第75回:1000万台グループへの挑戦
生き残りをかけた自動車メーカーの合従連衡

2020.05.21 自動車ヒストリー 1998年のダイムラークライスラー誕生以降も、今日まで間断なく続けられる自動車メーカーの再編劇。かつての“400万台クラブ”から“1000万台クラブ”へ。海を越えた自動車グループの誕生と解体、そしてさらなる巨大グループの出現へと続く合従連衡の歴史を振り返る。

ジャック・ナッサーの予言

1999年、当時フォードの社長だったジャック・ナッサーは、東京モーターショーを前にして自動車業界の展望を語った。

「21世紀に生き残れるメーカーは、フォード、GM、ダイムラークライスラー、トヨタ、それとフォルクスワーゲンだろう。ルノー・日産連合は不透明でなんとも言えない」

当時、世界中で自動車メーカーの合従連衡が行われていた。経済のグローバル化が進み、企業規模を大きくしなければ競争に勝てないと考えられていたのである。

その頃よく話題になったのが、“400万台クラブ”という言葉である。生き残れるかどうかの分かれ目は、年間400万台の生産台数を確保できるかどうかだというのだ。大衆車から高級車までフルラインナップをそろえ、増大する研究開発費を負担するためには、このくらいの規模が必要だと信じられていた。

各メーカーが400万台クラブに入ることを目指したわけだが、この数字に根拠があるわけではない。ジャック・ナッサーも、先の発言に続いてこう言っている。

「あと残るとすればBMWとホンダだろう。なにしろこの2社には強いブランド力がある」

自動車メーカーの力は規模だけで決まるのではないと、ナッサーも考えていた。

自動車会社が提携したり合併したりするのは珍しいことではなく、古くから間断なく行われていた。ガソリン自動車の誕生に関わったベンツとダイムラーは、1926年に合併してダイムラー・ベンツとなった。イギリスではモーリス、オースチン、ライレーなどが合併してBMCとなり、さらにローバーやレイランドなどを加えてBLMCが生まれている(参照)。アメリカのゼネラルモーターズ(GM)は、ビュイックを中心にオールズモビル、キャデラック、オークランドなどが集合したメーカーである。

1990年代は経済のグローバル化が急速に進んだ時期だった。1991年にはソビエト連邦が消滅し、1995年には中国がWTOに加盟を申請。1999年には欧州で統一通貨ユーロが導入され、欧州中央銀行を中心とした巨大経済圏が誕生している。
1990年代は経済のグローバル化が急速に進んだ時期だった。1991年にはソビエト連邦が消滅し、1995年には中国がWTOに加盟を申請。1999年には欧州で統一通貨ユーロが導入され、欧州中央銀行を中心とした巨大経済圏が誕生している。拡大
ダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフトとベンツ&シーの合弁証明書。両社は第1次世界大戦後の不況のあおりを受け、1926年に合併。ダイムラー・ベンツが誕生した。
ダイムラー・モトーレン・ゲゼルシャフトとベンツ&シーの合弁証明書。両社は第1次世界大戦後の不況のあおりを受け、1926年に合併。ダイムラー・ベンツが誕生した。拡大
1926年時点における、GM傘下の自動車ブランド。GMはビュイックの社長だったウィリアム・デュラントが起こした持ち株会社であり、他社の買収を繰り返すことで巨大自動車グループとしての素地が築かれた。
1926年時点における、GM傘下の自動車ブランド。GMはビュイックの社長だったウィリアム・デュラントが起こした持ち株会社であり、他社の買収を繰り返すことで巨大自動車グループとしての素地が築かれた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事