第78回:サスペンションの進化と発展
速さと快適さの両立を求めて

2020.07.02 自動車ヒストリー 自動車の運動性能と乗り心地を支える“縁の下の力持ち”であるサスペンション。ボディーとタイヤの間をつなぎ、車両を支持するこの機構はどのような発展を遂げてきたのか? 自動車の誕生以前から進化を続けてきた、懸架装置の歴史を振り返る。

馬車から受け継がれた自動車の懸架装置

1926年にダイムラーとベンツが合併し、世界最古の自動車メーカー2社が合同するという強力な体制が発足した。技術部長はフェルディナント・ポルシェ博士で、次々に先進的なモデルをつくり出していく。「SS」や「SSK」はパワフルなエンジンと低く構えたスポーティーなシャシーを持ち、ヨーロッパ各地のレースで輝かしい成績を残した。

それに比べると、ポルシェ博士が去った後の1931年に発表された「メルセデス・ベンツ170」は、地味な印象かもしれない。直列6気筒のサイドバルブエンジンは1692ccという控えめなもので、出力は32馬力だった。ごく生真面目なサルーンであり、デザイン的にも斬新さや華麗さを認めることは困難だ。それでも、メルセデス・ベンツ170は、自動車史に名を残すモデルとなった。量産車として、世界で初めて四輪独立懸架を採用したからである。

自動車は、馬車に代わるものとして構想された。ゴットリープ・ダイムラーが最初につくった四輪自動車は、シュトゥットガルトのヴィンプフ・ウント・ゾーン社に発注した馬車を改造したもので、後席の床に穴を開けてエンジンを据え付けていた。動力は馬から内燃機関に代えられたが、その他の部分は変更されることなく使われていたのだ。4つの車輪が地面をとらえて走行するという方式は同じであり、前輪に原始的な操舵(そうだ)装置が取り付けられたにすぎない。

馬車の歴史は古く、紀元前数千年の古代遺跡にもその存在の痕跡が認められる。人や荷物を運搬するのに有用だったが、人々を悩ませたのは乗り心地だった。平滑な路面ならば車輪を使うとスムーズに移動できるが、悪路ではそうはいかない。人が脚の関節を使って衝撃を吸収しながら動くのに対し、車輪は路面の障害を踏み越えた時の衝撃をそのまま伝えて乗員を苦しめるのだ。長時間振動にさらされていると、座っているだけでも疲労してしまう。

ようやく改良が施されたのは、近代になってからである。鎖で座席をつり下げる形の馬車が登場し、さらにバネで車体を支える方式が取り入れられた。これがそのまま自動車に採用されたのは自然な成り行きだろう。ダイムラーの四輪車も、板バネによって車軸が支えられているのがわかる。

1931年から1936年にかけて生産された「メルセデス・ベンツ170(W15)」。当時のダイムラー・ベンツの中級車種で、コンバーチブルや商用バンなども用意された。
1931年から1936年にかけて生産された「メルセデス・ベンツ170(W15)」。当時のダイムラー・ベンツの中級車種で、コンバーチブルや商用バンなども用意された。拡大
「メルセデス・ベンツ170」のランニングシャシー。同車は世界で初めて四輪独立懸架を採用した量販モデルだった。
「メルセデス・ベンツ170」のランニングシャシー。同車は世界で初めて四輪独立懸架を採用した量販モデルだった。拡大
ゴットリープ・ダイムラーが製作した初めての四輪自動車(1886年)。馬車に出力0.8kW(1.1馬力)のガソリンエンジンを搭載したものだった。
ゴットリープ・ダイムラーが製作した初めての四輪自動車(1886年)。馬車に出力0.8kW(1.1馬力)のガソリンエンジンを搭載したものだった。拡大
ダイムラー初の四輪自動車に搭載されたガソリンエンジンと、リアの足まわり。サスペンションは車軸と車体をリーフスプリング(板バネ)でつないだだけの、非常にシンプルなものだった。
ダイムラー初の四輪自動車に搭載されたガソリンエンジンと、リアの足まわり。サスペンションは車軸と車体をリーフスプリング(板バネ)でつないだだけの、非常にシンプルなものだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事