第692回:“生きた化石”が生まれ変わる! ロシアの雄「ラーダ・ニーヴァ」に新型計画

2021.02.04 マッキナ あらモーダ!

ルノーによるロシア強化計画

グループ・ルノーが2021年1月14日、オンライン形式で経営戦略説明会を開催したことは、本サイトの自動車ニュース欄で既報のとおりだ。

大半のウオッチャーにとっては、往年の「ルノー5」をほうふつとさせる次世代電気自動車(EV)が最大の関心の的であったと思われる。しかし筆者自身は、その数倍引きつけられた発表がある。

あの「ラーダ・ニーヴァ」の新型が2024年、CセグメントのフルEVとして登場するというものだ。

「ちょっと待って、ラーダとルノーがどういう関係なの?」という読者のために、解説しておこう。

「LADA」とは、ロシアの乗用車製造大手であるアフトワズが持つ自動車ブランドである。

同社の起源は1964年に旧ソビエト連邦政府が伊フィアットと締結した合弁事業である。1966年、モスクワの東800kmにあり、現在も本社所在地であるサマラ州トリヤッチ市で工場建設が開始された。最初の製品は「フィアット124」を基にした1970年の「ラーダ2101」であった。

以来、今日までラーダの名を冠した数々の量産モデルがつくられてきたが、今回はラーダ・ニーヴァに話題を絞ろう。

ラーダ・ニーヴァは、アフトワズが1976年に投入したフルタイム4WD車である。当初はフィアット製をベースにした1.6リッターガソリンエンジンのみだったが、のちにプジョー系のディーゼルエンジンも加えられた。

そのアフトワズに最大の転機が訪れたのは2012年だった。

ルノー・日産アライアンス(現ルノー・日産・三菱アライアンス)が資本参加したのである。当時のカルロス・ゴーン会長による多極化戦略の一環であった。アライアンスのオランダ法人を通した出資比率は段階的に高められ、今日では筆頭株主となっている。

ただし、「Niva」の名称は、やや複雑な経緯をたどっている。ルノー進出以前である2001年にスタートしていた、ゼネラルモーターズ(GM)との合弁企業のGMアフトワズがその商標を取得していたからだ。加えて彼らは、まったく別の小型SUVに「シボレー・ニーヴァ」の名を冠した。そのためロシア国内では“元祖”のニーヴァを「ラーダ4×4」という新たな名称で販売せざるを得なくなった。

そうした状態が終焉(しゅうえん)を迎えたのは2019年のことだった。

アフトワズがGMから全株式を買い取ることにより、GMアフトワズが消滅。以来アフトワズの全業務はグループ・ルノーの統制下に入り、ニーヴァの名称も再び使えるようになった。

さらにグループ・ルノーは冒頭に書いた2021年1月の新経営戦略で、新しいビジネスユニットとして、ラーダブランドをグループ内の別ブランドであるダチアとともに統括することを発表した。

参考までにダチアは、欧州でルノー系販売チャンネルを通じて過去20年間で大きく飛躍したブランドである。ロシア向け車種はアフトワズ工場で製造され、ルノーブランドで国内販売されている。

新経営戦略とともに公開された「ラーダ・ニーヴァ コンセプト」は、こうした新時代ラーダの“のろし”といえる。

生産型にはダチアや日産、ルノーと共通の「CMF-Bプラットフォーム」を使用。それ以外の面でも、5年をかけてダチアとのシナジー効果を高める。さらに、CセグメントのコンパクトSUVの発表も予定されている。

グループ・ルノーは、ラーダに関して「世界的な影響力と競争力のある自動車ブランドに育て上げていく」と鼻息を荒くする。

「ラーダ・ニーヴァ コンセプト」のティーザー映像。2021年1月14日、グループ・ルノーの経営戦略説明会で公開された。
「ラーダ・ニーヴァ コンセプト」のティーザー映像。2021年1月14日、グループ・ルノーの経営戦略説明会で公開された。拡大
同時に公開された「ダチア・ビッグスター コンセプト」の映像。2024年に発表予定の新型「ラーダ・ニーヴァ」と「CMF-Bプラットフォーム」を共用する。
同時に公開された「ダチア・ビッグスター コンセプト」の映像。2024年に発表予定の新型「ラーダ・ニーヴァ」と「CMF-Bプラットフォーム」を共用する。拡大
ダチアの現行市販車種から。小型クロスオーバーの「サンデロ ステップウエイ」
ダチアの現行市販車種から。小型クロスオーバーの「サンデロ ステップウエイ」拡大
「ラーダ2101」を起源とする「ラーダ2015」。ブルガリアの車標付き車両を2005年にイタリアのシエナ県で撮影。
「ラーダ2101」を起源とする「ラーダ2015」。ブルガリアの車標付き車両を2005年にイタリアのシエナ県で撮影。拡大
「ラーダ・ニーヴァ」。2005年にシエナ旧市街で。
「ラーダ・ニーヴァ」。2005年にシエナ旧市街で。拡大
グループ・ルノーによってリファインされたロゴ。「LADA」とはスラブ語の小さなボートを、「Niva」はロシア語で畑を意味する。
グループ・ルノーによってリファインされたロゴ。「LADA」とはスラブ語の小さなボートを、「Niva」はロシア語で畑を意味する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事