第59回:社会主義と東欧自動車史
計画経済が招いた停滞と資本主義の衝撃

2019.10.03 自動車ヒストリー 第2次世界大戦の終結からソビエト連邦解体まで、鉄のカーテンの向こうに存在し続けた共産主義社会。そこにはどのような自動車メーカーが存在し、どのようなクルマが生産されていたのか? 資本主義の波に飲まれた東欧の自動車史を紹介する。

ソ連の人工衛星を祝うクルマ

冷戦下の1957年、ソビエト連邦は人工衛星スプートニクを打ち上げ、世界で初めて地球周回軌道への投入を成功させる。アメリカとの開発競争に勝利し、優秀な科学技術力を誇示したのだ。人工衛星の技術は大陸間弾道ミサイルに転用可能であり、スプートニクが与えたショックは大きかった。盤石と思われていたアメリカの絶対優位が崩れてしまったのである。

同じ年、東ドイツで「トラバント」という名の小型大衆車が誕生する。車名はロシア語で「仲間」を意味するスプートニクを、そのままドイツ語に翻訳して命名したものだった。ソ連の人工衛星打ち上げを祝し、東側の勝利を誇らしげに宣言したのだ。翌1958年から本格的に販売され、手に入れるためには10年待たなければならないというほどの人気を博す。

しかし、皮肉なことに、このクルマが示したのは社会主義の優秀性ではなかった。国家主導の宇宙開発とは違い、民生技術である自動車では西側にはるかに後れをとっていることが、このクルマで白日の下にさらされてしまう。

西側では1955年に未来的な「シトロエンDS」が発表されていて、1959年にはBMCの「Mini」が誕生する。アメリカでは巨大なテールフィンを備えた豪華な大型車が毎年のようにモデルチェンジを繰り返していた。そこに現れた東欧の最新モデルは、デザインがぱっとしない上にパワートレインが貧弱だった。

全長3.5m、全幅1.5mほどのコンパクトな2ドアセダンで、0.5リッターの2ストローク直列2気筒空冷エンジンを横置きに搭載。駆動方式はFFで、一応、四輪独立懸架を採用していた。FRP製のボディーは軽量で、わずか600kgほどである。

ソビエトは1957年10月4日に、世界初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功。1961年には有人宇宙飛行も成功させるなど、宇宙開発でアメリカをリードした。
ソビエトは1957年10月4日に、世界初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功。1961年には有人宇宙飛行も成功させるなど、宇宙開発でアメリカをリードした。拡大
1958年に登場した「トラバントP50」。元アウトウニオンのホルヒ工場を母体とする、VEBザクセンリンクで生産された。1962年に改良が加えられ、600ccエンジンの「P60」となる。
1958年に登場した「トラバントP50」。元アウトウニオンのホルヒ工場を母体とする、VEBザクセンリンクで生産された。1962年に改良が加えられ、600ccエンジンの「P60」となる。拡大
「トラバント」発表の2年前、1955年に登場した「シトロエンDS」。空力的なボディー形状やハイドロニューマチックサスペンションなど、随所に革新的な技術が盛り込まれていた。
「トラバント」発表の2年前、1955年に登場した「シトロエンDS」。空力的なボディー形状やハイドロニューマチックサスペンションなど、随所に革新的な技術が盛り込まれていた。拡大
1950年代、アメリカではメッキとテールフィンで着飾ったきらびやかなクルマが、街を行き来していた。写真は1958年型「ビュイック・スーパー リヴィエラ クーペ」。
1950年代、アメリカではメッキとテールフィンで着飾ったきらびやかなクルマが、街を行き来していた。写真は1958年型「ビュイック・スーパー リヴィエラ クーペ」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事