第688回:失って1年で気づいたモーターショーの大切さ

2021.01.07 マッキナ あらモーダ!

ショーが離れていった

元号とは縁遠いイタリア生活だが、気がつけば令和も3年である。

日本のメディアでは引き続き「若者の○○離れ」といった企画でにぎわっている。

該当する業界には、収益の減少や関連産業の衰退といった由々しき問題が起こるのも事実だ。だが「離れ」の内容は、酒やタバコ、テレビ、ゲーム、ゴルフ、ギャンブル、カラオケ……と、筆者個人としてはなくても困らないものが大半である。新型コロナ以前から居酒屋離れも一部で起きていると聞いた。学生時代から多人数で集い、用もなく酒を飲むのが苦手で、社会人になってからも忘年会の良心的参加拒否を繰り返していた筆者である。「時代が自身に追いついた」と勝手な解釈をしている。

ついでに言えば「クルマの運転」も、人から見てさっそうと操縦できなくなる前に“離れ”ようと今から決めている。

いっぽう昨2020年に筆者が意図することなく、向こうから離れていったものといえば、モーターショーであった。新型コロナウイルス感染対策のため、ジュネーブとパリのショーが開催中止となった。4月に予定されていた北京の場合は、10月に延期されると同時に、入場制限などを設けたうえでの開催となった。そのため国際ショーのムードは大幅に後退し、筆者もついぞ行けなかった。

モーターショーだけではない。日本でも同様の動きがあるとおり、ヨーロッパでもクルマの売り方が変化した。新しく登場した代表的なものがインターネットを通じた販売である。

シエナ市内にあるルノー販売店で2020年12月に撮影。ダミーのナンバープレートまで「楽しいフェスタを」に替えられている。
シエナ市内にあるルノー販売店で2020年12月に撮影。ダミーのナンバープレートまで「楽しいフェスタを」に替えられている。拡大
室内側から。イタリアでは教会暦にしたがい、クリスマス飾りを年明けまでそのままにするのが一般的である。
室内側から。イタリアでは教会暦にしたがい、クリスマス飾りを年明けまでそのままにするのが一般的である。拡大
こうしたモーターショーにおけるプレスカンファレンスの風景も、今となっては懐かしい。2018年のジュネーブモーターショーにて。
こうしたモーターショーにおけるプレスカンファレンスの風景も、今となっては懐かしい。2018年のジュネーブモーターショーにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事