第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?

2017.05.23 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルはここまで静かにできる!

最新ディーゼルをイッキに4台試乗の掉尾(とうび)を飾るのは、ディーゼルの頂点に君臨する(と思われる)、「メルセデス・ベンツS300hエクスクルーシブ」。コイツはスゲエぜ!

排気量は2.2リッターで、同日試乗した「GLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」と同じだが、最高出力は170psから204psに、最大トルクは400Nmから500Nmへとアップ。そこに27ps/250Nmの電気モーターが加わる。電気モーターって27psしかなくても、ディーゼルの半分のトルクあるんだね~。あらためて感心。

で、その乗り味はといいますと、さすがに頂点! スゲエとしかいいようがない。

乗り心地が極上なのは「Sクラス」の素性なので措(お)くとしても、音も振動もほとんどゼロ! ゼロは言い過ぎだけどゼロに感じるくらい小さい!

走行中、耳を澄ますとかすかにカラカラ音が聞こえるが、それも角が丸まったまろやか~なもので、むしろ心地いいくらいだ。ディーゼルはここまで静かにできるのか!

どうしてこんなに静かなのかと申しますと、メルセデスのリリースには特に技術的なことは書いてないのですが、遮音材やエンジンマウントなど、基本的なところで徹底的に対策してるっつーことでしょう。やっぱものごとは基本が大事やね。

最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。
最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。拡大
搭載する2.2リッター直4BlueTECエンジンは、最高出力204ps、最大トルク500Nmを発生する。
搭載する2.2リッター直4BlueTECエンジンは、最高出力204ps、最大トルク500Nmを発生する。拡大
「Sクラス」ならではの極上の乗り心地が味わえる。
「Sクラス」ならではの極上の乗り心地が味わえる。拡大
JC08モード燃費は20.7km/リッター。
JC08モード燃費は20.7km/リッター。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る