クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第14回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その2)

2016.10.25 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

初めてのBMW

(その1)からのつづき
これまで乗った10台のフェラーリの車両償却費は、年平均約80万円ぽっち! それより高くつく足グルマなんぞ買えるわけねぇ! だから足グルマは絶対300万円以下! という信念を持つ私だが、昨年末まで乗っていた「BMW 335iカブリオレ」でそこを具体的に検証してみたい。

E90型の335iカブリオレが発売されたのは2007年。それは私にとって大いなる衝撃だった。

3リッター直噴ツインターボエンジン(当初はツインパワーじゃなくホントのツインターボ)が超絶スバラシイのは知っていたが、カブリオレはスポーツエキゾースト+オープンなのでサウンドもウルトラ超絶スバラシイ! なんだかちょっと「フェラーリF355スパイダー」みたい! 新車価格は約800万円で到底手が出なかったが、いつか中古買ってやる! と、その時から心に決めていた。

その決意も忘れかけた7年後のある日、運命の再会があった。アプルーブドカーの335iカブリオレがたった266万円! ボディーカラーは金持ちっぽいシャンパンゴールド!
「これは買うしかなかろう!」

忘れかけた恋でも恋は恋。私はクルマを確認すべく、型通り軽く試乗をさせてもらった。
印象はイマイチだった。まず乗り心地が悪い。そして加速も悪い。7年前、「十分死ぬほど速い!」と思ったはずなのに、イマイチ前に進まない。快音もあまり轟(とどろ)かない。

しかしまあ、細かいことはいい。走行6万4000kmだし266万円だし文句は言えまい。別に速いのが欲しくて買うわけじゃない。オープンで気持ちよく流せればそれでいいんだから!

ということで速攻で契約。支払総額は279万円。300万円の枠にキッチリ収まっていた。大勝利だ。

BMWアプルーブドカー・センターにて一目ぼれした「BMW 335iカブリオレ」。
BMWアプルーブドカー・センターにて一目ぼれした「BMW 335iカブリオレ」。 拡大
BMWアプルーブドカー・センターにて、「BMW 335iカブリオレ」のルーフを確認中の筆者。
BMWアプルーブドカー・センターにて、「BMW 335iカブリオレ」のルーフを確認中の筆者。 拡大
筆者が以前所有していた“お茄子様”こと、茄子紺色の「フェラーリF355スパイダー」。
筆者が以前所有していた“お茄子様”こと、茄子紺色の「フェラーリF355スパイダー」。 拡大

その名も“スーパーエリート号”

納車日。ルンルン気分でクルマを引き取った帰路、首都高を走行中、突如としてギアがガクンと2速に落ち、モニターに「トランスミッション異常」という文字が浮かんだ。
「うむむむむ……」

再び衝撃であった。まず、モニターの警告表示がオール日本語! さすがBMW! さすがアプルーブドカー! イタフラ車じゃこうは行かない。いきなり2速ホールドになるのもダイナミック!

私の思考回路は基本的にイラフラ車寄りなので、こう考えた。
「たぶんセンサーの異常だろう。いったんエンジンを切れば消える(治る)に違いない」
首都高を降りていったんエンジンを切る。するとどうでしょう。警告表示が消えたじゃないですか! トランスミッションも復帰している。やっぱりかワッハッハ。私は鷹揚(おうよう)に笑って帰宅した。そして我が335iカブリオレにこう名付けた。「スーパーエリート号」と。

翌日は早速スーパーエリート号で伊豆に出掛けた。オープンエアを存分に楽しみつつ快調に走行していると、再びアレが襲った。2速への強制シフトダウン&トランスミッション異常表示(日本語)である。つーかその時は高速走行中にて2速に落ちず、いきなりニュートラルになった。ブレーキで慎重に速度を落とすと、減速途中でダイナミックに2速に落ちた。

結局その日は、そのテのお仕置きを5回も食らってしまった。
「これは本当に壊れてるのかもしれない……」

これまでのカーライフ、多少の故障はあったが、たとえば「フェラーリ348」は片バンク死んで直4になっても問題なく小淵沢から帰京できたし、「シトロエン・エグザンティア」は雨漏りしてもマフラーがさびて折れても窓が落ちても走れた(アタリマエ)。その他イタフラ車の警告灯点灯はほとんどがセンサーの気まぐれで、エンジンを再始動すれば大抵自然治癒したが、今回はホンモノらしい。

さすがBMW! 警告灯がついたらホントに壊れてるんだネ!

手に入れた「BMW 335iカブリオレ」に、筆者は“スーパーエリート号”と名付けた。
手に入れた「BMW 335iカブリオレ」に、筆者は“スーパーエリート号”と名付けた。 拡大
スーパーエリート気分に浸りまくる筆者。
スーパーエリート気分に浸りまくる筆者。 拡大
突如、点灯したトランスミッション異常の警告表示。
突如、点灯したトランスミッション異常の警告表示。 拡大

266万円でセレブ感満点!

購入したディーラーに修理を依頼したところ、「トルコンATのロックアップクラッチが滑っている状態」と判明し、ATオーバーホールを行うという。そーか、トルコンが滑ってて加速が悪かったのか。

自腹なら100万円近くかかるところ、アプルーブドカーにつき修理はタダ! さすがアプルーブドカー! すげえ! ドイツ車買うならアプルーブドカーだネ! だって仮病じゃなくマジで壊れるから!

修理に約1カ月。帰還後は加速も改善していた。いよいよ本物のスーパーエリート号である。乗り心地対策は、手っ取り早くランフラットタイヤを「ブリヂストン・レグノ」に替えてディープな世界へ。いきなりマシュマロのようにフワフワになった。

266万円ながら、周囲の見る目は完全にセレブ様だ。特にオープン状態では無敵。サービスエリアでは見知らぬ家族が「カッコいいねコレ」と言っているのが聞こえる。駐車場でバリオルーフを開閉していたところ、通りすがりのジジイが腰を抜かし、「はぁ~。コレは1000万円くらいするのかい?」と尋ねる。まさに大勝利である。

が、コーナーで踏ん張りが利かない。マシュマロタイヤのせいではなく買った時からだった。この不安感はなんだろう。サスがヘタッっているのか。ヘタり切った感じではないが微妙に腰砕けになる。サスも替えなきゃダメなのか? まいーや、ゆっくり流してれば! 
最近とあるエンジニア氏に聞いたところ、BMWは非常に早期(ストローク10mm以下?)でバンプラバーに当て、サスペンション機能の一部として使っているとか。よってバンプラバーの初期の当たりをとってもソフトにしているが、その分耐久性がない。5万kmでヘタる。そういうことであった。今となっては確認のしようもないが、言われてみればそんな感触ではあった。

激安中古BMWは、イタフラ&国産車とはまるで違う、理想主義的な秘密兵器感(ただし耐用年数超え)に満ちていたのであった。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信)

第13回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その1)
第15回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その3)
第16回:鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その4)

オープン状態のスーパーエリート号。
オープン状態のスーパーエリート号。 拡大

スーパーエリート号で歓喜のポーズをキメる筆者。


	スーパーエリート号で歓喜のポーズをキメる筆者。
	拡大
セレブ感満点につき、美女の撮影にも活用された。
セレブ感満点につき、美女の撮影にも活用された。 拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。