラト):プジョー508のプロジェクトが始まったとき、われわれはキーとなるDNAを失いたくないと考えました。

ひとつは「デザインファースト」。508に用いられたファストバックスタイルは、市場で好意的に受け止められています。長い歴史を持つ自動車メーカーとして、ロードハンドリングのよさもDNAのひとつです。私自身、開発エンジニアたちに、ハンドリングに関しては「どんどん限界を超えろ」と発破をかけました。新しい508は、自動車業界における「ひとつのベンチマークになったのでは」と自負しております。ジャーナリストの人たち、お客さまがたには、とにかく「乗って」いただきたい。

価格に関しては、「安い」とは考えていません。ちょっと「残余価値」について話をさせてください。例えば英国。ここはリースの市場です。3年、4年、5年後の、クルマの価値が重要です。プジョー車に関しては、5、6年前と比較して、10~15%も上がっている。残余価値を守ることが、ブランドの信用につながるのです。一方で、販売時に大きな値引きはしない。この戦略は、最も優れたものではないかもしれませんが、過去5年間、素晴らしいフィードバックを返しています。

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る