第47回「スーパースポーツとは何か?」

2014.05.02 水野和敏的視点

「大人のスポーツカー」というものがよくわかっている――「メルセデス・ベンツSL63 AMG」

連載の原点に帰るという意味合いを込めて行った「春のスーパーカーテスト」を先週で終えました。「フェラーリ458スパイダー」に「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4」、そして「メルセデス・ベンツSL63 AMG」と、いずれも劣らぬ個性派3台に乗ったわけですが、その主張も三車三様で、なかなか面白い試乗となりました。今週はこれら3台を振り返りながら、スーパースポーツカーとは何かをあらためて考えてみたいと思います。

まずはメルセデス・ベンツから見ていきましょう。SL63 AMGは、どうしても「フロントヘビー、リアライト」というパッケージの束縛から逃れることができません。あれ以上キャビンを長く、ずんどうにしてしまったら「スポーツクーペ」というイメージがなくなってしまいますから、運動性能面からは少々苦しいでしょうが、商品性という面からは現在の姿がベストのバランスといえるでしょう。

重量バランスの悪さゆえ、シリアスなスポーツ走行時には、ともするとリアが急激に破綻しそうになります。そこで、ブレーキの配分を前寄りにしたり、挙動の乱れを抑えるVDCの介入を早めにしたり、といった手を打っています。

リアサスペンションを柔らかめにセッティングして、コーナリング時の限界をギリギリまで高くしていないのも、同じ考え方からです。SLは、リアがスコーンと抜けたらすかさずカウンターを当てて……という乗り方をするクルマではありません。60代、70代の年配ドライバーが、余裕を持ってドライブする。そういうクルマです。

限界手前の挙動を穏やかにし、ブレーキやVDCで安全マージンをしっかり確保する。SL63 AMGのステアリングホイールを握っていると、「カスタマーの姿がよく見えているな」と感心します。やたらと足まわりを硬くしたり、限界を上げたりするだけがスポーツモデルではないのです。メルセデスは「大人のスポーツカー」というものが、よくわかっています。


第47回「スーパースポーツとは何か?」の画像 拡大

第47回「スーパースポーツとは何か?」の画像 拡大

第47回「スーパースポーツとは何か?」の画像 拡大
メルセデス・ベンツSL63 AMG
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1875×1300mm/ホイールベース:2585mm/車重:1880kg/駆動方式:FR/エンジン:5.5リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:564ps/5500rpm/最大トルク:91.8kgm/2250-3750rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)285/30ZR20/車両本体価格:2036万5000円(消費税8%込み)
メルセデス・ベンツSL63 AMG
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4645×1875×1300mm/ホイールベース:2585mm/車重:1880kg/駆動方式:FR/エンジン:5.5リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:564ps/5500rpm/最大トルク:91.8kgm/2250-3750rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 (後)285/30ZR20/車両本体価格:2036万5000円(消費税8%込み) 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
ホームへ戻る