第701回:私が社長です!? イタリア版アパ社長に大矢アキオがインタビュー

2021.04.08 マッキナ あらモーダ!

真っ先に迎えてくれる人物

新型コロナ禍の逆境下、日本のアパグループが2020年11月期の連結決算で黒字を達成した、というニュースを読んだ。そのメインビジネスであるアパホテルといえば、社長自らが広告に積極的に出演することで知られている。

筆者の記憶では、日本で経営者自身がCMに登場することでブランド認知度の飛躍的向上を果たした初期の例は、1970年代の「ピップエレキバン」である。

イタリアにも、創業経営者がCMをはじめとする広告に出演しているブランドが食品メーカーを中心にいくつか存在する。

実は自動車関連業界にも、それに匹敵する人物がいる。過去にあなたがイタリアを訪れた際、空港で真っ先に出迎えていてくれていたのは彼だったはずである。

その名はトンマーゾ・ドラゴット氏。レンタカー会社であるシシリー・バイ・カーの会長だ。

ドラゴット会長の写真を使った同社の広告は、イタリア国内各地にある空港の、入国審査を終えた直後のターミナルで頻繁に目撃する。イタリア系航空会社の機内誌や、営業速度で欧州最速の特急列車「イタロ」の車内誌をめくっても、かなりの確率で目に飛び込んでくる。

そもそもシシリー・バイ・カーとはどんな企業なのだろうか。

その社名からシチリア島のローカルなレンタカー会社を想像するのは早計だ。オペレーション上の本社こそ創業地であるシチリア自治州の州都パレルモに置いているが、今やイタリア全国に60以上の営業拠点を構え、車両は2万台以上にも及ぶ。

実際、筆者が住む中部トスカーナ州のフィレンツェおよびピサの両空港でもビジネスを展開していることが判明した。

乗用車/商用車のレンタカーのほか、中長期リースも展開。電動アシスト自転車や自動操舵付きヨットのレンタルまで手がける。マルタやアルバニアなど国外にも進出している。

筆者が想像した以上に大きなビジネスだった。

年商は1億4000万ユーロ(約182億円)で、多国籍系が群雄割拠するイタリアのチェーン系レンタカー業界において、唯一の民族資本である。

レンタカー会社であるシシリー・バイ・カーのトンマーゾ・ドラゴット会長。創業期からのゆかりのクルマ「フィアット1500」とともに。
レンタカー会社であるシシリー・バイ・カーのトンマーゾ・ドラゴット会長。創業期からのゆかりのクルマ「フィアット1500」とともに。拡大
パレルモ郊外にあるシシリー・バイ・カー本社。いっぽう法務上の本社は、すでに北部ボルツァーノに移している。
パレルモ郊外にあるシシリー・バイ・カー本社。いっぽう法務上の本社は、すでに北部ボルツァーノに移している。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
ホームへ戻る