ランボルギーニ・ウラカンEVO(後編)

2020.11.01 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第6回は、「ランボルギーニ・ウラカンEVO」の試乗リポート後編。これまで数々のスーパーカーを乗り継いできたベテランに「このクルマを次期愛車候補にしたい」と言わしめた理由とは?

街なかをゆっくり走っても楽しい

漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサー、池沢早人師先生。箱根のワインディングロードでステアリングを握ったランボルギーニ・ウラカンEVOは、足まわりについてもエンジンに関しても絶賛の嵐。何かしらネガティブな部分はあるのか、それとも「すべてが大絶賛の対象」なのか? 話の続きをお聞きした。

前編で、先生は「ウラカンEVOは街なかや長距離でも苦にならないのでは」という意味のことをおっしゃっていましたが、本当にそうですか?
「うん、そう思いますよ。まずはこのクルマ、視界が非常にいいですし。斜め後ろはさすがにちょっと見づらいけど、それ以外の視界は“かなり良好”と評することができます」

確かに、われわれもそう思いました。
「あと足まわりは、前編で言ったとおり992型『ポルシェ911カレラ』と比べるなら、それはあちらの足のほうがしなやかで快適ですよ。そしてこちらウラカンは2シーターですが、あちら911は2+2だから何かと便利ですし」

ですよね。
「しかしウラカンEVOは、ミドシップ2シーターならではのストイックさというかぜいたくさというか、その分だけクルマ好きを“そそる”要素があるんですよ。だから街なかをゆっくり走ったとしても楽しいし、長距離を走っても“退屈”しないで済むはずなんです。そういった意味でウラカンEVOは、さすがに911ほどではないにせよ、意外とオールラウンダーなんじゃないかと僕は思いますね」

要するに「ランボルギーニ ウラカンEVOとは、非常に完成度が高いクルマである」というのが先生の意見であると理解してOKですか?
「間違いないですね、かなりの高次元にある市販車だと思いますよ。ランボルギーニって『ムルシエラゴ』までは正直、世代によって出来不出来があったと思っています。僕はそれを長いこと見てきましたが、ウラカンは、そして特に今回のEVOは非常に完成度が高い世代だと思いますね」

池沢早人師先生がステアリングを握る「ランボルギーニ・ウラカンEVO」のワインディングロード走行シーン。640PSに進化したV10エンジンや意のままに操れるハンドリングが魅力だと語った。
池沢早人師先生がステアリングを握る「ランボルギーニ・ウラカンEVO」のワインディングロード走行シーン。640PSに進化したV10エンジンや意のままに操れるハンドリングが魅力だと語った。拡大
新しいV10エンジンは、最高出力640PS、最大トルク600N・mを発生する。「回転の上がり方とパンチ力、そして豪快なサウンドが最高」と評価。「今のうちに味わっておくべきエンジンのひとつ」だと言う。
新しいV10エンジンは、最高出力640PS、最大トルク600N・mを発生する。「回転の上がり方とパンチ力、そして豪快なサウンドが最高」と評価。「今のうちに味わっておくべきエンジンのひとつ」だと言う。拡大
【ランボルギーニ・ウラカンEVO】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1933×1165mm/ホイールベース:2620mm/車重:1422kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:640PS(470kW)/8000rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 90Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ)/燃費:13.7リッター/100km(約7.2km/リッター 欧州複合モード)/価格:3282万7601円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:227.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:48.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.7km/リッター(満タン法)/6.0km/リッター(車載燃費計計測値)
【ランボルギーニ・ウラカンEVO】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1933×1165mm/ホイールベース:2620mm/車重:1422kg(乾燥重量)/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:640PS(470kW)/8000rpm/最大トルク:600N・m(61.2kgf・m)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 90Y/(後)305/30ZR20 103Y(ピレリPゼロ)/燃費:13.7リッター/100km(約7.2km/リッター 欧州複合モード)/価格:3282万7601円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:227.5km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:48.0リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.7km/リッター(満タン法)/6.0km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD(MR/7AT)【試乗記】 2020.8.12 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカンEVO」に追加設定された後輪駆動モデル「RWD」に試乗。フロントの駆動機構や後輪操舵システムを取り外し軽量化された、イタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミドシップ+後輪駆動の走りやいかに?
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • マクラーレン720Sスパイダー(前編) 2021.2.21 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、F1マシン譲りのテクノロジーが注ぎ込まれた「マクラーレン720Sスパイダー」。最高出力720PSの4リッターV8ツインターボを搭載する、オープンスーパースポーツの印象は?
  • マクラーレンがV6ハイブリッド搭載の新型スポーツカー「アルトゥーラ」を発表 2021.2.17 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を、オンラインで発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載している。
ホームへ戻る