クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?

2017.05.23 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルはここまで静かにできる!

最新ディーゼルをイッキに4台試乗の掉尾(とうび)を飾るのは、ディーゼルの頂点に君臨する(と思われる)、「メルセデス・ベンツS300hエクスクルーシブ」。コイツはスゲエぜ!

排気量は2.2リッターで、同日試乗した「GLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」と同じだが、最高出力は170psから204psに、最大トルクは400Nmから500Nmへとアップ。そこに27ps/250Nmの電気モーターが加わる。電気モーターって27psしかなくても、ディーゼルの半分のトルクあるんだね~。あらためて感心。

で、その乗り味はといいますと、さすがに頂点! スゲエとしかいいようがない。

乗り心地が極上なのは「Sクラス」の素性なので措(お)くとしても、音も振動もほとんどゼロ! ゼロは言い過ぎだけどゼロに感じるくらい小さい!

走行中、耳を澄ますとかすかにカラカラ音が聞こえるが、それも角が丸まったまろやか~なもので、むしろ心地いいくらいだ。ディーゼルはここまで静かにできるのか!

どうしてこんなに静かなのかと申しますと、メルセデスのリリースには特に技術的なことは書いてないのですが、遮音材やエンジンマウントなど、基本的なところで徹底的に対策してるっつーことでしょう。やっぱものごとは基本が大事やね。

最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。
最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。拡大
搭載する2.2リッター直4BlueTECエンジンは、最高出力204ps、最大トルク500Nmを発生する。
搭載する2.2リッター直4BlueTECエンジンは、最高出力204ps、最大トルク500Nmを発生する。拡大
「Sクラス」ならではの極上の乗り心地が味わえる。
「Sクラス」ならではの極上の乗り心地が味わえる。拡大
JC08モード燃費は20.7km/リッター。
JC08モード燃費は20.7km/リッター。拡大
メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車

まさにディーゼルドリーム!

ハイブリッドなので当然アイドリングストップするが、発進の時アクセルを踏んでも「ブルン」という再始動がなく、モーターのみでしずしずと動き出すのもとっても甘美。「プリウス」と同じだろ! と言われれば同じですが、さすがにプリウスよりかなりお高いクルマだけに、その静粛性・快適性はケタはずれで、それだけで猛烈に気持ちイイのだ。

このおクルマ、どれくらいお高いのか?

1283万円だそうです。

や、安い!

これは安いッス! GLC220dの775万円は高いと思ったけど、S300hエクスクルーシブの1283万円は安い!

そりゃまあ、Sクラスとしては速さはそれほどでもない。全般に穏やかなセッティングが施されていることもあり、こんだけトルクがあっても、V8やV12ツインターボの「グワ~!」という迫力には負ける。もちろん各種「AMG」にも断然負ける。

でも、3000万円以上のモデルもあるSクラスで、これだけ猛烈に高級感満点で装備も満載で、たったの1283万円ってのは激安じゃないか! しかも、「エクスクルーシブ」じゃないただの「S300h」なら、たったの998万円! 思わずツルシで1台欲しくなった! だってトロットロに気持ちいいクルマなんだもん!

燃費だってJC08モードで20km/リッター前後。ロングドライブならマジで20km/リッターを超える。夢のようなクルマだ……。

これはまさにディーゼルの夢。ディーゼルドリームだ!

ケタはずれの静粛性と快適性に「1283万円でも安い!」と筆者。
ケタはずれの静粛性と快適性に「1283万円でも安い!」と筆者。拡大
12.3インチの大型TFTカラーインストゥルメントパネルが備わる。計器類がここに表示されることで、インテリアはよりすっきりとした印象に見える。
12.3インチの大型TFTカラーインストゥルメントパネルが備わる。計器類がここに表示されることで、インテリアはよりすっきりとした印象に見える。拡大
後席もラグジュアリーそのもの!
後席もラグジュアリーそのもの!拡大
試乗車にはパノラミックスライディングルーフも装備されていた。これまたラグジュアリー!
試乗車にはパノラミックスライディングルーフも装備されていた。これまたラグジュアリー!拡大

10年後にまた会おう

ということで、今回4台の最新ディーゼルに乗らせていただき、自分のいくべき道が見えてきました。単に次に買うべきディーゼル車が絞られただけですが、カーマニアなんてそんなもんです。底の浅い人生で申し訳ありません。

当面の狙いは、「プジョー308SW BlueHDi」か、「BMW 320dツーリング」の中古。いや、308の自動ブレーキが今の「ついてないよりマシ」程度から進歩すれば、新車を買ってもいい!

ディーゼルは日進月歩の技術につき、最新モデルに魅力があるし、自動ブレーキ系も同様です。そろそろ自分の運転(というか脳)に自信がなくなってきていることもあって、たまにしか乗らないフェラーリはABSもパワステもなんもついてなくていいけど、普段の足は最新装備が欲しいです。

で、たとえば10年後。65歳のジジイとなった頃に、メルセデス・ベンツS300hエクスクルーシブを買う! 10年10万km落ちくらいのを。

その頃、果たしておいくらで買えるか?

試しに、日本におけるクリーンディーゼルの草分けである、「メルセデス・ベンツE320CDI」の中古車相場を検索してみた。

おお! 10年10万kmのタマが、支払総額99万円からあるやんけ!

そこから類推するに、10年後なら、S300hエクスクルーシブも150万円くらいで買えるはず。200万円出せば上ダマがゲットできるだろう。

うおおおお、人生が楽しみになってきた! 年を取るのも悪くないネ。

(文=清水草一/写真=池之平昌信/編集=大沢 遼)
 

「あれれ、こんなところに!」となにやら取り出したのは……?
「あれれ、こんなところに!」となにやら取り出したのは……?拡大
なんと三角表示板! やっぱり1283万円は安い!
なんと三角表示板! やっぱり1283万円は安い!拡大
うおおおお! 荷室も広い!
うおおおお! 荷室も広い!拡大
「カーマニア人間国宝への道」は新たな挑戦へと続く。
「カーマニア人間国宝への道」は新たな挑戦へと続く。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。