第26回「高級サルーンに求められるハイブリッドシステムとは?」

2013.11.29 水野和敏的視点

理想的な後席空間とは?

過去3回にわたって、1500万円級のラグジュアリーハイブリッドセダンをテストしてきました。今回はまとめとして、「高級車としてのハイブリッドモデル」を考えてみます。

「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」「レクサスLS600hL エグゼクティブパッケージ(4人乗り)」「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」。どのクルマも個性的で、また自動車メーカーの開発姿勢を垣間見ることができ、大変興味深い取材となりました。

さすがにこのクラスとなると、いかな“ドライバーズカー”を標榜(ひょうぼう)していても、やはり後席の居住性は大事なチェックポイントになります。

ニュルブルクリンクで鍛え上げた結果、適度な空間の安心感が高く、走行中の快適性が抜群だったSクラス。せっかく広大なスペースを確保し、繊細な作りの良さを示しながら、ボディー後部の剛性の低さとサスペンションの前後セッティングのコーディネート不足が、リアシートの居住性に悪影響を与えていたレクサスLS。
それらに対して、前回触れることのできなかったパナメーラの後席は、いかにも4人乗りのクルマを作り慣れていない、自動車メーカーの蹉跌(さてつ)を感じさせました。

パナメーラのリアドアは、後輪のホイールハウスに達しています。一方、メルセデスもレクサスも、リアドアはホイールハウスの直前で終わっています。おそらくポルシェはデザイン上の要請からこの方式を採ったことと思いますが、これだと、ドアを開けた際、ボディー側に付着した泥や汚れが服に付きやすくなります。ここを擦りながら乗り降りせざるを得ないのです。


第26回「高級サルーンに求められるハイブリッドシステムとは?」の画像 拡大

第26回「高級サルーンに求められるハイブリッドシステムとは?」の画像 拡大

第26回「高級サルーンに求められるハイブリッドシステムとは?」の画像 拡大
「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5120×1900×1495mm/ホイールベース:3035mm/車重:2050kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円
「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5120×1900×1495mm/ホイールベース:3035mm/車重:2050kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円
    拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を発表 伝統のロングノーズにV6ターボを搭載 2020.9.16 自動車ニュース 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。7代目となる新型「フェアレディZ」のデザインを示唆するモデルで、初代をほうふつさせるエクステリアが特徴。パワートレインは、V6ツインターボエンジンと6段MTを組み合わせているという。
ホームへ戻る