クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第201回:俺のナロー

2021.03.01 カーマニア人間国宝への道

足グルマの買い替えを決意

カーマニアにとって、クルマを買うことは人生最大のイベントだ。小学生にとっての遠足や運動会以上の重大事である。

私は昨年、「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」を半分購入し、重大事中の最大事を完了した。カウンタックと「フェラーリ328」という無敵のラインナップ(私見です)の完成は、カーマニアの金字塔。あとは余生である。

また、カウンタックと328は、ICE(内燃機関)車として、ともにひとつの究極。それだけに、次に買う足グルマは、充電可能なBEVかPHEVにしよう! と心に決めた。加えて、間もなく還暦を迎えるわが身の衰えを思い、絶対にADAS付きにする! とも。

しかし、そうやって条件を狭めると、選択肢も狭まる。モテないくせに相手に対する要求ばかり厳しい、独身中年男状態に陥ってしまう。

私が次に買うべきは、「シトロエンDS3」の代わりとなる、コンパクトハッチバックだった。EVで言うと、「プジョーe-208」か「ホンダe」になる。

どちらもいいクルマだが、300万円も400万円も払うほどの価値は感じられない。なぜならリチウムイオンバッテリーは、近い将来、全固体バッテリーに駆逐されるからだ(推測)。今はまだEVの買い時ではない。

PHEVはと言うと、選択肢になりうるコンパクトハッチバックは存在しない。ハイブリッドまでハードルを落とすと、「ヤリス」「フィット」「ノート」が最有力だが、どれも私には食い足りない。初代「プリウス」と「アクア」を乗り継いだ私にすれば、革新的とまでは言い難いからだ。

「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」を半分購入し、「フェラーリ328」との無敵のラインナップを築いた2020年。次は足グルマの買い替えが目標である。カウンタックと328はエンジン車の究極だから、今度の足グルマは充電可能なBEVかPHEVで、絶対にADAS付きにしようと心に決めた。(写真=池之平昌信)
「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」を半分購入し、「フェラーリ328」との無敵のラインナップを築いた2020年。次は足グルマの買い替えが目標である。カウンタックと328はエンジン車の究極だから、今度の足グルマは充電可能なBEVかPHEVで、絶対にADAS付きにしようと心に決めた。(写真=池之平昌信)拡大
愛車「シトロエンDS3」(右)の代わりとなる足グルマとして、BEV「プジョーe-208」(左)も候補に挙がった。以前、最高出力100PSの1.2リッター直列3気筒ターボエンジンが搭載された「208 GTライン」に試乗した時は、「乗れば乗るほどしなやかで気持ちイイ」と最新フレンチコンパクトカーの乗り味に感心した。
愛車「シトロエンDS3」(右)の代わりとなる足グルマとして、BEV「プジョーe-208」(左)も候補に挙がった。以前、最高出力100PSの1.2リッター直列3気筒ターボエンジンが搭載された「208 GTライン」に試乗した時は、「乗れば乗るほどしなやかで気持ちイイ」と最新フレンチコンパクトカーの乗り味に感心した。拡大
2020年10月30日に発売された電気自動車「ホンダe」。BEVを買うならスタイリッシュで取り回しがいい、水冷式バッテリーが採用されるホンダeしかないと思ったが、35.5kWhで451万円という価格は高すぎるので却下。
2020年10月30日に発売された電気自動車「ホンダe」。BEVを買うならスタイリッシュで取り回しがいい、水冷式バッテリーが採用されるホンダeしかないと思ったが、35.5kWhで451万円という価格は高すぎるので却下。拡大

発作的に中古車を検索

自分がいま本当に欲しいクルマは何なのか、自分のココロに聞いてみた。

答えは、「ルノー・トゥインゴ」だった!

トゥインゴはEVじゃないしADASも付いてない。どっちでもないけど、私が一番欲しいのはトゥインゴ! 

なぜって、見た目も内装もとってもカワイイし、RRの走りがメッチャ楽しいから! トゥインゴはICE車のホンダeだ! ホンダe並みに小回り利くし(最小回転半径はともに4.3m)、燃費だってメチャメチャいいヨ! ロングドライブならハイブリッドにも負けないぜ!

うおおおお、トゥインゴが欲しい! 猛烈に欲しい! 電動車までのつなぎとして。

それは、ほとんど発作だった。私はベッドからガバと跳ね起きて、トゥインゴの中古車を検索した。

えっ、トゥインゴって、結構相場が高いんだね……。最低100万円するのかぁ。

一番安い個体は、水色の0.9リッター直3ターボ「EDC」の修復歴アリで、ちょうど100万円くらい。新車価格が204万5000円のクルマが、5年落ちで半額以上価値が残っているとは、さすがマニアックカー。

トゥインゴにはノンターボの5段MTモデルもあるが、私は、それはスルーである。マニュアル車はカウンタックと328だけで十分。それよりトゥインゴにはターボのトルクが欲しい。NA(自然吸気エンジン)だとトルクがなさすぎてRRらしい挙動もナイ! いくら床までアクセルを踏んでも何も起きない! トゥインゴなら0.9リッターターボのEDC!

ついでに言うと、「GT」もいらない。足が硬くて限界も高く、これまた何も起きないから! 一番ドラマがあって一番楽しいのが、一番フツーなEDCモデルなのである。

次の足グルマとして「本当は何に乗りたいのか」と自分のココロに問う。するとEVじゃないしADASも付いてないけれど、一番欲しいのは「ルノー・トゥインゴ」だということに気づいた。写真は過去に試乗した時のもの。
次の足グルマとして「本当は何に乗りたいのか」と自分のココロに問う。するとEVじゃないしADASも付いてないけれど、一番欲しいのは「ルノー・トゥインゴ」だということに気づいた。写真は過去に試乗した時のもの。拡大
「トゥインゴ」は見た目も内装もとってもカワイイし、RRの走りがメッチャ楽しい。トゥインゴはICE車の「ホンダe」であると言ってもいい。こう話しているうちになんだか猛烈にトゥインゴが欲しくなってきた。
「トゥインゴ」は見た目も内装もとってもカワイイし、RRの走りがメッチャ楽しい。トゥインゴはICE車の「ホンダe」であると言ってもいい。こう話しているうちになんだか猛烈にトゥインゴが欲しくなってきた。拡大
「トゥインゴ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=3645×1650×1545mm、ホイールベースは2490mm。最小回転半径はホンダeと同じ4.3mで、かなり小回りが利く。
「トゥインゴ」のボディーサイズは全長×全幅×全高=3645×1650×1545mm、ホイールベースは2490mm。最小回転半径はホンダeと同じ4.3mで、かなり小回りが利く。拡大
「トゥインゴ」の中古車を検索するなかで発見したのが、この水色の「EDCキャンバストップ」!
「トゥインゴ」の中古車を検索するなかで発見したのが、この水色の「EDCキャンバストップ」!拡大

ついに愛車が4台とも後輪駆動に

水色の0.9リッターターボEDCなら、修復歴アリでもいいかなと思った次の瞬間、そのすぐ下の欄に、水色の「EDCキャンバストップ」で走行6万8000km/修復歴ナシ/本体価格115万円を発見した。115万円は安くはないが、関東で2番目に安いトゥインゴだし、DS3を下取りに出せば、60万円くらいで買えるかな?

しかもお店は、以前「シトロエンCX」を見に行った横浜市都筑区のMAMA。フランス車を知り尽くしたカーマニアの味方だ。これはイイ! 走行距離が多いのは許す!

そのような結論が出るまで、3分とかからなかった。私は翌朝、問い合わせメールを入れた。

すると、午後になってMAMAから電話がかかってきた。近日中に実車を見に行くと伝えると、担当者がこう言うではないか。

「もしよろしければ、これからおクルマをお持ちしましょうか?」

えええ~~~~~っ! 中古車でそんなことってあるの~~~~?

見せに来てもらったら、100%買うだろう。それは自分でもわかっていたが、つい「ホントですか!? わ~い!!」と答えてしまったのだった。

そして、その通りになった。だって、走行6万8000kmなのに、新車にしか見えないくらいピカピカだったし!! 前オーナーは間違いなくカーマニアだろう。

ついに私は、人生初のRR車を手に入れた。水色のトゥインゴは“俺のポルシェ”。いや、全幅1650mmなので、“俺のナロー”と呼ばせてください! これで自家用車が4台とも後輪駆動になった。FF大好きなんだけど、なぜか。

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

走行6万8000km/修復歴ナシ/本体価格115万円の「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」。関東地区で2番目に安い販売車両として、中古車検索サイトに掲載されていた。
走行6万8000km/修復歴ナシ/本体価格115万円の「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」。関東地区で2番目に安い販売車両として、中古車検索サイトに掲載されていた。拡大
中古車検索サイトで見つけた水色の「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」は、以前「シトロエンCX」を見に行った横浜市都筑区にあるMAMAの在庫車だった。
中古車検索サイトで見つけた水色の「ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップ」は、以前「シトロエンCX」を見に行った横浜市都筑区にあるMAMAの在庫車だった。拡大
ホワイトのアクセントパネルを用いたポップな印象のインテリア。シートやドアパネルにボディーカラーと同じ水色があしらわれていて、実にオシャレさん。キャンバストップは電動で、キャビン天井部に備わるスイッチを操作するだけで手軽にオープンエアモータリングが楽しめる。
ホワイトのアクセントパネルを用いたポップな印象のインテリア。シートやドアパネルにボディーカラーと同じ水色があしらわれていて、実にオシャレさん。キャンバストップは電動で、キャビン天井部に備わるスイッチを操作するだけで手軽にオープンエアモータリングが楽しめる。拡大
横浜市都筑区にあるMAMAは、フランス車を知り尽くしたカーマニアの強い味方。写真は店長の東條氏(左)と担当の守屋氏(中央)、そして私。生まれて初めてのRR車、ついに購入!
横浜市都筑区にあるMAMAは、フランス車を知り尽くしたカーマニアの強い味方。写真は店長の東條氏(左)と担当の守屋氏(中央)、そして私。生まれて初めてのRR車、ついに購入!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー トゥインゴ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。