第657回:登録済み未使用車を狙え! 新車は高いが、お買い得な輸入車5選

2021.09.20 エディターから一言
カーディーラーが展示や試乗用として自社登録したのち、中古車として販売される車両が、一般に登録済み未使用車と呼ばれる。(写真はイメージ)
カーディーラーが展示や試乗用として自社登録したのち、中古車として販売される車両が、一般に登録済み未使用車と呼ばれる。(写真はイメージ)拡大

新車でも中古車でもない、登録済み未使用車という車両を見かけたことはないだろうか。この登録済み未使用車とは、一般に「ディーラーなどの法人名義で登録はされたものの、一度もエンドユーザーの手に渡っていない販売車両」のことをいう。つまり「ナンバーは付いているけれど誰も使っていないクルマ」だから、そう呼ばれているわけだ。新車価格が高いが、ひょっとしたら狙えるかもしれないというプライスタグを付けた、登録済み未使用車を5台紹介する。

 
プジョー508
プジョー508拡大
プジョーの最上級サルーン「508」は、2019年3月に国内販売が開始された。サッシュレスドアにテールゲートを備えた4ドアクーペ風のプロポーションを、プジョーは“4ドアファストバック”と呼んでいる。テールランプはライオンの爪痕をモチーフにデザインされたという。
プジョーの最上級サルーン「508」は、2019年3月に国内販売が開始された。サッシュレスドアにテールゲートを備えた4ドアクーペ風のプロポーションを、プジョーは“4ドアファストバック”と呼んでいる。テールランプはライオンの爪痕をモチーフにデザインされたという。拡大
プジョー車ではおなじみとなった、ステアリングホイールの上からメーターパネルを見渡すi-Cockpitが採用された「508」のインテリア。インフォテインメントシステムや先進運転支援システムも、フラッグシップモデルにふさわしい充実したものになっている。
プジョー車ではおなじみとなった、ステアリングホイールの上からメーターパネルを見渡すi-Cockpitが採用された「508」のインテリア。インフォテインメントシステムや先進運転支援システムも、フラッグシップモデルにふさわしい充実したものになっている。拡大
登録済み未使用車は、走行距離が短くカーディーラーや自動車販売店が所有者である場合がほとんど。つまり、車両はエンドユーザーに渡っていないので、コンディションが良く新車に近い状態であると考えられる。正規ディーラーの中古車部門で販売されているケースが多く見受けられる。(写真はイメージ)
登録済み未使用車は、走行距離が短くカーディーラーや自動車販売店が所有者である場合がほとんど。つまり、車両はエンドユーザーに渡っていないので、コンディションが良く新車に近い状態であると考えられる。正規ディーラーの中古車部門で販売されているケースが多く見受けられる。(写真はイメージ)拡大

スタイリッシュなフレンチ4ドアはいかが?

「近ごろの新車は高すぎる!」というよくある意見に、筆者は必ずしも同意しない。あまりに高度化した運転支援システムや安全対策などを車両にぶっ込めば、昭和の頃のように、クルマの価格が200万円程度で収まるはずがないから──という理由がまずひとつ。もうひとつは、欧米先進国と比べると微妙に労働者の賃金が上がらなくなったニッポンの感覚で、グローバル商品たる自動車の価格をうんぬんしても意味がないと思うからだ。

とはいえ上記はあくまで机上の物言いでしかなく、いち労働者(庶民)である筆者の肌感覚は「最近の新車は高くて買えねえ……」と悲鳴を上げている。

しかし、だ。クルマというのは何も新車にこだわる必要もないわけで、世のなかには「中古車」という便利なモノもある。そして「いや自分は、設計年次が古いクルマはちょっと……」という人に対しても、昔の言葉で言う新古車、現在の用語で言う「登録済み未使用車」がある。新車ではなくそれを狙うことにすれば、筆者のごとき庶民であってもバリバリの新車……ではないにしても、それに近い欧州先進国車を購入することは十分可能なはずなのだ。

例えば、農業および工業大国であるフランスの「プジョー508 GT BlueHDi」である。

言わずと知れた最新のプジョーデザインをまとった、「苦み走ったいい男」的雰囲気の4ドアファストバックであり、特に2リッターディーゼルターボを搭載するGT BlueHDiは素晴らしいと、個人的には思っている。

だが、私がそれを個人的にどう思おうと「547万1000円」という新車価格が、まるで絶壁のように眼前に立ちはだかる。

しかし私には、登録済み未使用車という強い味方がいる。どういう理由かは知らないが自社登録された508 GT BlueHDiのうち1台を買うと決めれば、車両価格で390万円ぐらい、支払い総額で考えても415万円ぐらいでイケるのだ。

547万1000円(新車価格)のローンに加えて新車登録時の諸費用を払い切る自信はないが、これであれば私にも払えるはず。大勝利である。

>>プジョー508の中古車はこちら

ボルボ V60クロスカントリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.6.12 試乗記 スタイリッシュなワゴンボディーに、頼もしい悪路走破性能をプラスした「ボルボV60クロスカントリー」。スポーティーでクール、かつオーセンティックなワゴンとしての資質も備えた万能車を、リポーターがすんなりと受け入れられなかった理由とは?
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.19 試乗記 ボルボの新たな「60シリーズ」に、オフロードの走破性能を高めたクロスオーバーモデル「V60クロスカントリー」が加わった。何かと評判のいい新世代ボルボ、その最新モデルの出来栄えをチェックする。
  • 第657回:登録済み未使用車を狙え! 新車は高いが、お買い得な輸入車5選 2021.9.20 エディターから一言 登録済み未使用車とは、一般に「ディーラーなどの名義で登録されたが一度もユーザーの手に渡っていない販売車両」のこと。新車価格は高いが、ひょっとしたら狙えるかもしれないというお得なモデル5台を紹介する。
  • ボルボV60クロスカントリーT5 AWDプロ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.25 試乗記 ボルボ伝統のワゴンボディーに悪路走破性能をプラスした「V60クロスカントリー」を、北海道の雪道と雪上特設コースでドライブ。オンロードでの試乗だけでは分からなかった、北欧生まれのクロスオーバーが有するポテンシャルをあらためて確認した。
  • ボルボXC90 D5 AWDインスクリプション/V60クロスカントリーT5 AWDプロ【試乗記】 2019.7.15 試乗記 ボルボ車のパフォーマンスを高めるというディーラーオプション「ポールスターパフォーマンスソフトウエア」をご存じだろうか。新車装着のみならず、既販車への搭載も可能なこのシステムの効能を、装着車と非装着車を同時に試乗して確かめた。
ホームへ戻る