第78回:それでもスーパーカーは男の夢

2018.02.20 カーマニア人間国宝への道

欲しい中古車ベスト3を発表

カーマニア集団・MJ戦略参謀本部の鼎談(ていだん)もこれが最終回。いよいよ我らの本業(?)である中古車について語ってシメとすることになった。

MJ参謀長(以下 M):軍曹は今回生涯初めての国産新車として「スバルXV」を買ったが、本来は輸入中古車研究家。いま欲しい中古車を挙げてくれたまえ。

伊達軍曹(以下 伊):さいですね。実はXV最大の不満点は、自分の生活にとってサイズがやや大きすぎることです。よって、もうちょっと小さくてこじゃれた中古車が欲しいという気持ちは、ほんのわずかながら存在します。

M:具体的には。

伊:1位は「フィアット500ツインエア」。走行2~3万kmのタマが100万円ちょいで買えるところまで下がってきております。

M:そうなのか。私も欲しいぞ!

伊:続いて「ポルシェ911」。

M:なんと! 超高騰物件ではないか。

伊:超高騰も若干の落ち着きを見せ、特に「996」は平穏であります。走行距離2~3万kmの「996カレラ4S」が、400万ほどで狙えます。

M:確かに996なら全幅1770mm。コンパクトと言えなくもない。

伊:XVの全幅は1800mmであります故、996はコンパクトであります! まぁ私が欲しいカレラ4Sは全幅1830mmなんですが!

M:マリオ二等兵はどうか。

マリオ二等兵(以下 マ):はっ。私めは、いま乗っておかないと永久に乗れなくなる中古車に乗りたいであります!

M:その気持ち、マニアとして理解できる。やはりスバル車か?

カーマニア集団・MJ戦略参謀本部のメンバー。左からマリオ二等兵、伊達軍曹、MJ参謀長(清水草一)。
カーマニア集団・MJ戦略参謀本部のメンバー。左からマリオ二等兵、伊達軍曹、MJ参謀長(清水草一)。拡大
伊達軍曹の愛車は「スバルXV」。
伊達軍曹の愛車は「スバルXV」。拡大
「フィアット500ツインエア」。写真はビッグマイナーチェンジを受けた現行モデル。
「フィアット500ツインエア」。写真はビッグマイナーチェンジを受けた現行モデル。拡大
「ポルシェ911カレラ(タイプ996)」。写真はイメージ。
「ポルシェ911カレラ(タイプ996)」。写真はイメージ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • シボレー・コルベット スティングレイ クーペ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.3.16 試乗記 アメリカを代表するスーパースポーツ「コルベット」がフルモデルチェンジ。「C8」こと8代目コルベットは、まさかのミドシップとなって登場した。長年培ってきたFRの駆動レイアウトを捨てることで得たもの、そして失ったものとは? 米ラスベガスから報告する。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る