第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?

2017.05.23 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルはここまで静かにできる!

最新ディーゼルをイッキに4台試乗の掉尾(とうび)を飾るのは、ディーゼルの頂点に君臨する(と思われる)、「メルセデス・ベンツS300hエクスクルーシブ」。コイツはスゲエぜ!

排気量は2.2リッターで、同日試乗した「GLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)」と同じだが、最高出力は170psから204psに、最大トルクは400Nmから500Nmへとアップ。そこに27ps/250Nmの電気モーターが加わる。電気モーターって27psしかなくても、ディーゼルの半分のトルクあるんだね~。あらためて感心。

で、その乗り味はといいますと、さすがに頂点! スゲエとしかいいようがない。

乗り心地が極上なのは「Sクラス」の素性なので措(お)くとしても、音も振動もほとんどゼロ! ゼロは言い過ぎだけどゼロに感じるくらい小さい!

走行中、耳を澄ますとかすかにカラカラ音が聞こえるが、それも角が丸まったまろやか~なもので、むしろ心地いいくらいだ。ディーゼルはここまで静かにできるのか!

どうしてこんなに静かなのかと申しますと、メルセデスのリリースには特に技術的なことは書いてないのですが、遮音材やエンジンマウントなど、基本的なところで徹底的に対策してるっつーことでしょう。やっぱものごとは基本が大事やね。

最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。
最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。拡大
搭載する2.2リッター直4BlueTECエンジンは、最高出力204ps、最大トルク500Nmを発生する。
搭載する2.2リッター直4BlueTECエンジンは、最高出力204ps、最大トルク500Nmを発生する。拡大
「Sクラス」ならではの極上の乗り心地が味わえる。
「Sクラス」ならではの極上の乗り心地が味わえる。拡大
JC08モード燃費は20.7km/リッター。
JC08モード燃費は20.7km/リッター。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • メルセデスAMG EQS53 4MATIC+ 2021.9.6 画像・写真 独ダイムラーは2021年9月5日(現地時間)、電気自動車「メルセデスAMG EQS53 4MATIC+」を発表した。AMGが手がけた最高出力761PS、最大トルク1020N・mのパワーユニットを搭載する、AMG EQS53 4MATIC+の姿を写真で紹介。
  • フェラーリSF90ストラダーレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.3 試乗記 システム出力1000PSを発生する、フェラーリのプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」。電動パワートレインを搭載した新時代の“跳ね馬”は、過去のどんなスーパーカーとも趣を異にする、異質な速さとドライブフィールを備えていた。
  • BMW X5 xDrive35d(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.2 試乗記 BMW自慢の直6ディーゼルに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ、“電動化”された「X5」のエントリーモデルに試乗。ドライビングダイナミクスと燃費効率がいずれも向上したとうたわれるが、果たしてその走りやいかに。
ホームへ戻る