注目のモデルがめじろ押し!? 2021年に登場する新型車を大予想!

2021.01.11 デイリーコラム

東京モーターショーへ向けた各社の取り組みに期待

クルマ好きにとって年明け最初の楽しみであったカスタムカーの祭典「東京オートサロン2021」が中止となるなど、われわれの生活を一変させた新型コロナウイルス感染症の脅威は、いまだに出口が見えない状況だ。しかし、100年に一度といわれる大変革期を迎えている自動車は、その渦中にも着実な進歩を遂げている。先進的な運転支援技術や、環境負荷低減のために電動化技術を取り入れた新型車が、2020年にも続々と登場したことは記憶に新しい。もちろん、その流れは2021年も滞ることはない。そこで未来への前向きな思いも込め、今年デビューする新型車を大胆に予想してみた。

なかには、すでに正式発表や導入のスケジュールがアナウンスされているモデルもあるが、コロナ禍により遅延を余儀なくされる可能性は否定できない。実際、2020年に登場した車種でも、開発者からは「少なからずコロナの影響を受けた」という声が聞かれていた。一方で、今年は東京モーターショーが開催される年でもあり、各社がそこに照準を合わせて開発を進めていることは間違いない。プロトタイプを含め、さまざまな車種がお披露目されることに期待したい。

■トヨタは今年も注目車種が盛りだくさん

2025年をめどに車種を大幅削減する方針を打ち出しているトヨタだが、今年もしっかりと期待のニューモデルが控えている。まずはスバルとの共同開発車である「トヨタ86」だ。姉妹車の「スバルBRZ」は北米仕様が発表され、2021年秋の北米発売も予告されている。ただ86に関しては、現時点での動きはない。それどころか、BRZは現行型の生産・受注を終了しているが、86のほうはいまだに現行型を新車で注文可能なのだ。とはいえ、こうした状態もさすがに長く続くとは思えず、年内には新型86も公開されるだろう。

もう一台、動向が気になるのが、コンパクトハイブリッド車の「アクア」だ。「ヴィッツ」とはオーバーラップする部分もあったが、新顔の「ヤリス」とはユーテリティー面で差別化が図れている。今年で登場から丸10年を迎える古株だが、依然として販売台数は少なくない。その機能性と手ごろなサイズにファンも多いだけに、2代目もありそうだ。またトヨタの新たな世界戦略SUV「カローラ クロス」の日本導入のうわさもある。「ヤリス クロス」の好調を思えば、その可能性は十分に考えられるだろう。

いまだに猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。毎年初めの恒例行事、東京オートサロンも、今年は中止となってしまった。
いまだに猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。毎年初めの恒例行事、東京オートサロンも、今年は中止となってしまった。拡大
2021年は東京モーターショーが開催される年。ショーに向けた各社の準備と、それまでのコロナ禍の鎮静化に、期待したい。
2021年は東京モーターショーが開催される年。ショーに向けた各社の準備と、それまでのコロナ禍の鎮静化に、期待したい。拡大
手ごろなFRのスポーツカーとして定評のある「トヨタ86」。姉妹モデルの「スバルBRZ」は、すでに新型が発表されている。
手ごろなFRのスポーツカーとして定評のある「トヨタ86」。姉妹モデルの「スバルBRZ」は、すでに新型が発表されている。拡大
すでに“10年選手”の「トヨタ・アクア」だが、スペースユーティリティーに優れるコンパクトなハイブリッドカーとして、今も根強い人気を誇る。
すでに“10年選手”の「トヨタ・アクア」だが、スペースユーティリティーに優れるコンパクトなハイブリッドカーとして、今も根強い人気を誇る。拡大
2020年7月にタイで発表された「カローラ クロス」。昨今のコンパクトSUVの人気を思うと、日本導入の可能性もあるかもしれない。
2020年7月にタイで発表された「カローラ クロス」。昨今のコンパクトSUVの人気を思うと、日本導入の可能性もあるかもしれない。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事