クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第35回:カーマニア人生劇場 
ある激安中古車専門店オーナーの夢(その1)

2017.04.04 カーマニア人間国宝への道

筋金入りのフェラーリ少年

カーマニアの夢、フェラーリ。

私もフェラーリに取りつかれた者のひとりだが、異色の形でそれを実現した男がいる。

これからしばらく、その男の生きざまをリポートさせていただきたい。

男の名はリュウ(仮名)。年齢は34歳。切れ長の目にやさしさを湛(たた)えた一匹狼(おおかみ)だ。

リュウは、富士山の見える地方都市で、中古車販売業を営んでいる。

現在、フェラーリは所有していない。しかし心は常にフェラーリとともにあり、気合を入れる時はおもむろにフェラーリ・オフィシャルのブルゾンを身に着ける。

「こんなの着てると、お客さんにはよく思われないので、接客の時は着ませんけど」

リュウは、小学生の頃からフェラーリウエアを着、フェラーリキャップをかぶり、フェラーリの傘をさして学校に通っていたという。

「幼稚園の頃、テレビでF1を見たのがきっかけです。あの赤いのにやられたんです。グッズは親にねだって少しずつそろえました」

時はF1ブーム真っ盛り。世間的には断然マクラーレン・ホンダだったが、リュウが心を奪われたのはフェラーリだった。

「F1の流れで、市販車のフェラーリにも興味が行って、幼稚園時代から『GENROQ』とか見てました。もちろんいつか絶対買ってやろうと思ってましたよ」

今回、話を聞かせてくれた、激安中古車専門店オーナーのリュウ氏。
今回、話を聞かせてくれた、激安中古車専門店オーナーのリュウ氏。拡大
取材当日、リュウ氏はお気に入りのブルゾンを着用して現れた。
取材当日、リュウ氏はお気に入りのブルゾンを着用して現れた。拡大
富士山を望む広大な土地に、激安中古車がズラリと並ぶ。
富士山を望む広大な土地に、激安中古車がズラリと並ぶ。拡大

中古車ブローカーとして独立

ここまでなら、スーパーカーブーム当時のチビッ子にはそう珍しくない話だ。ただしリュウは、スーパーカーブーマーより15年ほど遅く生まれている。周囲にはフェラーリ狂いの少年など皆無だった。

また、スーパーカーブーマーのほとんどが、ブームの終焉(しゅうえん)と同時にスーパーカーを過去のものにしたのと違い、彼は現在に至るまで、一度たりとも忘れたことはない。彼の脳内の多くは、今でもF1グランプリとフェラーリとで占められている。

フェラーリが値段の高いクルマであることは、小さい頃から理解していたので、「やっぱりいい学校を出ていい仕事に就いた方が、フェラーリに近づけるんだろうな」とは思っていたが、うまいこといかず、本人いわく「三流四流大学の機械工学科」へ進学し、地元に戻って自動車修理屋に就職した。

「就職してその日に思いました。いずれ独立しなきゃ絶対ダメだって」

メカニックは一般に薄給である。リュウは5年間ほどいくつかの職場を渡り歩いたが、年収は最高でも約300万円。地方ではそれで普通に暮らしていけるので、早々に結婚し子供も作ったが、フェラーリは買えない。

「そろそろ自分で板金塗装屋を始めようと思ったんですけど、貯金は5万円しかないし(笑)、独立しようにも場所はないし、工具はないし、人脈も技術も大してない。できるわけないですよね」

仕方なくリュウは、当座しのぎとして、中古車のブローカー業を始めた。

「なにせ金がないじゃないですか。高いクルマなんか仕入れられないんで、1万円とかそれくらいの、廃車寸前のクルマばっかですよ。それを5万円くらいでヤフオクで売ってました」

小学2年生の頃のリュウ氏。フェラーリキャップがトレードマークだった。
小学2年生の頃のリュウ氏。フェラーリキャップがトレードマークだった。拡大
扱うのがフェラーリであっても、メカニックは一般に薄給である。(写真はイメージ)
扱うのがフェラーリであっても、メカニックは一般に薄給である。(写真はイメージ)拡大
起業した当初は、廃車寸前のクルマを手に入れ、ネットオークションで販売していたという。
起業した当初は、廃車寸前のクルマを手に入れ、ネットオークションで販売していたという。拡大

激安中古車専門店オーナーに

しかしこれが意外とうまくいった。激安車は早く確実に売れたのだ。

普通なら、ある程度元手が貯(た)まれば、「次はもうちょっと高いクルマを」と思うだろう。実際多くの中古車業者が、そういう道をたどって成り上がっている。もちろん途中で堕(お)ちる者も数多いが。

しかしリュウは違った。そこから上昇しようとしなかった。

「オークションに行けば、廃車寸前のクルマもいっぱい出てます。1万円で落札しても、オークション手数料とかなんやかんやで、仕入れ原価は5万円くらいになっちゃいますけど、それを10万円で売れば、利益率50%じゃないですか。でも100万円で仕入れたクルマを200万円で売るなんてできっこないし、仕入れ資金もかさみますよね。ならずっとこれやってた方がいいなって思ったんです。1台あたりの利益の額は小さいけど、数をこなせば」

こうして彼は、そのまま激安中古車屋になった。

中心価格帯は車両本体10万円以内。支払総額で20万円以内の商品が多くを占める。

当初は実家の駐車場をベースにしていたが、しばらくして現在の場所に移転した。面積はかなりのものだ。クルマが50台は置ける。

ただし、彼の店には建屋はない。看板も柵もない。のぼりが何本か立っているだけで、他にはほとんど何もない。ただ砂利が敷いてあるだけだ。

建物が建てられない土地なのである。その代わり、賃貸料は激安のヒトケタ万円!

ここで彼は、激安中古車とともに、夢のフェラーリへと昇り詰めていく。

(つづく)

(文=清水草一/写真=清水草一、リュウ/編集=大沢 遼)

第36回:カーマニア人生劇場 ある激安中古車専門店オーナーの夢(その2)


 

支払総額20万円以内の商品が多くを占める。
支払総額20万円以内の商品が多くを占める。拡大
走行距離が10万kmを超えた過走行車が数多く並べられていた。
走行距離が10万kmを超えた過走行車が数多く並べられていた。拡大
駐車可能台数は約50台と、かなりの広さだが、土地の賃貸料は月ヒトケタ万円と激安。
駐車可能台数は約50台と、かなりの広さだが、土地の賃貸料は月ヒトケタ万円と激安。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。